Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『地震はどこに起こるのか 地震研究の最前線』 島村英紀 (講談社ブルーバックス)

<<   作成日時 : 2018/06/18 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜は夜勤初日でした。
 5時30分頃にあがり、一眠りして起きたのは13時。
 スマホをチェックしたら、LINE NEWSに大阪府で「震度6弱」の地震の文字。
 驚きでいっぺんに目が覚めました。

 きのうの群馬県の震度5弱に続く、強い地震。
 群馬県で震度5弱以上を観測したのは、気象庁が地震観測を始めた1923年以降では初めてのこと。
 大阪府で震度6弱以上を観測したのも、1923年以降では初めてのことでした。

 ただでさえ難しい地震予知。
 稀にしか起こらないエリアではなおさらです。

 ・・・とはいえ、twitterでフォローしている方つながりで知ったこのツイートには驚きました。

   村井俊治・東大名誉教授の有料メルマガ『MEGA地震予測』が
   先週号で出していた、最新の地震予測(公開情報のサマリーによる)。
   これだけピンポイントで外すのは、もはや職人芸の域。


 ただでさえ難しい地震予知なので、外れるのは仕方ないところもありますが・・・。
 逆にどうやって、この地震予測が作られているのか、気になります。。
 
 3.11の後に実家から持ち帰った(たぶん)本書。
 四半世紀前の本なので、最前線ではないですが・・・。
 エントリーしたついでに、また読んでみます。

---------------------------------------
T なぜ、地震が起こるのか
U 震度とマグニチュードの不思議
V 地価の地震製作工場
W 首都圏を襲う地震
X 地震の異端者たち
Y 海の地震を追って
Z 地震観測の最前線
[ 地球の中を探る
\ 地震予知 日本の現状
     (1993年12月20日第1刷発行)

---------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『地震はどこに起こるのか 地震研究の最前線』 島村英紀 (講談社ブルーバックス) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる