『雁木伝説』 毎日コミュニケーションズ・編 (MYCOM将棋文庫)

 先週金曜日、この訃報には驚きました。信じられません。

---------------------------------------------------------------------------
日本アマチュア将棋連盟理事の新井田基信さん死去
                              2010年2月19日21時15分
 新井田 基信さん(にいだ・もとのぶ=日本アマチュア将棋連盟理事、北海道将棋連盟常務理事)が19日、急性心肺停止で死去、48歳。葬儀は親族で行う。道将棋連盟が後日、お別れ会を予定。 早稲田大学で全国学生名人となり、1999年に朝日アマチュア将棋名人戦全国大会で準優勝するなどアマ棋界で活躍。朝日アマチュア将棋名人戦道ブロック大会など道内の将棋大会の運営や子どもへの普及活動に尽力した。(朝日新聞

---------------------------------------------------------------------------

 新井田氏とは直接の面識はありませんが、『アマレン』には2つの連載を持っていました。
 『ニーダの定跡研究』。序盤の勉強になるのは当然として(・・・自分には消化し切れない部分もありました・・・)、子供たちへの指導対局が題材となっていることが多く、普及活動に努めている様子が伝わってきました。また、『北海道将棋連盟のお知らせコーナー』からは、その高い見識とともに、将棋を取り巻く環境への危機感が強く感じられました。プレーヤーとしても、運営者としても、大きな存在だっただけに、特に北海道の将棋界への影響は相当大きいかもしれません。
 まだ40代の若さ。立場はまったく異なりますが、いろいろ考えさせられることが多いです。
 心よりご冥福をお祈りいたします。


 2Chのスレには、新井田氏執筆と思われる棋書のリストが載っていました。
 どうやって見当をつけたのか分かりませんが、『ニーダの定跡研究』からすると、ありえない話ではありません。それにしても、すごい量で、ちょっと想像がつきません・・・。

-------------------------------------------------------------------
≪新井田基信さん執筆の著書や共著と思われるマイコミ棋書リスト≫
※私の見当違いや抜けているものがありましたら、ご指摘お願いします
(Rocky-and-Hopperさんの寄せの構造 with 将棋 棋書ミシュランを参照)
2007-11 『痛快!ワンダー戦法』,週刊将棋編,MYCOM
2007-08 『裏定跡の決め手』,週刊将棋編,MYCOM
2007-04 『手筋の裏ワザ』,週刊将棋編,MYCOM
2005-09 『すぐに使える将棋の手筋(下) 』,週刊将棋編,MYCOM
2005-06 『すぐに使える将棋の手筋(上) 』,週刊将棋編,MYCOM
2004-12 『我が道を行く定跡の裏街道』,週刊将棋編,MYCOM
2004-07 『役に立つ 将棋の格言99』,週刊将棋編,MYCOM
2003-12 『入玉大作戦(MYCOM将棋文庫)』,週刊将棋/編,MYCOM
2002-07 『定跡外伝2』,週刊将棋編,MYCOM
2002-01 『B級戦法の達人プラス』,週刊将棋,MYCOM
1998-12 『B級四間飛車の達人』,週刊将棋編,MYCOM
1997-09 『B級戦法の達人』,週刊将棋編,MYCOM
1996-08 『入玉大作戦』,週刊将棋編,MYCOM
1996-04 『大逆転!させる技、させないテクニック』,週刊将棋編,MYCOM
1995-08 『金言玉言新角言』,週刊将棋編,MYCOM
1994-08 『棒銀一直線』,週刊将棋編,MYCOM
1993-12 『定跡外伝』,週刊将棋編,MYCOM
1992-07 『真・石田伝説』,週刊将棋編,MYCOM
1991-11 『右玉伝説』,週刊将棋編,MYCOM
1991-09 『大覇道伝説』,週刊将棋編,MYCOM
1991-08 『雁木伝説』,週刊将棋編,MYCOM
1991-08 『左美濃伝説』,週刊将棋編,MYCOM(小池重明さん執筆説は誤りらしい)

-------------------------------------------------------------------

 このうち、3冊持っていました。『入玉大作戦』と『右玉伝説』、そして『雁木伝説』です。
 自分が持っている『雁木伝説』は文庫本で、「解説」には新井田氏の名前がありました。

     なお本書は初版時も新井田基信氏にお世話になったが、
    文庫にあたっても新しいネタを題材に加筆していただいた。


 それにしても、。『入玉大作戦』と『右玉伝説』はともかく、『雁木伝説』はどういう理由で買ったのか、思い出せません。
 雁木は1年に1回くらい(!?)しかやらず、それも結局は雁木右玉になることが多かったりします。
 しかも、攻めるのが下手な自分が違和感なく読めるのは、第3章の「盛り上がる雁木」だけ・・・。
 でも、こうして本を持っているのも何かの縁でしょうから、少しじっくり読んでみようと思います。

------------------------------------------------------------------------------
 第1章 攻める雁木   第2章 三手角雁木   第3章 盛り上がる雁木  第4章 超急戦雁木
 第5章 5六銀型雁木  第6章 変則攻撃雁木  第7章 角交換雁木    第8章 最新の雁木
                  (2002年11月12日第1刷発行 2003年4月21日第2刷発行)

------------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック