Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 九州南部〜東海で梅雨明け (7/18) ***

<<   作成日時 : 2016/07/18 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょうの11時過ぎ、相次いでチホウテンコウが入電――。
 九州南部・九州北部・中国・四国・近畿・東海で梅雨明けが発表されました。

 数日晴れの天気の続くエリアが多いとはいえ、実況天気図には長く横たわる梅雨前線・・・。
 ここまで一気に来るとは・・・ちょっと油断(?)していました。

 11時過ぎに入った9時の実況天気図。
 梅雨前線はだいぶ短くなりましたが、九州南部に微妙にかかっています。
 どうせなら、もっと短くすればよいのに・・・。

 ●実況天気図       左:7月18日6時     右:7月18日9時
画像

 この天気図で目をひくのは、東シナ海を北上中の熱帯低気圧。
 前線不明瞭はともかく、熱低が北上している状況で九州梅雨明けなんて、けっこう珍しいかも・・・。
 擾乱としては不明瞭になっても、暖湿気はあさって(20日)には九州に入る予想。
 午後は内陸を中心に対流雲が発生し、強雨をもたらす可能性があります。
 梅雨前線による強雨ではないので、大勢に影響しませんが・・・。

 チホウテンコウの電文に載っていた各地の降水量と平年値。
 6エリアとも梅雨入り・梅雨明けが同じ――ということは、梅雨の期間も同じなわけで・・・。
 下は6月4日〜7月17日の降水量・平年値、およびそれから求めた平年比です。

画像

 濃い青は平年比200%以上、薄い青は平年比150%以上、薄いオレンジは平年比100%以下。
 九州・四国、山陽の値が大きいのが目立ちます。
 九州は平年自体の値が大きいのに、その2倍以上で期間1000ミリ超の地点も・・・。

 ひとまずは、あさっての九州の雨量強度に注目。
 梅雨明け直後とは思えないポイントですね。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 九州南部〜東海で梅雨明け (7/18) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる