Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** きのう(8日)の南岸低気圧・・・ ***

<<   作成日時 : 2017/01/09 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きのう(8日)の南岸低気圧は予想以上に発達し、甲信地方で大雪になりました。
 9時には1002hPaだった低気圧は21時には988hPaと、12時間で14hPaも発達。
 けさ3時には976hPaまで深まり、きのう3時の1008hPaと比較すると、24時間で32hPaの発達。
 余裕で爆弾低気圧でした。

 ●地上実況天気図       左:1月8日9時   右:1月8日21時

 上で「予想以上に発達」と書きましたが、これはGSMなどのモデルにとっての話。
 KMAのモデルは金曜日(6日)の段階で、低気圧の発達を示していました。
 ただ、このような発達は少数派。
 量を増やすまでには踏み切れなかった――というか、それまで安全目に組み立てていたので、山梨中西部や長野県、岐阜県は下方修正したくらいで・・・。

 それが怪しくなり始めたのは翌土曜日(7日)の未明に入ったGSM。
 オフなのであまり天気図を見ていませんでしたが、前日までよりやや発達。

 ●1月6日21時初期値 36時間・48時間予想図(左:1月8日9時 右:1月8日21時)

 この傾向は土曜日日中〜きのう未明に入ったGSMでも継続。
 オフなのであまり天気図を見ていませんでしたが、低気圧はさらに発達。
 
 ●1月7日21時初期値 12時間・24時間予想図(左:1月8日9時 右:1月8日21時)

 低気圧の発達とともに、GSMが計算する降水量も増加しました。
 下は5日21時初期値から7日21時初期値まで、12時間ごとのGSMの降水量の変化。
 対象時刻は8日9時〜9日9時で、地点は高山・飯田・松本・甲府・河口湖です。


 一番下は実況の降水量で、概ね6日9時初期値以降の値に近くなっています。
 同じ時間帯の降雪量は高山・13cm、飯田・16cm、松本・22cm、甲府・9cm、河口湖・43cm。

 低気圧が発達したことによる、寒気の引き込みの強まり。
 当初予想以上の降水の強まり。
 強い降水で起こった潜熱吸収による地上気温低下。

 これらにより、金曜日の週間予報で組み立てた見解の2〜3倍近くになってしまいました。。
 土日がオフだったので、モデルの変化を十分追えていませんが、前日の段階で舵を切れたのか。
 断面図とあわせ、もう少し検討してみます(GSMでは限界ありますが、とりあえずGSMで・・・)。

  ※ 実況天気図は気象庁、予想天気図は日本気象株式会社のHPから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** きのう(8日)の南岸低気圧・・・ *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる