アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「井沢元彦」のブログ記事

みんなの「井沢元彦」ブログ

タイトル 日 時
『逆説の日本史S 幕末年代史編V』 井沢元彦 (小学館文庫)
 3時間ほど前にエントリーした『北海道の気象と農業』を読み終えたのは、きょうの午後。  その数時間前、きょう午前に読み終えたのが、この『逆説の日本史S』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 22:52
『逆説の日本史R 幕末年代史編U』 井沢元彦 (小学館文庫)
 夜勤明けの金曜日、書店で『逆説の日本史R』を発見。  N・O・Pは3年連続で6月、Qは7月の発行だったので、ちょっと油断(?)していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 22:31
『天皇になろうとした将軍』 井沢元彦 (小学館文庫)
 今年の3が日は去年に比べれば、だいぶ楽。去年は1日・2日も京都で・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 23:59
『逆説の日本史A 古代怨霊編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 『D中世動乱編』の次に読んだのは、『A古代怨霊編』。  『D中世動乱編』の記事で書いたように、徳つながりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 01:25
『逆説の日本史Q 幕末年代史編T』 井沢元彦 (小学館文庫)
 N・O・Pと3年連続で6月に発行されていたのに、今年は見当たらず・・・。  『逆説の日本史』のQは例年より1ヵ月遅れで、7月の発行でした。  1ヵ月遅れ云々は私の勝手な思い込みですが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 23:26
『逆説の日本史P 江戸成熟編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 『逆説の日本史』の文庫最新刊が出たので、さっそく読んでみました。  正直言って、江戸時代の半ば以降はあまり興味がなかったのですが、いろいろ発見がありました。アイヌ民族のルーツや松前藩・幕府との関わりなんて、教科書にはなかったですし・・・。  教科書には載っていたけれど、名前しか記憶に残っていない荷田春満・賀茂真淵・本居宣長・平田篤胤(「国学の四大人(しうし)」という呼び方は初めて知りました)。国学者ということで一緒くたにしていましたが、それぞれが行ったことや思想の背景など、ちょっとだけ分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/20 23:58
『隠された帝 天智天皇暗殺事件』 井沢元彦 (祥伝社 NON POCHETTE)
 きのうの記事で触れた「読みかけの本」が、この『隠された帝 天智天皇暗殺事件』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/06 20:26
『逆説の日本史B 古代言霊編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 前の記事で書いた『疾風5手詰39題』の直前に読んでいたのが、『逆説の日本史B 古代言霊編』。  古代言霊編とあるくらいなので、やはり第三章に一番力が入っているような印象を受けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/26 14:39
『逆説の日本史O 江戸名君編』 井沢元彦 (小学館文庫)
『逆説の日本史O 江戸名君編』 井沢元彦 (小学館文庫)  おとといアップした『N 近世改革編』に続き、『O 江戸名君編』。  ここだけ取ると順序よく自然なのですが、『O 江戸名君編』を読んだのは3ヵ月前。 この間、紆余曲折(?)がありました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/12 23:57
『逆説の日本史N  近世改革編』 井沢元彦 (小学館文庫)
『逆説の日本史N  近世改革編』 井沢元彦 (小学館文庫)  おととい(8日)の夕方は市川でも雷多数。  例会が終わって外に出ようとしたら、まだどしゃ降り。  西に強いエコーが控えているので、待っていても・・・・ということで、いつもの店に向かいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/10 14:13
『逆説の日本史I  戦国覇王編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 2ヵ月ほど前に読んだ『逆説の日本史H 戦国野望編』の中で、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 05:24
『逆説の日本史E 中世神風編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 『F 中世王権編』 の次に読んだのは、『E 中世神風編』。  ・・・といっても、ちょっと間が空いてしまいました。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/22 04:50
『逆説の日本史F 中世王権編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 『@ 古代黎明編』の次に読んだのは、『F 中世王権編』。  順序がメチャメチャですが、目についたのを手に取ったから、というのが唯一の理由。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/12 00:36
『逆説の日本史@ 古代黎明編』 井沢元彦 (小学館文庫)
『逆説の日本史@ 古代黎明編』 井沢元彦 (小学館文庫)  『G 中世混沌編』の次に読んだのは、『@ 古代黎明編』。  『A 古代怨霊編』の記事のアップがまだでしたが、『G 中世混沌編』の記事で書いた ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/11 23:57
『逆説の日本史G 中世混沌編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 最近はキロクアメの記事ばかりで、ほかのをまったくアップしていませんでした。  逆説の日本史は『A 古代怨霊編』をとっくに読み終えていたのですが・・・。  そうこうしているうちに、『G 中世混沌編』も読み終わったので、こちらから先に――。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/02 01:04
『逆説の日本史D 中世動乱編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 先月『逆説の日本史O 江戸名君編』を読んだのをきっかけに、このシリーズを読み直しています。  読み直す・・・といっても、そもそも読み切っていなかったのもありますが・・・。  『O江戸名君編』の後は、『L近世展開編』・『H戦国野望編』 ときて、この『D中世動乱編』。  ページ数が少なく、わりとなじみのある平安末期〜鎌倉初期だったので、わりとサクサク読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/19 20:48
『逆説の日本史H 戦国野望編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 江戸時代から遡って、戦国時代――。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/09 21:37
『逆説の日本史L 近世展開編』 井沢元彦 (小学館文庫)
『逆説の日本史L 近世展開編』 井沢元彦 (小学館文庫)  先月買った『逆説の日本史O 江戸名君編』の文庫本。  一週間ほどで読み終えることが出来ました。  このシリーズはN以外、すべて持っているのですが、通しで読んだのは久しぶりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/06 23:59
『逆説の日本史C 中世鳴動編』 井沢元彦 (小学館文庫)
 3日前に流れた衝撃的な(?)ニュース――。  以下、デイリースポーツの記事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/28 22:07
『逆説のニッポン歴史観』 井沢元彦 (小学館文庫)
 民主党の代表戦は、菅首相が再選されました。  この二択では菅首相でしょうね。首相に選ばれたばかりですし、消去法的に・・・。  ただ、議員票で小沢前幹事長が下回ったのは予想外。  以下は時事通信の記事からの引用です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 23:57
『逆説の日本史K 近世暁光編』 井沢元彦 (小学館文庫)
第一章 序章としての関ヶ原編        ――「天下分け目の戦い」でいかに勝利したか 第二章 太平への長い道編        ――保守主義者が好んだオーソドックスな手法 第三章 天下泰平の構築編        ――賢者のライバルつぶしの秘策「分断支配」               (2008年6月11日 初版第1刷発行) ------------------------------------------------------------ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 19:09
『逆説の日本史J 戦国乱世編』 井沢元彦 (小学館文庫)
第一章/豊臣秀吉、その虚像と実像編        ―――歴史学界がタブー視する「差別」構造 第二章/織田つぶしの権謀術数編        ―――いかにして「権力の正当性」を確保したか 第三章/対決、徳川家康編        ―――最大のライバルを屈服させた「人質」作戦 第四章/豊臣の平和編        ―――宗教、貨幣、単位を統一した専制君主の国内政策 第五章/太閤の外征編        ―――朝鮮征伐にみる日本人の贖罪史観               (2007/6/11... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/11 22:16

トップへ | みんなの「井沢元彦」ブログ

Untidy Bookshelves 井沢元彦のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる