Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 釧路南東部の短時間強雨(2006/6/18) 〜10年前の天気図より〜 ***

<<   作成日時 : 2016/06/18 18:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 〜10年前の天気図より〜 の第5弾――。
 ちょうど10年前にあった、釧路南東部の短時間強雨です。

 6月18日夜、釧路地方など北海道東部は大気の状態が不安定となり、激しい雨に見舞われた。中でも釧路南東部には発達した雲が入り続け、浜中町・茶内原野では21時・22時・23時までの1時間降水量がそれぞれ39.5ミリ、51.5ミリ、28ミリを記録、3時間降水量は119ミリに達した。21時30分までの1時間降水量は58ミリと観測史上1位の記録を更新したほか(これまでの記録は35ミリ)、日降水量も138ミリに達し、5月の1位の記録を更新した。また、厚岸町・太田でも21時40分までの1時間降水量が観測史上1位となる38ミリを記録した。

 ・18日の雨の記録(気象庁HPより引用) ・釧路地方の観測ポイント(気象庁HP)



 下の図は18日21時の地上と850hPa天気図、さらにこの時間を対象とした850hPaの予想天気図(JMA/RSM・18日9時初期値の12時間後)である。地上天気図では北海道の南東海上に低気圧が解析されている。
 850hPa天気図を見ると、Lマークはその南の低気圧に対応したものにしか打たれていないが、高度の低い部分(低気圧に相当)が北海道地方にのびている。また、稚内・札幌・秋田・根室の風向は北海道を中心とした低気圧性循環を示している。そして、この図で注目されるのは根室の風が南南東で17ktを観測していることである。
 RSMの850hPa予想図では釧路沖〜知床半島方面に南よりの風と北よりの風のシアが見られるが、いずれも弱く、収束はそれほど大きくない。しかし、根室の観測データからこの周辺の収束量が予想よりも大きく、雨雲の発達しやすい場だったと推測できる。

  6月18日21時・地上天気図         6月18日21時・850hPa天気図

        6月18日21時対象・850hPa予想天気図 


 右は21時の根室のエマグラム。これを見ると930hPa付近に強い逆転層があることが分かる。この時点で根室の風は東よりだったが、道東は全般的に北よりの風で、気温は10度以下の所が多かった。こんなに低い気温でも激しい雨が降りうるのか? ただ、本事例においては地上の気温はまったく参考にならない。問題は逆転層の上の成層状態にあるのだ。
 逆転層の上を見てみると、830hPa〜550hPaでは気温減率が比較的大きく、条件付不安定な気層である。すなわち飽和した空気は上昇していく。そして、気温と露点温度の線が重なっていることから一目で分かるように760hPa付近から下はほぼ全層にわたって湿度100%。飽和している。
 飽和していても持ち上げる仕組みがなければ・・・、と望み(?)をかけてみても、850hPa天気図で見たようにこのエリアでは収束が強い、ということはぶつかった空気は持ち上がっていく。
 下層が湿潤で、条件付不安定で、大気を持ち上げる仕組みがある、とこれだけ条件がそろっているのだから、対流雲が発達するのも当然! と後からは言える・・・・。しかし、収束がもう少し強いと考えても、あのRSMから強雨のシグナルを読み取ることが出来ただろうか。

根室の高層データ(エマグラムとあわせ、ワイオミング大学のHPより)



 HPにあげていたものを転載していた、〜10年前の天気図より〜は今回の第5弾で終わり。
 この後の天気に関するネタは、当ブログにエントリーしたので、HPは未更新のままなのです。
 それにしても、謎の天気図 その124 とか・・・。
 ブログを始めた10年前、こんなことになるとは思っていませんでした。。
 次はどんな10年になっているのでしょう。
 
 ちなみに、一日違いですが、下はきのう(6月17日)更新された6月1位の記録(気象庁HPより引用)。
 (赤で囲ったえりも岬の24・48・72時間降水量は観測史上1位の記録です)
 おとといからきのうにかけて、北海道の太平洋側は広い範囲で大雨になりました。

画像

 きのうの夕方、夕張IC〜むかわ穂別ICは連続雨量が基準値を超え、通行止めに。
 雨による通行止めは、全国で今シーズン初めて(のはず)。

 あす朝からは九州で強雨が予想されています。
 ただ、気象台はそれほど量を出していないようで、府県情報を発表しているのは熊本地方気象台だけ。
 けさの前倒しはかなり増量したのですが、はたして・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
直接関係するかは判りませんが、三陸沖から北海道南方海上の暖水域をどう見るでしょうか。間接的かどうかは判りませんが、1年以上続いていますから、何らかの影響を与えているのではないでしょうか。COPQ1でもCOPQ2でもいいですし、海上保安庁の海洋速報でもいいですが。どうみているか、ご教授くださるとありがたい限りです。
navarea11
2016/06/22 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 釧路南東部の短時間強雨(2006/6/18) 〜10年前の天気図より〜 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる