『実戦型&趣向作 中田章道短編傑作集』 中田章道 (将棋世界・平成15年7月号付録)

 詰将棋解答選手権が終わった後、「まだ解いていない将棋世界の付録の詰将棋を解こう!」と決意を新たにしたのですが・・・、あれから約二週間、初めて解き終わった詰将棋集です。先に解き始めた『関屋喜代作詰将棋』はあまりにもツッコミどころが多すぎて・・・というか、まだ解き終わっていないので・・・。手数順に並んでいる問題はすでに30手台に突入。最終問題は何手詰になっているのやら・・・ちょっと恐いです。
 そんなわけで乗り換えたのがこの詰将棋集。解き始める前、はしがきに「今回の作品は5~15手まで」と書いてあるのを確かめたのは言うまでもありません。でも、手数と難易度が比例するとは限らず、けっこう解くのに苦労しました。特にNO.24とNO.35は難しかったです・・・。
 タイトル通り、どちらもきれいな実戦型。実戦で現れても詰みがある局面とは思わないでしょうね。


 NO.24は3手目がまるで見えず・・・発見した時はうれしかったです。それにしても、この形が飛車2枚で詰むとは驚きです! そして、解けて初めて分かる4五銀の意味。この配置から詰め上がりが浮かぶようになるまでは・・・そんな日は来ないでしょうね・・・たぶん。
 NO.25は5手目がなぜか盲点でした。NO.24よりはこちらのほうが実戦的です。

 きょうは太陽将棋研究会の例会でした。内容は先月よりだいぶマシ・・・とはいえ、まだまだ・・・。
 この一ヵ月間、詰将棋はずいぶん解きましたが、棋譜並べはまったくしていなくて、実戦的な勘がいま一つ。やっぱり両方必要ですね。もう少し、棋譜並べにも時間をとらないと・・・その前に打倒! 関屋喜代作!! ・・・の詰将棋。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック