Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 北陸、梅雨明け (7/22) ***

<<   作成日時 : 2016/07/22 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 きのうエントリーした記事で触れた、三重・愛知県境付近の強雨可能性。
 結局は時間20ミリ台にとどまり、タイミングも予想より遅く、朝になってからでした。
 三重南部は50ミリを超えた所もありましたが(確認出来たのは渡会町)・・・。

 局地的とはいえ、MSMで計算していた「時間50ミリ以上、3時間約120ミリ」は何だったのか・・・。
 当時のMSMと毎時大気解析を比べると、異なるのは下層循環の位置。
 予想では三重県南部だったのに対し、実況は紀伊半島の南。
 擾乱の位置が違うので、三重・愛知県境付近の下層収束の強さも違ってきた――。
 というのが、「ハインドキャストの前倒し」の振り返り。
 前向きなのか、後ろ向きなのか、ますます分からなくなってきました。。

 でも、これくらいのずれは予想の範囲内。
 きょうの日中に予想できなかったのは、北陸地方の梅雨明け発表。
 このタイミングでの梅雨明けは、まったくノーマークでした。

-----------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する北陸地方気象情報 第2号
平成28年7月22日11時00分 新潟地方気象台発表

(見出し)
 北陸地方は梅雨明けしたと見られます。

(本文)
 北陸地方(新潟県、富山県、石川県、福井県)は、高気圧に覆われて概ね晴れています。向こう一週間も、気圧の谷の影響で雲が広がる日もありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込みです。
 このため、北陸地方は7月22日ごろに梅雨明けしたとみられます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月24日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月25日ごろ

 梅雨期間降水量(6月13日から7月21日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
輪島          232.0  304.5
相川          235.0  236.5
新潟          203.5  251.3
金沢          304.0  337.0
伏木          225.0  323.6
富山          340.0  338.3
高田          252.5  289.3
福井          236.0  321.1
敦賀          200.0  284.1   (以下略)

-----------------------------------------------------------------------

 天気図上に梅雨前線はなく、確かに高気圧に覆われていますが・・・。
 北陸を覆っているのは、梅雨明けでイメージされる太平洋高気圧ではなく、オホーツク海高気圧。
 東海上の寒冷渦の影響で、500hPaは顕著な北西場。
 こういう形での梅雨明けは、けっこう珍しいといえるでしょう。

 ●地上天気図 & AXFE578 (7月22日9時)
画像
                             (画像は北海道放送のHPより引用)

 オホーツク海高気圧で晴れることが多い北陸に対し、ぐずつきやすいのは関東+東北太平洋側。
 向こう一週間も同じような天気傾向で、週間予報(29日まで)を見る限り、梅雨明けは難しそう・・・。

 関東甲信の梅雨明けの平年日は7月21日で、北陸は7月24日。
 当然、北陸のほうが早い年は少なく、それも一週間違うとなると・・・。

 気になるので、気象庁HP掲載の梅雨明け平年日をExcelに貼り付け、セル式を入れ、フィルターをかけ・・・。
 北陸のほうが早かった場合を+、遅かった場合を−とし、降順で並べた結果は以下の通り。

画像

 1951年〜2015年の65年のうち、梅雨明けが特定出来なかった3回(1993年は関東甲信・北陸どちらも。1998年と2009は北陸)をのぞく62回のうち、北陸のほうが早かったのは10回、同じだったのは23回、関東甲信のほうが早かったのは29回。
 同じ日に梅雨明けした年がこれだけ多いとは、意外でした。

 ということで、北陸が関東甲信より早く梅雨明けした記録は、1954年(!)の7日。
 今の週間予報だと、この記録を破る可能性があり、注目です。。

 以下は備忘録――。

 1)気象庁のHPから梅雨明け平年日を貼り付ける。
 2)A列に年、B列に関東甲信の平年日、C列に北陸の平年日を入れ、ほかを削除。
 3)E列に関東甲信の平年日を"yyyy/mm/dd"形式にするためのセル式を入力。
          → =LEFT($A2,4)&"/"&LEFT(B2,1)&"/"&MID(B2,3,2)
 4)F列に北陸の平年日を"yyyy/mm/dd"形式にするためのセル式を入力。
          → =LEFT($A2,4)&"/"&LEFT(C2,1)&"/"&MID(C2,3,2)
 5)G列にE列とF列の差を取るためのセル式を入力。
   (平年日が特定できない年への対策として、if関数を利用)
          → =IF(C2="−",-999,E2-F2)
 6)フィルターを設定し、G列をキーに降順で並べ替え。


 マクロを組むことも考えたのですが、このくらいならセル式で十分でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
*** 上越の記録的大雨(7/26〜27)など ***
 きのうの朝までの3日間の夜勤、前回ほどではなかったものの、なかなかシビアでした。 ...続きを見る
Untidy Bookshelves
2016/07/28 13:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 北陸、梅雨明け (7/22) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる