『詰めてみよう 作ってみよう 1』 若島正 (日本チェスプロブレム協会)

 きのうは詰将棋解答選手権に参加しました。
 参加賞は将棋フリーペーパー(!)『駒doc. 2010春号』と、この『詰めてみよう 作ってみよう 1』。
 
 始まるまでの間に20問ほど、解けました。
 まあ、最初は1手詰から始まり、3手・5手と手数が短く、基本的な筋ですので・・・。
 後半は手数が長くなるとともに、紛れ・変化が増え、かなり手ごたえがありました。

 それにしても、「角(または馬)+飛(または竜)のバッテリー」だけでこんなに出来るなんて、凄すぎ。
 あっ、バッテリーとは、開き王手可能な組み合わせを指す「業界用語」(?)のようです。
 本書では、飛車(または竜)が動くと、角(または馬)で王手がかかるという、「角(または馬)+飛(または竜)のバッテリー」が39問も並んでいます。
 最後のほうは双玉も登場。昔、玉が動くと、角(または馬)で王手がかかる形の作品をいくつか作ったことを思い出しました。 (例えば・・・詰将棋パラダイス1996年7月号
 こういうのを「角(または馬)+玉のバッテリー」と呼ぶかどうかは分かりませんが・・・。

 「1」とあるくらいなので、この後、シリーズ化されるのでしょう。
 表紙の上には「詰将棋解答選手権ミニブックシリーズ」とあります。
 検索してみたら、こちらの記事が見つかりました。

 内容は、1手詰から15手詰まで、易しいものばかり39題。
 解答選手権のためのトレーニング用に、あるいは詰将棋を作ってみるきっかけとして、役立てていただければと思っています。
 このミニブックシリーズ(毎年1冊発行)は、解答選手権に参加する方々への賞品(または参加賞)として製作したものですが、解答選手権終了後に、残部を販売いたします。発送開始は5月ごろを予定しています。


 「易しいものばかり」には、疑問符が100個くらいつきますが・・・。
 解答選手権の参加賞ということであれば、来年以降もこれを目当てに(?)出場したいです。

 来年の前に今年はどうだったのかというと・・・。
 目標の4問正解はクリアしたのですが、やらかしてしまいました。。。
 これについては、詰将棋解答選手権 速報ブログに問題が載ってから、書きたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ネットで内職!お小遣い稼ぎ

    Excerpt: インターネットでかせぐことはできるのか?内職!お小遣い稼ぎ Weblog: ネットで内職!お小遣い稼ぎに挑戦 racked: 2010-11-25 11:08
  • 紅白歌合戦 出場歌手が決定!

    Excerpt: 司会、松下奈緒・嵐、初出場は植村花菜、クミコ、西野カナ、AAA、HY、郷ひろみが9年ぶり出場 Weblog: 紅白歌合戦 出場歌手 racked: 2010-11-26 14:28