Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『空白の天気図』 柳田邦男 (新潮文庫)

<<   作成日時 : 2015/09/17 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 枕崎台風からちょうど70年――。
 原爆投下直後の広島を枕崎台風が襲ったのは、1945年9月17〜18日でした。

 以下は、気象庁HPの災害をもたらした気象事例・枕崎台風からの引用です。

 沖縄付近を北上した台風第16号は、9月17日14時頃鹿児島県枕崎市付近に上陸した。枕崎(鹿児島県枕崎市)で観測された最低海面気圧916.1hPaは、室戸台風の際に室戸岬(高知県室戸市)で観測された911.6hPa(当時の記録として、もっとも低い海面気圧)に次ぐ低い値となった。台風は北東に進み、九州、四国、近畿、北陸、東北地方を通過して三陸沖へ進んだ。
 宮崎県細島(灯台:海上保安庁)で最大風速51.3m/s(最大瞬間風速75.5m/s)、枕崎で40.0m/s(同62.7m/s)、広島で30.2m/s(同45.3m/s)を観測するなど猛烈な風が吹いた。期間降水量も九州、中国地方では200mmを超えたところがあった。
 終戦後間もないことで気象情報も少なかったことや防災体制も十分でなかったため各地で大きな被害が発生した。特に広島県では2,000名を超える死者・行方不明者が出た。


 「広島県では2,000名を超える死者・行方不明者」とありますが、負傷者を加えた数は3066人。
 全国の死傷者・行方不明者の合計は6208人なので、広島だけで半数を占めたことになります。
 なぜこのようなことになったのかに迫ったのが、柳田邦男の『空白の天気図』。

 タイトルの由来となったのは、データが記入されなかったため、文字通り、空白になった天気図。
 枕崎台風による暴風で通信が途絶し、データをプロットすることが出来なかったのです。
 この貴重なの画像は、バイオウェザーのお天気豆知識・終戦と台風に載っています。

 このページには、本書でも出てくる、房総半島に上陸した台風もあります。
    (天気予報が再開された翌日の8月23日未明に房総半島に上陸)
 これはこれでどういう場だったのか、気になりますが・・・。

 8月6日の原爆投下、その翌月の枕崎台風。
 気象台は爆心地から4kmほど離れていたために壊滅しなかったとはいえ、非常に厳しい状況でした。
 そんな中でも「欠測ナシ」で、定時の観測の記録を残す――。沖大東島測候所・呉鎮守府測候所のエピソードもありますが、どんな状況でもやるべきことをやりきる、という素晴らしさを感じました。

 今は当然のことながら、それに比べるとはるかに恵まれた環境です。
 同列に出来ないとはいえ、いろいろ考えさせられることの多い本でした。。

-------------------------------------------------------------------------
序章  死者二千人の謎
第一章 閃光
第二章 欠測ナシ
第三章 昭和二十年九月十七日
第四章 京都大学研究班の遭難
第五章 黒い雨
終章  砂時計の記録
 あとがき   主要参考資料   解説 根本順吉   枕崎台風・もう一つの悲劇 小堺吉光
                       (昭和56年7月25日発行 平成9年2月10日17刷)

-------------------------------------------------------------------------

   ・枕崎台風(Wikipedia)

   ・広島 観測史上1〜10位の値(気象庁HP)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
空白の天気図と言えば、これとは違った意味で「空白の天気図」が存在します。1990年代に発行されていた「月刊 気象」にもありますが、1950年代の中国は気象管制を敷いていたために実は中国全土がまさしく「空白の天気図」と化した時期がありますし、直近で言えば、湾岸戦争のあった1990年代や2000年代がそれに当たるかと思います。色々な意味で「空白の天気図」は世相をそれなりに反映する絵面にもなるわけです。
navarea11
2015/09/18 21:04
情報統制や通信途絶がなく、天気図に観測データが
正常にプロットされるのは、平和なことなんですね。
あまりに当たり前で普段は意識しませんが、
「世相がそれなりに反映する」には同感です。
たかはし
2015/09/19 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
『空白の天気図』 柳田邦男 (新潮文庫) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる