*** 社団戦、2日目 (2012/7/29) ***

 次の日曜日は社団戦の最終日・・・ですが、1日目の将棋しか振り返っていませんでした。
 ひどい将棋ばかりで、振り返りたくなかったというのが正直なところです。
 2日目が行われたのは7/29なので、もう3ヵ月近く前。
 時間が経っているうえに、振り返りたくない将棋なので、読んだ内容をほとんど覚えていません。

 この日は2局出番があり、下の図はこの日の第2R(6回戦)。
 敵陣に角を打ち込めますが・・・。

 考えたのは▲2二角・▲3二角・▲8二角。
 このうち、本線として読んだのは▲3二角でしたが、△2四飛▲2一角成△3六銀で。香を拾っている場合ではありません。▲2二角・・・何が嫌だったか忘れました。。
 で、結局、選択したのは▲8二角ですが、これには△4九角~△9二金の筋があります。もちろんこれは承知の上で、金香交換でも、▲3五香に期待したわけです。ただ、△4九角に▲3七金と上がったため、△2八角が受からず、形勢を損じてしまいました。
 局後に指摘されたのは、図で▲4一角! △2四飛に対して▲3二角成と指せます。▲2三角成・▲2一角成の両狙いで▲3二角としたのですが、そもそも△2四飛に▲2一角成が成立しないのでは、意味がありません。それにしても、▲4一角は盲点でした。
 本譜は苦しいながらも辛抱して難しくなったと思ったのですが、終盤△4八歩(104手目)~△4六香を見落としているのでは、お話になりません。この筋に気づいていれば、△4九角(100手目)にはまだしも▲6八玉ですが、駒が足りないので余されそう。飛車落ちでは勝てませんね。。


 次の出番は第4R(8回戦)。
 相手が居飛車だったので、例によって右玉です。
 序盤、早めの動きを見せられ不安だったのですが、第2図では組めれば不満なし。
 先手は銀冠への進展がなく、桂頭や端の関係上、それほど堅くはありません。
 それなのに・・・ここでふらっと△2一飛。大悪手です。


 先手は当然、▲8五桂。以下、銀冠に組まれ、どうしようもなくなりました。
 苦し紛れに△5二銀左~△4五歩としましたが、どうせなら第2図指すべき手。
 本譜は銀冠の厚みが生きる展開で、最後は入玉されて投了・・・。
 飛車先を伸ばした形で飛車が横へ動いた時の▲8五桂は基本中の基本手筋。
 指す手が分からなかったとはいえ、これを許すようでは右玉を指す資格なしですね。
 まあ、ほかに指せる戦法がないので、当面は使いますが・・・。


 チームはこの日も1-3で通算2-6。若手は強いのですが、なかなか厳しい戦いです。
 個人成績は0-4。片目を開けるのは、3日目以降に持ち越しとなりました。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック