Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS ** キロクアメ フクオカ×15 + オオイタ×2 + サガ(7/5) + ナガサキ(7/6) **

<<   作成日時 : 2017/07/08 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 Yahoo!のトップに、72時間経過 豪雨の死者18人に文字。
 福岡・大分の記録的豪雨から3日が経過しました。

九州豪雨、死者18人に 72時間経過、9日も雨の恐れ
7/8(土) 20:09配信

 九州北部の豪雨災害で、福岡、大分両県の死者は8日、さらに増え、18人になった。被災地から川でつながる有明海では5人の遺体が見つかり、警察は災害にまきこまれた可能性があるとみて調べる。この5人を含めると死者は23人になる。九州北部は9日も所によって大雨のおそれがあり、気象庁は警戒を呼びかけている。(以下略)


 九州北部の豪雨に隠れてしまいましたが、この日(5日)の未明は島根県に大雨特別警報が――。
 以下は6時前に発表された、記録的な大雨に関する府県気象情報・地方気象情報・全般気象情報。
 大雨特別警報は出ましたが、キロクアメ マツエが発表されなかったのは、ちょっと意外な感じです。

-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する島根県気象情報 第4号
平成29年7月5日05時56分 松江地方気象台発表
(見出し)
05時55分に大雨特別警報を発表しました。浜田市、益田市、邑南町、津和野町では、これまでに経験したことのないような大雨になっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
本文なし。
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する中国地方気象情報 第3号
平成29年7月5日05時56分 広島地方気象台発表
(見出し)
島根県では大雨特別警報が発表されました。島根県西部を中心に、これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし。
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する全般気象情報 第2号
平成29年7月5日05時59分 気象庁予報部発表
(見出し)
島根県には大雨特別警報が発表されました。島根県では、これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし

-------------------------------------------------

 4日22時〜5日9時のエコー。

画像

 島根県西部にかかっていた強いラインは朝には南へ下がりましたが、今度は九州北部へ――。

 5日12時〜22時のエコーを見ると、福岡県〜大分県に強いラインがかかり続けているのが分かります。

画像

 5日は今週唯一のオフでしたが、メールをチェックしていたら、キロクアメの電文が次々と入り、驚きました。
 昼過ぎから夜のはじめにかけて18通。
 キロクアメ フクオカが15通、キロクアメ オオイタが2通、キロクアメ サガが1通です。

-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第1号
平成29年7月5日13時28分 福岡管区気象台発表

 13時20分福岡県で記録的短時間大雨
 朝倉市付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第2号
平成29年7月5日13時38分 福岡管区気象台発表

 13時30分福岡県で記録的短時間大雨
 小郡市付近で約110ミリ
 大刀洗町付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第3号
平成29年7月5日13時50分 福岡管区気象台発表

 13時40分福岡県で記録的短時間大雨
 朝倉市付近で120ミリ以上
 大刀洗町付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
大分県記録的短時間大雨情報 第1号
平成29年7月5日15時08分 大分地方気象台発表

 15時大分県で記録的短時間大雨
 日田市中津江付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第4号
平成29年7月5日15時12分 福岡管区気象台発表

 15時福岡県で記録的短時間大雨
 小郡市付近で120ミリ以上
 朝倉市付近で120ミリ以上
 筑前町付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第5号
平成29年7月5日15時39分 福岡管区気象台発表

 15時30分福岡県で記録的短時間大雨
 嘉麻市付近で約120ミリ
 大刀洗町付近で120ミリ以上
 東峰村付近で約110ミリ
 添田町付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第6号
平成29年7月5日15時47分 福岡管区気象台発表

 15時40分福岡県で記録的短時間大雨
 久留米市付近で約120ミリ
 15時30分福岡県で記録的短時間大雨
 東峰村付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
佐賀県記録的短時間大雨情報 第1号
平成29年7月5日15時49分 佐賀地方気象台発表

 15時40分佐賀県で記録的短時間大雨
 鳥栖市付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第7号
平成29年7月5日16時10分 福岡管区気象台発表

 16時福岡県で記録的短時間大雨
 久留米市付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第8号
平成29年7月5日16時36分 福岡管区気象台発表

 16時20分福岡県で記録的短時間大雨
 朝倉市付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第9号
平成29年7月5日17時12分 福岡管区気象台発表

 17時福岡県で記録的短時間大雨
 うきは市付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第10号
平成29年7月5日17時39分 福岡管区気象台発表

 17時30分福岡県で記録的短時間大雨
 大刀洗町付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第11号
平成29年7月5日17時50分 福岡管区気象台発表

 17時40分福岡県で記録的短時間大雨
 朝倉市付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
大分県記録的短時間大雨情報 第2号
平成29年7月5日18時08分 大分地方気象台発表

 18時大分県で記録的短時間大雨
 日田市日田付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第12号
平成29年7月5日18時15分 福岡管区気象台発表

 18時福岡県で記録的短時間大雨
 東峰村付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第13号
平成29年7月5日18時31分 福岡管区気象台発表

 18時20分福岡県で記録的短時間大雨
 うきは市付近で約110ミリ
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第14号
平成29年7月5日19時07分 福岡管区気象台発表

 19時福岡県で記録的短時間大雨
 朝倉市付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------
福岡県記録的短時間大雨情報 第15号
平成29年7月5日20時18分 福岡管区気象台発表

 20時10分福岡県で記録的短時間大雨
 朝倉市付近で120ミリ以上
-------------------------------------------------


 大雨特別警報が出たのは、福岡県内が18時前、大分県内は20時前。
 福岡はキロクアメを11回発表した後で、島根に比べるといかにも遅い感じ。
 ひょっとすると、特別警報を発表後にあまり降らなかった島根が微妙に影響したのでしょうか?
 この辺りは、今後、検証されることと思います。

 以下は、録的な大雨に関する府県気象情報・地方気象情報・全般気象情報です。

-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する福岡県気象情報 第6号
平成29年7月5日17時52分 福岡管区気象台発表
(見出し)
福岡県に、17時51分に大雨特別警報を発表しました。筑後北部を中心に、これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし。
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第5号
平成29年7月5日17時52分 福岡管区気象台発表
(見出し)
福岡県では大雨特別警報が発表されました。福岡県では、これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)なし。
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する全般気象情報 第5号
平成29年7月5日17時52分 気象庁予報部発表
(見出し)
福岡県には大雨特別警報が発表されました。
これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし

-------------------------------------------------
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する大分県気象情報 第7号
平成29年7月5日19時57分 大分地方気象台発表
(見出し)
19時55分に大雨特別警報を発表しました。日田市、中津市を中心に、平成24年九州北部豪雨に匹敵する大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし。
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第7号
平成29年7月5日19時57分 福岡管区気象台発表
(見出し)
大分県で大雨特別警報が発表されました。福岡県、大分県では、これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし。
-------------------------------------------------
記録的な大雨に関する全般気象情報 第6号
平成29年7月5日19時57分 気象庁予報部発表
(見出し)
大分県には大雨特別警報が発表されました。福岡県、大分県では、これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください。
(本文)
なし

-------------------------------------------------

 下は5日に観測された7月1位の記録、赤で囲んだのは観測史上1位の記録。
 朝倉は1時間・3時間・24時間・48時間・72時間降水量と日降水量、すべて観測史上1位を更新しました。

画像

 日付が6日に変わり、キロクアメ ナガサキが入電。
 壱岐市芦辺付近というのは、6月29日夜遅くと同じです。

-------------------------------------------------
長崎県記録的短時間大雨情報 第1号
平成29年7月6日02時59分 長崎地方気象台発表

 2時50分長崎県で記録的短時間大雨
 壱岐市芦辺付近で約120ミリ
-------------------------------------------------


 5日午後、福岡〜大分で雨雲が組織化された要因の一つは、下層風の収束が明瞭だったことにあります。
 地上では、玄界灘からの北よりの風と有明海からの南西風が福岡県内でぶつかっていました。

 これに対し、6日日中の九州北部は下層風の収束がはっきりしませんでした。
 長崎・佐賀県内は南〜南南東の風が卓越。
 福岡県内も5日のように玄界灘からの北よりの風は吹かず、全般に南より。
 このため、雨は小康状態となり、福岡・大分の大雨特別警報は14時過ぎに解除されました。

 下は6日に観測された7月1位の記録、赤で囲んだのは観測史上1位の記録。
 口之津はキロクアメ対象の壱岐――ではなく、島原半島先端のアメダス地点。
 朝までは熊本県内を含め、所々で非常に激しい〜猛烈な雨が降っていました。

画像

 6日日中は小康状態になった雨も、夜間帯は再び強まる予想でした。
 7日朝は長崎半島〜鳥栖JCT付近に西南西から東北東に強い降水域が現われるかも――でした。
 
 ・・・が、きのう(7日)5時に出社すると、イメージしていたのとエコーの走向が60度ほど違っています。
 ラインの走向は西北西から東南東で、玄界灘から北九州・下関方面を指向。
 北九州は避難勧告が出るほどの、記録的な大雨になりました。

 下は7日に観測された7月1位の記録、赤で囲んだのは観測史上1位の記録。
 北九州の八幡では、6時30分までの3時間に138.5ミリの雨が降り、観測史上1位を更新しました。

画像

 昨夜(7日夜)懸念されたのは、東シナ海にあった熱帯低気圧の暖湿気。
 非常に激しい雨が降るかもしれないと思っていたのですが、それほどではありませんでした。
 幸い、きょう日中にかけて、記録を更新するような強雨・大雨は降っていません。

 ただ、あす早朝〜昼頃は九州北部や中国地方西部で、非常に激しい雨が降る可能性があります。
 水蒸気画像で見る通り、接近するトラフは明瞭。
 一方で、下層シアの位置はモデル間のばらつきが大きく、強雨エリア・タイミングに影響します。 
 かなり判断に悩みましたが、どんな結果が出るでしょうか・・・。


  ※ 画像は気象庁のHPから引用のうえ、一部加工しました。

  ・災害時気象資料
     −平成29年7月5日から6日にかけての福岡県・大分県の大雨について(速報)−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
*** 南部で7月の最低気温の記録を更新・・・??? (7/6) ***
 下はおとといエントリーした記事の中の画像。  6日に更新された、7月1位の記録です。 ...続きを見る
Untidy Bookshelves
2017/07/10 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
** キロクアメ フクオカ×15 + オオイタ×2 + サガ(7/5) + ナガサキ(7/6) ** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる