Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『乱紋(下)』 永井路子 (文春文庫)

<<   作成日時 : 2018/05/14 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 エントリー遅れましたが、『乱紋』の下巻も再読完了。

 下巻に挟んでいた、登場人物の系図を手書きしたメモ。
 4枚のうち2枚は上巻の記事に載せたので、ここでは残る2枚。
 「豊臣一族」の左側になぜ「矜持」の文字があるのか? はまったくの不明・・・。

画像

 それにしても、浅井三姉妹をめぐる系図はかなり複雑。
 日本史の教科書にあった聖徳太子、天智・天武天皇、藤原道長あたりを思い起こさせます。
 さらに、おごうの子孫もけっこうなことになっているんですね。
 ――というのを、さきほどWikipediaを見て知りました。

 もちろん、複雑なのは系図だけでなく、その置かれた立場。
 関ヶ原の戦いや大坂の陣で、お茶々とおごうは「日本をまっ二つに分けて対決する両陣営の頂点にいた」わけで・・・。
 そこに至る過程もかなり紆余曲折があり・・・というのが改めて分かりました。

 再読完了したので、上下巻の2冊は今度の帰省で実家の本棚に戻す予定。
 勢いで永井路子を連続して、『山霧』を読み始めました。
 例によってすっかり忘れていましたが、なかなか面白いです。

------------------------------------------------------------------
 十字路/盃/伏見月彩/名残り桜/関ケ原周辺/東西往来/渦/夏の炎
        (1979年8月25日第1刷 1988年9月15日第15刷)

------------------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『乱紋(下)』 永井路子 (文春文庫) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる