Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『新手年鑑2017年版』 勝又清和 (将棋世界・平成29年6月号付録)

<<   作成日時 : 2017/06/17 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2週間前にエントリーしたのは、将棋世界最新号(7月号)の付録で、内藤九段の詰将棋集。
 順序が逆になりましたが、きょうは先月発行された6月号の付録です。

 年に一度の勝又先生登場。
 少し前までは新手ポカ妙手選でしたが・・・。

   今回も新手のみでというタナゴ編集長のむちゃぶりに押しきられました(笑)。

 はしがきの冒頭の一文――。
 確かに、これだけ新手が多く指される状況では、タナゴ編集長の気持ちも分かります。。

   左美濃急戦、角換わり新型、勇気流、角頭歩……ライバルの先を行く最新ガイド!

 表紙にはこんなふうに書かれています。
 左美濃急戦と角換わり新型(▲4八金・▲2九飛型)は形だけは・・・。
 勇気流とはいったい・・・?
 角頭歩で新手が出ていたとは・・・。

 最新型に疎いので、さっぱり分かりません。。
 なので、問題だけでなく、「――序章」や「コラム」で新手の背景が解説されているのは助かります。
 もっとも、ここで書かれていることもすでに「最新」とは言えません。
 新たな手が指され、結論が変わっている形があったりするのかも・・・。

 でも、状況が変わっていないのが藤井四段。
 NO.16には、浦野八段との将棋が登場していて、ヒントの冒頭は――。

   公式戦負けなしの藤井総太の将棋から。

 取り上げられているのは2月9日の竜王戦なので、3連勝目の将棋。  (Wikipedia
 付録の原稿〆切がいつか分かりませんが、4月半ば頃でしょうか。
 12連勝か13連勝の頃で、「公式戦負けなし」でした。

 それから2ヵ月、連勝は止まらず、きょうの藤岡アマとの将棋にも勝って、27連勝!
 引き続き、「公式戦負けなし」で、28連勝の記録にリーチがかかりました。
 記録を更新したら、とりあえず、将棋世界の付録ですね。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『新手年鑑2017年版』 勝又清和 (将棋世界・平成29年6月号付録) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる