*** 社団戦、1日目 (2014/7/6) ***

 三日前、日曜日は社団戦の二日目でしたが、その前に・・・。
 初日のことを書いていなかったので、いちおう順序どおりにアップしておきます。

 私が参加しているチームは、昨年2部で昇級し、今年は2年ぶりに1部での戦い。
 おととしは勝ち点3でチームは最下位。個人的にも3勝7敗でした。
 結果は仕方がないにしても、内容がお粗末だったのが、かなり残念。
 若手の足を引っ張らないように・・・というのが、今年の目標です。。

 この日は10人いたので、1Rは抜け番。
 開始30分で早くも1勝をあげたのを皮切りに(・・・不戦勝です・・・)、4-3勝ち。
 幸先のよいスタートです。

 2Rは六将で参加。
 相手のゴキゲン中飛車に、久しぶりの糸谷流。
 ただし、組んではみたものの、展望が・・・。
 コバケン先生の本をちゃんと読んでおくべきでした。。

 それでも、局面がよい感じにほぐれ、△6六角(74手目)~△5五角で、ほっと一息。
 先手としては、直前の▲4五角があまりよくなかったかもしれません。
 自玉が安全になったので、後は攻めるだけ。
 下の図から、華麗に(!?)必死をかけて、勝つことが出来ました。
 ・・・が、柿木将棋で調べたところ、11手詰が!




 上の図からの詰み手順は――。
 △3五桂▲2六玉△2五角成▲同玉△3四金▲2六玉△2一飛▲3六玉△4七銀▲4六玉△5四桂まで。
 △2五角成なんて、1秒も考えませんでした。
 この手順で詰ますことが出来たら、会心だったのに・・・。
 チームは残念ながら、3-4負けでした。

 3Rは座りなれた七将席。
 相手の三間飛車に対し、左玉で2~4筋の位を取る例の形。
 作戦勝ちでしたが、駒がぶつかり始めてから、力の差が出てしまいました。
 局後に指摘されたように、7七に打った角を4四に成ったのが、△4四桂を消した悪手。
 本譜は桂馬を2四に打ってコビン攻めを狙いましたが、2一に展開した飛車の利きを妨げる結果に。
 以下は馬角交換から打った自陣角を切る破目になり、簡単に攻めを余されてしまいました。
 粘ったものの、168手までで負け。棋譜は並ばなかったので、ありません。。
 チームは1-6負けでした。

 4Rは六将に戻り、相手はまたもや三間飛車。
 懲りずに左玉で、6~8筋の位を取る形。
 相手はこの形に慣れていなかったようで、手損する間に十分に組むことが出来ました。
 少しずつ差を広げ、快勝・・・のはずですが、寄せ方はちょっとおかしかったですね。


 チームは5-2勝ちで、この日は勝ち点2。
 個人的にも2勝出来て、大満足です。
 考えてみれば、おととしの初勝利は3日目のことで、6連敗の後でした。
 2勝目をあげたのは最終日・・・だったのを考えれば、望外というしかありません。
 この勢いで2日目・・・の結果はまた後日。。

 以下、備忘録――。
 いつも利用させてもらっているフラ盤棋譜UP掲示板、「投稿キー」が表示されず、棋譜をアップできません。
 仕方がないので、こちらのサイトからダウンロードし、BIGLOBEのサーバへアップロード。
 棋譜もBIGLOBEのサーバへアップロードすることにし、リンクを書き換え、表示出来ました。
 設定に役立ったのは、勘兵衛ノート フラ盤 β0.76 の設置方法の記述。分かりやすかったです。

 過去の記事で、フラ盤棋譜UP掲示板にアップした棋譜も、すでにリンク切れになったものが多数。
 これを機に、棋譜の整理を兼ねて、BIGLOBE側に乗せ変えようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック