『詰将棋入門 3手・5手』 将棋世界編集部・編 (将棋世界平成11年12月号付録)

 詰将棋解答選手権まであと5日・・・。
 『光速の詰将棋』がさっぱり解けないので、昔の将棋世界から簡単な問題集を選んでみました。
 でも、ちょっと簡単すぎたみたいで、10分ちょっとで解き終わりました。小冊子とはいえ80ページあるのを10分ちょっとで終わり! なので、傍から見てると、速読をマスターした人みたいな感じなんでしょうね。
 そんな簡単な3手・5手詰だったのですが、この問題だけは一目で解けず・・・、たっぷり2分以上かかりました。 



     ▲1四角 △同 歩 ▲4三と △2三玉 ▲2二角成  まで 5手詰

 逃げ道封鎖の初手は第一感だったのですが、この重い詰め上がりが浮かびませんでした。なにしろ、筋がよいので、こういう詰め上がりは考えないんですよね・・・!?

 解答選手権ではどんな問題が出るんでしょう? これより少し骨があると思うので、あすはもう少し難しそうな問題集を解くつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック