Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『勝者の組織改革』 二宮清純 (PHP新書)

<<   作成日時 : 2018/06/07 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 半月前にエントリーした『無責任の構造 モラル・ハザードへの知的戦略』。
 きっかけは、例の日大の記者会見でした。

 Yahoo!のトップには、日大会見 司会と報道陣が応酬の文字。

  → 日大会見 司会と報道陣が応酬 “日大ブランド”落ちるに司会者「落ちません」(デイリースポーツ)

 この司会がどのような立場の人か分かりませんが、危機管理学部の存在意義が問われるのでは・・・?
 まあ、もはや司会がどうこういう問題ではなく、アメフト部の廃部は避けられないのでしょう。

 ・・・ということで、ちょっと違いますが、以前読んだ本を2冊思い出しました。
 そのうちの1冊が、『無責任の構造 モラル・ハザードへの知的戦略』。


 思い出した以前読んだ2冊のもう1冊が、この『勝者の組織改革』。
 日大に組織改革は必要とは思いますが、明らかに「勝者の――」ではありません。
 その意味で、「ちょっと違いますが」ではなく、だいぶ違いました。。

 2003〜2004年時点の状況が題材ですが、改善する点もあれば、そうでない点もあり・・・。
 引用を含め、いろいろ深い言葉があるので、後ほど追加しておきます。
 これから夜勤に向かう準備をしないといけないので・・・。

--------------------------------------------------------------------
序章  日本にはびこる「不作為の病」――いつまで「敗者」でいたいのか!?
第1章 スポーツの「大政奉還」――企業から地域へ
第2章 「伝統」と「改革」は対立しない!――角界は生まれ変われるか
第3章 決断力と責任ある人材は生まれるか――異端児ストライカーの待望
第4章 リーダーが替われば組織は変わるのか――星野タイガースの真実
第5章 あるべき師弟関係とは――人を動かす小出義雄のスキル
第6章 成功する女性リーダーの素顔――勝つための資質
第7章 格闘技ブームはどこまで続くのか――新型スポーツ・ビジネスの未来
第8章 人材流出を防ぐ、人材確保を図る――日本プロ野球の生き残りを賭けて
第9章 日本の構造改革はスポーツから――「楽しむ」ために人は動く
 あとがき
               (2004年7月29日第1版第1刷)

--------------------------------------------------------------------

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『勝者の組織改革』 二宮清純 (PHP新書) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる