『生きていてもいいですか』 中島みゆき (PONY CANYON)

 『生きていてもいいですか』―――なんとも重いタイトルです。ジャケットの表の面も真っ黒・・・。
 鳥居みゆきがネタで『うらみ・ます』を歌っているのを聴き、気になっていたのですが、ようやく手に入れました。

画像   うらみ・ます
   泣きたい夜に
   キツネ狩りの歌
   蕎麦屋
   舟を出すのなら九月
   
   エレーン
   異国
         (1980/4/5)

 Wikipediaには中島いわく『真っ暗けの極致』と言われるアルバムで、「うらみ・ます」、「エレーン」など暗い内容の曲が多くを占めているとあります。
 「暗い内容の曲」の代表はやはり『うらみ・ます』。サビは聴いたことがありましたが、フルで聴いたのは初めてでした・・・。これをトップに持ってくるのがすごいです・・・。アルバムのコンセプト通りといえば、それまでなのかもしれませんが・・・。

   ふられたての女くらいおとしやすいものはないんだってね
   ドアに爪で書いてゆくわやさしくされて唯うれしかったと
   うらみますうらみます
   あんたのこと死ぬまで
   うらみますうらみます
   あんたのこと死ぬまで


 『エレーン』は小説集女歌の「街の女」に登場するヘレンがモデルのようです。
 同じマンションに住んでいた外国人娼婦――。殺害され、事件は迷宮入り――。

   エレーン 生きていてもいいですかと誰も問いたい
   エレーン その答を誰もが知ってるから誰も問えない


 アルバムタイトルはこの歌詞からでしょうか・・・。

 買ってから帯を見て、不思議に思ったのは6曲目が空白なこと。印刷ミスかと思ったら、歌詞カードも空白。当然、CD表面にも6曲目だけは曲名がありません・・・。真っ黒なジャケットや『エレーン』のエピソードなどと合わせると、けっこう不気味なものがあります・・・。


 聴いてみると・・・短めのインストゥルメンタルで、ふつうに(?)曲が流れてきたので一安心!? でも、なぜタイトルがないのでしょうか? 生まれてきたけれど名づけられない・・・、歓迎されざる・・・、生まれてこなければ・・・。「その答を誰もが知ってるから誰も問えない」問い、「生きていてもいいですか」に通ずるものがあるのでしょうか?

 数ある中島みゆきのアルバムの中でも最強の暗さ・・・。夜勤明けの雨の日、陰鬱な気分にぴったりなアルバムで、雨音をかき消すくらいの音量で浸るのです。そんな時に新聞の集金がきて、音量を下げ忘れたままドアを開けると、なんとも言えない微妙な空気になりますが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

バーボン52
2008年08月10日 00:14
 はじめまして、お邪魔します。
 私の感じたことです。
 このアルバム「うらみ・ます」~「船を出すのなら九月」までが現世、「エレーン」は死んだ女の話、「異国」はあの世も異国で居場所のなかった女の話(だから次作のタイトルは「臨月」、でも本当に生まれ変わるのは「はじめまして」から)、「エレーン」、「異国」は向こうの世界で六番目のインストゥルメンタルは、「船を~」の最後で海に飲まれたみゆきのあの世への道程だと思います。「船を~」の{あなたがいなくても}はデビュー以来のファンへの別れの台詞に聞こえます(「臨月」、「寒水魚」は今迄の集大成と思っています)。
あしたバーボンハウスで
2008年08月11日 21:35
バーボン52さん、コメントありがとうございます。
なるほど、そういうふうな解釈もできるんですね。
自分は深く考えたことがなかったのですが、参考になりました。
ところで、「寒水魚」と「はじめまして」の間には
「予感」というタイトルのアルバムがあります。
これは「生まれ変わる予感」を示しているのでしょうか?

この記事へのトラックバック

  • 中島みゆき 7

    Excerpt: NO.01378 中島みゆきのオリジナル・アルバム『生きていてもいいですか』(1980年) 真っ黒なジャケに浮かび上がる掠れて消えそうな『生きていてもいいですか』の ... Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2010-12-21 15:16