Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 宇登呂・真冬日!(2006/5/2) 〜10年前の天気図より〜 ***

<<   作成日時 : 2016/05/02 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 〜10年前の天気図より〜 の第3弾――。

 30分ほど前にエントリーした記事で、道東の季節外れの大雪について触れました。
 羅臼の隣の(・・・といっても、山を挟んでいますが・・・)地点の宇登呂も同様。
 4月30日には積雪深が28cmにも達し、この時間もまだ5cmあります。
 それでも、最高気温は7.4℃で、きょうだけで積雪深は12cmも減りました。
 ちょうど10年前に比べれば・・・。

 10年前、2006年5月2日はこんな日でした――。


 2006年5月2日、網走地方東部・宇登呂の最高気温は-0.4度、季節外れの真冬日を記録した。
 5月に入ってからの真冬日がどのくらい珍しいことなのか、よく分からないけれど、初めて見たような気がする(意識していなかっただけという話も)。

 前日、5月1日―――。
 北海道を低気圧が通過、低気圧からのびる寒冷前線が東北地方をゆっくり南下した。前線の南側では晴れたうえに、南の高気圧から前線に向かって暖かい空気が入ったため、気温が上昇、西〜東日本は今年一番の暑さとなった所が多かった。
 気象官署で真夏日となったのは
  甲府     33.4度
  静岡・尾鷲  32.0度
  熊谷     31.4度
  秩父     30.5度
  岐阜     30.3度
  萩・与那国島 30.0度 
の8ヵ所で、東京も29.4まで上がった。

 北日本は朝の冷え込みは弱かったが、全般に曇りや雨で、日中の最高気温は平年を下回った所が多かった。


  1日09時・地上天気図  1日09時・850hPa天気図
画像画像
  1日21時・地上天気図  1日21時・850hPa天気図
画像画像


 下は宇登呂の5月1日の気温変化。
 地上天気図では低気圧や前線の北側だが、850hPaは顕著な暖気移流の場で(根室の1日9時の850hPa気温は3.0度)、夜中から気温は9度台と高く、朝方にかけての最低気温は9時過ぎに観測した 7.5度だった。
 晴れ間が出た10時頃から14時頃にかけては気温が上昇、13:30には最高気温13.2度を記録した。これは平年よりも2度ほど高い気温である。
 気温が急降下したのは16時から17時で、1時間に約5度も下がった。南西風の強まりとタイミングが重なっていることから、風向きは南よりだが、上空では寒気移流が始まっていたと推測される。南西風の吹き出しは21時過ぎまで続き、弱まった後、22時過ぎからは北風に変化した。また、18時過ぎからは降水を観測している。
 この間も気温は下がり続け、20時前には0度台、23時には氷点下になった。21時の根室の850hPa気温は 2.2度と9時から大きな変化はないが、風向きは変わり、寒気移流の場に。稚内は-2.3度と9時より3度ほど下がっていた。


 問題の5月2日、前線は南岸まで下がり、北から高気圧が覆いかぶさる、いかにも寒々しい気圧配置に変わった。
 1日から2日の、各地の850hPa気温は以下の通りで、一気に空気が入れ替わったことが分かる。特に米子や館野では15度前後も急降下した。

----------------------------------
  (1日) 9時 21時 (2日) 9時 21時
 稚内   1.0 -2.2 -9.4 -4.8
 札幌   0.4  0.0 -6.4 -6.6
 根室   3.0  2.2 -3.4 -4.4
 秋田   5.6  3.8 -1.6 -0.4
 仙台   7.0  5.6  5.2 -0.6
 輪島  10.0  9.0  6.6 -3.6
 館野  14.6 16.0 11.0  2.0
 米子  11.6 14.2  4.4 -0.6
 潮岬  12.8 13.4 14.2  8.4
 福岡  11.8 13.6  9.6  6.4
 鹿児島 12.6 14.8 14.2 12.4
----------------------------------

 冷たい空気が流れ込んだうえ、曇りや雨の所が多かったことから、日中の気温は各地で1日を下回った。
 特に、海から冷涼な北東〜北の風がダイレクトに入るエリアで下がり幅が大きく、北海道オホーツク海側、東北太平洋側、関東甲信、北陸〜山陰の日本海側は全般に10度以上低め、所々で15度以上も下回った。


  2日09時・地上天気図  2日09時・850hPa天気図
画像画像
  2日21時・地上天気図  2日21時・850hPa天気図
画像画像

 宇登呂の気温は0:00、0:10の-0.4度から緩やかに下がり、日中は-1度台で経過、3月中旬並みの寒さとなった。数センチの降雪があったものと見られ、16:50 にはこの日の最低気温-1.7度を記録している。
 真冬日を記録したのは宇登呂だけだったが、北海道オホーツク海側は低気圧に近い東部を中心に寒気移流が続き、気温は平年を大幅に下回った。網走の最高気温は3月中旬並みの 1.2度までしか上がらず、最深積雪は3センチ、降雪の深さ合計は5月としては観測史上2位となる6センチに達した(1位は1977年5月3日の18センチ)。


 翌3日、低気圧が遠ざかるとともに寒気移流は少しずつ弱まった。気温は非常にゆっくりしたペースで上がり、12:40、ようやくプラスに転じた。約一日半ぶりのことだった。




 この日の最高気温・-0.4℃は5月の低い記録の1位で、10年経っても破られていません。

        ・宇登呂・観測史上1〜10位の値(5月としての値)

 それにしても、この表を見ると、2013年の5月上旬の極端さが分かります。
 真冬日3回に加え、積雪差月合計・94cm、月最深積雪・57cmはどちらもダントツで5月の1位。
 帯広で積雪深3cmを記録したのは、この年の5月6日だったんですね。
 先月末の類似事例を探している時に指摘されたのですが、すっかり忘れていました。

 5月6日そのものでなくても、こんな記事をエントリーしていたのに・・・。
 しかも、そのままズバリ宇登呂があったとは、呆れるばかりです。。
 
      *** 宇登呂・・・ ***

      *** 札幌で5月としては21年ぶりの雪(2日夜)***

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 宇登呂・真冬日!(2006/5/2) 〜10年前の天気図より〜 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる