Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** dg将棋 2017年5月終了の対局 ***

<<   作成日時 : 2017/05/30 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 dg将棋の団体戦が2局始まりました。
 持ち時間は200時間なので、操作ミスで投了しない限り、5月中に終わることはありません。
 ・・・ということで、今月指した将棋を振り返っておきます。

 今月終了した5局はいずれもリーグ戦。
 上から2つ目のリーグに上がり、相手もだいぶきつくなってきました。
 おまけに、3月・4月はリーグ戦を指す余裕がなく、3ヵ月ぶりの参戦。
 不安だらけで、残留出来れば・・・という感じでした。

 久しぶりの同時5局。
 対振り2局、風車2局、相振り1局とバランスよく・・・?

 もっとも、相振りは予定外で、本当は対振りのはずだったのに・・・というのがこの1局。
 過去の4局はこちらの風車か右玉で、どちらにするか迷っていたら、相手は初手▲6八飛!
 しかも、こちらのネタがばれているので、位を取らせてくれません。
 仕方がないので、3筋の歩を交換後、△3五歩。
 とりあえず位を取りましたが、手損なので、うまくいってないようです。

 本譜は玉を固めることも出来ず、攻めさせられた感じ。
 王手飛車の筋を避けるためとはいえ、100手目△2八竜はなんとも冴えない手。
 103手目▲8三歩がぴったりで、明白な一手負けです。
 ところが・・・111手目、まさかの▲6二角成。
 ここでは▲8三歩とされると、後手玉は詰んでいました。
  1)△同玉は▲9五桂△9四玉▲8四金△同玉▲7四歩以下。
  2)△7一玉は▲8二金△6一玉▲7二金打△5二玉▲6二角成△4一玉▲4二歩以下。

 手番が回ってきたので、すかさず詰まして大逆転勝ち。
 ついていたとしか、言いようがありません。。
 (・・・とはいえ、△5八歩成では△8八飛が明快でした)


 2番目に終わったのは対振りの1局。
 41手目▲4六銀とぶつけた辺り、相手陣はいかにも隙がありそうですが・・・。
 結局、とがめる順が分からず、相手だけが歩を手持ちにし、軽い形。
 それでも69手目▲8六桂が入り、相当難しいはずですが、相手はどんどん攻めてきます。
 94手目△5四香と打たれ、訳が分からなくなりました。
 ▲8五桂は非常手段で、飛車を取らせている間に何とか・・・でしたが、さすがに無理。
 117手目▲6七金のところでは負けを覚悟しましたが、最後のお願い▲8二歩成に、まさかの△同金!
 すかさず▲同角成で相手の投了となりました。
 以下△同金は詰みなので△6一玉ですが、▲7二馬とし、これも△同玉は詰み。
 玉を逃げるしかないですが、△5一玉は▲6二桂成、△5二玉は▲6一角。
 飛車を取りながら詰めろが続くので、後手は手段がありません。


 強豪二人に勝って、望外の連勝。
 これで降級はなくなりました。

 この時点で風車の2局はまだ中盤戦でしたが、対振りのもう1局は優勢から勝勢に。
 ほどなく、勝ちになりました。
 99手目▲4六銀(打)・111手目▲4六銀が、地味ながら会心の一手。
 とはいえ、その前はいろいろと問題が・・・。
 右金が2七に出て行くのは、やはり幸せになれないのでしょう。。


 残った風車の2局のうち、1局は対穴熊。
 玉形は大差でも、こちらの主張はバランスのよさなので、問題ありません。
 68手目△7一角は気づきませんでしたが、自然にと金が出来て、優勢に。
 穴熊相手だと「5三のと金に負けなし」の格言が当てはまらないことが多いですが、この場合は角を封じているので、格言通り。
 85手目▲3三歩と打ち、以下数手で勝ちが確定のはずが・・・。
 操作ミスで、まさかの投了。。
 もったいないことをしました。


 気を取り直して、残りの1局。
 序盤は26手目△3一金が早過ぎで、こちらが失敗しているはず。
 ただ、相手が大事を取っているうちに、3〜4筋に位を取り、主張点を作れました。
 玉とは反対だけに、どこまで活きているか微妙ですが、先手としては少し焦ったようです。
 相手の手に乗ってと金を作り、そのと金を寄せていって、余すことが出来ました。
 4勝目で、昇級決定!
 いろいろありましたが、運を生かせた――ということにしておきましょう。。


 2局目の将棋について、同じチームの方が技巧で検討してくれました。

  100手目位までは先手の方がよく、100手目位で互角になり、110手目位から急激に悪くなってます。

 110手目くらいから悪くなったのは飛車を失ったためなのは分かります。
 ・・・が、100手目くらいまでは先手よしとは、驚きました。
 感覚が違うのか、こちらの対局観が悪いだけなのか・・・。

  100手目△5九馬では
  △8四桂▲4九飛△同金▲8五銀△4七飛▲8六玉△7六歩▲6七銀打△7二金▲8二歩
  △9三桂▲9四銀△8五歩▲9五玉△7七歩成▲8一角△5二飛▲7二角成。

  101手目▲6八銀では、
  ▲5九同飛△同金▲8三歩△7二金▲8二角△6一玉▲9一角成△7九飛
  ▲8八玉△6九飛成▲8一馬△7四銀▲同歩△5二玉▲7二馬。


 これについては未検討。。

 ぴよ将棋など、棋譜分析出来るアプリもあるようなので、試してみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** dg将棋 2017年5月終了の対局 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる