Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 関東平野部で初雪?(23日深夜〜24日) ***

<<   作成日時 : 2016/11/21 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょうは3連休後、久しぶりの出社でした。
 天気図を見るのは木曜日の朝以来。
 まさか、こんなことになっているとは・・・。

 9時前、Yahoo!のトップにはこんな見出しが・・・。
 そりゃ、もう大騒ぎです。。

    → 23-24日 関東平野部で初雪?

 この記事の見出しは・・・。 

   23日深夜〜24日にかけて、関東平野部で初雪の可能性。都心で降れば11月としては54年ぶり。

 見出しもインパクトありますが、記事中の雨雪分布もかなりインパクトがあります。
 関東地方は平野部を含め、ほとんどのエリアが雪の予想。
 雨が予想されているのは、千葉県と茨城県の一部だけ。

 確かに、GSMの通りに推移すると、こうなります。
 しかも、「初雪の可能性」などという生やさしいものではなく、「積雪の可能性」も・・・。

 下の画像の上段は、23日18時から24日21時までのGSMの気温予想。
 きょう(22日)9時初期値のもので、地点は東京です。
 これを見ると、24日3時から12時まで、975hPaより上はほぼ氷点下。1000hPaは1℃以下。
 降水相は雪の可能性がかなり高く、そのうえ、降水量は15ミリ以上・・・。
 2桁の降雪量になってしまいますが・・・。
 
画像

 一方、画像の下段は同じく9時初期値の東京のGFSの気温予想。
 975hPaは3℃台、1000hPaは5℃台。
 一見して分かるように、GSMと最下層の気温がかなり異なります。
 これなら雨の可能性がかなり高く、悪く見ても、雪が交じるかどうかでしょう。

 GFSとの違いは気温だけではありません。
 降水表現も大きく異なり、GFSはGSMに比べると少なめ。
 特に、関東北部の降水量はGSMよりだいぶ少なめ。
 北部の降水量(=降雪量)が少なければ、関東南部(東京湾以西)への冷気の供給も少ないわけで・・・。
 GFSのような気温減率になることもあり得ます。

 それにしても、モデル間でこれだけ違うと、落とし所を探るのが難しいです。
 特に、休み明けの身だったり、前日の関東平野部がすべて雨予想だったりした日には・・・。
 「当たる週間予報をお願いします」なんて言われても、それは無理!
 「当たる可能性がゼロでない週間予報」くらいしか出来ません。
 はたして、どうなるのでしょうか。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 関東平野部で初雪?(23日深夜〜24日) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる