Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『世界は四大文明でできている』 橋爪大三郎 (NHK出版新書)

<<   作成日時 : 2018/04/21 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先月買ったNHK出版新書の『世界は四大文明でできている』。
 企業トップが学ぶリベラルアーツというシリーズの第一弾だそうで・・・。
 間違っても企業トップではありませんが、興味深いテーマなので読んでみました。

 四大文明というと、ふつう古代の「メソポタミア文明」「エジプト文明」「インダス文明」「黄河文明」を指します。
 本書ではこれとは違い、「ヨーロッパ・キリスト教文明」「イスラム文明」「ヒンドゥー文明」「中国・儒教文明」。
 現代の宗教をベースにした分類で、それぞれ25億・15億・10億・13億であわせて63億。
 世界総人口の9割以上を占め、もちろん日本の1億は少数派です。

 宗教色の薄い日本人が、宗教をベースにした人々の行動原理を理解する――。
 なかなか難しいですが、たまにはこういうことを考える時間も必要ですね。

 ・宗教的にはイスラム教のほうがキリスト教よりも寛容である。
 ・カースト制には古代の社会保障システムとしての側面がある。
 ・忠より孝(家族道徳)を重視したほうが、政治を強化する結果になる。

 ・・・など、少し直感に反するような意外なことも知ることが出来ました。
 文章も短くて読みやすかったですし・・・。

 橋爪大三郎の本は2冊目ですが、こんなに読みやすかったか・・・?
 『はじめての構造主義』を探してみたいと思います。

-----------------------------------------------------------
   はじめに 「不識塾」塾長 中谷巌
 第1章 世界は四大文明でできている
 第2章 一神教の世界 ヨーロッパ・キリスト教文明と、イスラム文明
 第3章 ヒンドゥー文明
 第4章 中国・儒教文明
 第5章 日本と四大文明と
   参考文献  あとがき
       (2017年10月10日第1刷発行 2017年11月5日第2刷発行)

-----------------------------------------------------------

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『世界は四大文明でできている』 橋爪大三郎 (NHK出版新書) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる