Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 謎の天気図 その126 ***

<<   作成日時 : 2016/06/29 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 二日続けてこのシリーズを書くとは、まったくの予想外。。
 ということで、きょう午後、FSAS24(アジア太平洋海上悪天24時間予想図)の再配信がありました。

 最初に配信された天気図はこちら――。
 この天気図自体におかしな表示はありません。

 ●FSAS24 6月29日9時初期値(対象時刻:6月30日9時) 6月29日14時26分頃配信
                              (北海道放送のHPより引用)


 下は再配信された天気図――。
 二枚の天気図の違いは・・・?

 ●FSAS24 6月29日9時初期値(対象時刻:6月30日9時) 6月29日15時20分頃配信
                              (気象庁のHPより引用)


 きのうエントリーした速報天気図より表示要素は多いですが、そんなに難しくありません。
 けっこう目立つ違いですし、画面のほぼ中央ですし・・・。

 正解は10行後に――。









 大陸から日本のはるか東の西経域まで延々とのびる停滞前線――。
 二枚の天気図の違いは、この停滞前線の東シナ海〜九州・四国付近の位置です。

 最初の天気図の前線は、東シナ海では北緯30度ライン付近で、九州と四国の南を通っていました。
 これに対し、再配信の天気図では前線の位置が北に修正され、東シナ海では北緯30度より明らかに北。
 九州南部〜四国沿岸をかすめる形に変わりました。

 再配信の理由は表示上の不体裁ではなく、解析上の問題。
 一時間ほどの間に、いったい何があったのでしょうか?

 それにしても、梅雨前線の雨は予想が難しいです。
 昼頃にかけて広範囲で強雨になっていた九州ですが、夕方以降、エコーは急速に消散。
 直近のMSMもうまく予想出来ていないようで・・・。
 次の強雨のタイミングをどう判断するか、かなり悩ましいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 謎の天気図 その126 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる