Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ × 8 (6/20〜21) ***

<<   作成日時 : 2016/07/07 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月22日の長崎、おととい(5日)の奈良・香川については書きましたが、今年初のがまだでした。
 ――ということで、6月20日夜遅く〜21日未明に入った、今年初のキロクアメ
 半月以上経ち、今さらではありますが、あげておきます。。

 まずは、20日18時から21日6時までの1時間ごとのレーダーエコー図――。

画像

 西から進んできた活発な雲が長崎南部〜熊本県内でさらに発達。
 8通ものキロクアメが入りました(長崎×2+熊本×5+宮崎×1)。

-------------------------------------------------------
長崎県記録的短時間大雨情報 第1号
平成28年6月20日22時19分 長崎地方気象台発表

 22時10分長崎県で記録的短時間大雨
 雲仙岳で115ミリ

-------------------------------------------------------
長崎県記録的短時間大雨情報 第2号
平成28年6月20日23時02分 長崎地方気象台発表

 22時30分長崎県で記録的短時間大雨
 南島原市付近で約110ミリ

-------------------------------------------------------
熊本県記録的短時間大雨情報 第1号
平成28年6月20日23時20分 熊本地方気象台発表

 23時熊本県で記録的短時間大雨
 熊本市西区付近で約110ミリ
 宇土市付近で約110ミリ

-------------------------------------------------------
熊本県記録的短時間大雨情報 第2号
平成28年6月20日23時54分 熊本地方気象台発表

 23時30分熊本県で記録的短時間大雨
 宇土市付近で120ミリ以上
 熊本市南区付近で約120ミリ
 宇城市付近で約120ミリ
 熊本市東区付近で約110ミリ
 上天草市付近で約110ミリ
 西原村付近で約110ミリ
 御船町付近で約110ミリ
 嘉島町付近で約110ミリ
 益城町付近で約110ミリ
 甲佐町付近で約110ミリ

-------------------------------------------------------
熊本県記録的短時間大雨情報 第3号
平成28年6月21日00時01分 熊本地方気象台発表

 23時50分熊本県で記録的短時間大雨
 山都町原で115ミリ

-------------------------------------------------------
熊本県記録的短時間大雨情報 第4号
平成28年6月21日00時23分 熊本地方気象台発表

 0時10分熊本県で記録的短時間大雨
 甲佐で139ミリ
 0時熊本県で記録的短時間大雨
 宇城市付近で120ミリ以上
 八代市鏡町付近で120ミリ以上
 甲佐町付近で120ミリ以上
 氷川町付近で120ミリ以上
 熊本市北区付近で約120ミリ
 美里町付近で約120ミリ
 熊本市中央区付近で約110ミリ
 八代市付近で約110ミリ
 大津町付近で約110ミリ
 菊陽町付近で約110ミリ
 南阿蘇村付近で約110ミリ

-------------------------------------------------------
熊本県記録的短時間大雨情報 第5号
平成28年6月21日00時48分 熊本地方気象台発表

 0時30分熊本県で記録的短時間大雨
 熊本市西区付近で約110ミリ
 八代市泉町付近で約110ミリ
 阿蘇市付近で約110ミリ
 高森町付近で約110ミリ
 山都町清和付近で約110ミリ

-------------------------------------------------------
宮崎県記録的短時間大雨情報 第1号
平成28年6月21日03時48分 宮崎地方気象台発表

 3時30分宮崎県で記録的短時間大雨
 綾町付近で120ミリ以上
 小林市付近で約120ミリ

-------------------------------------------------------


 ほとんどが解析雨量ですが、実測値もいくつか含まれていて、熊本の第4号にある甲佐は139ミリ!
 結局、1時間降水量の最大値は150ミリにも達し、全国のアメダスで過去4位の記録になりました。

画像

 九州に猛烈な雨をもたらしたのは、梅雨前線上の小低気圧とその南側の暖湿気。
 下層の風速が強かったため、東シナ海側だけでなく、太平洋側にも強い雨雲が流れ込みました。
 この日だけでなく、6月後半の九州は断続的な強雨が発生。
 鹿児島・熊本を中心に記録的な大雨になりました。

 (ちなみに、AXFE578で北日本に見られる渦は、奥州市に竜巻を発生させる要因になったものです)

 ●地上実況天気図 6月20日21時                ●AXFE578 6月20日21時
画像

 このキロクアメは、昨年9月24日のキロクアメ コウチ以来、約9ヵ月ぶり。
 発表される時期が偏っているとはいえ、ここまで間隔が空くのは珍しいような・・・。
 ただし、どのくらいレアな記録なのか、確信が持てません。。

 その点、台風に関する記録は充実しています。
 今年は台風がなかなか発生しませんでしたが、3日9時にようやく1号が発生。
 台風1号発生が7月にずれ込んだのは3回目で、過去2番目の遅さ。
 ここまでは調べられるにしても、なかなか調べられないのは「無発生期間の長さ」。
 デジタル台風には、そのものズバリ、台風無発生期間ランキングというのがありました。
 1号発生により、4776時間(199日)の1位タイ記録で途切れたそうで・・・。
 惜しかったです。。

 さらに、台風1号リスト(最低気圧昇順)というのも・・・。
 現時点での中心気圧は900hPaで、1号としてはダントツで1位の勢力。

 台風は台湾に向かう可能性が高いですが、日本への直接の影響は限られそう。
 ただし、問題は東側を北上する暖湿流。
 昨夜、変える直前に見た某モデルは、あす日中に宮崎県で時間100ミリの降水を予想していました。
 モデル間のブレは大きそうですが、九州はまた大雨になりそうです。
 あすは5時出社――でしょうか。。


  ※ レーダーエコー図・1時間降水量の記録は気象庁、天気図は北海道放送のHPより引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ × 8 (6/20〜21) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる