Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 謎の天気図 その111 ***

<<   作成日時 : 2015/08/22 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きのうは11日ぶりの出社。
 たまったメールがあまりに多く、まったく処理し切れません。。
 とりあえず、天気図の訂正再配信が1回あったのはチェック済み。
 その前にやることがあるだろう、というツッコミはごもっともですが・・・。

 訂正があったのは14日朝に配信されたFSAS48(海上悪天48時間予想図)。
 対象時刻は15日21時で、下は最初に配信された天気図です。

 ●FSAS48 8月13日21時初期値(対象時刻:8月15日21時)   8月14日6時7分頃配信

 で、約30分後に再配信された天気図はこちら。
 二枚の天気図の違いは・・・・・?

 ●FSAS48 8月13日21時初期値(対象時刻:8月15日21時)   8月14日6時33分頃配信

 最初の天気図に誤りがあるかどうかは、単独では判断出来ません。
 解析の結果を反映させるため、FSAS48が再配信されたのでしょう。

 








 そんなわけで(?)正解は――。

 日本の南東海上、北緯15度・東経150度付近にある熱帯擾乱・・・。
 最初に配信された天気図では熱帯低気圧(TD)でしたが、再配信されたものでは台風(TS)に変わりました。

 ちなみに、13日21時のASAS(アジア地上解析天気図)では、二つの熱帯じょう乱はいずれもLマーク。
 中心が特定されていない(天気図上、×印がない)低圧部でした。

 ●ASAS 8月13日21時

 次の14日3時のASASでは、東の擾乱は低気圧部のままですが、西の擾乱は熱帯低気圧に変わりました。
 それとともに見逃せない変化は、GW(Gale Warning)がついたこと。
 これは、24時間以内に台風にまで発達する見解になったことを示しています。

 ●ASAS 8月14日3時

 24時間以内に台風になるのだから、15日21時が対象のFSAS48がTS表示になるのは当然のこと。
 これが、「解析の結果を反映させるため、FSAS48が再配信されたのでしょう」の意味です。

 14日3時のASASのGW通り、マリアナ諸島近海の熱帯低気圧は翌日(15日3時)に台風15号に。
 それだけでなく、東にあった熱帯擾乱も同じ時刻に台風16号になりました。
 同時発生がいつ以来なのかまではチェックし切れていませんが・・・。

 台風発生から一週間が経過。
 台風16号は東へそれていきますが、台風15号は・・・そうですか・・・。
 あすからの5連勤、これはさすがに避けられませんね。。


 ※ FSAS48はSunny Spot、ASASは北海道放送のサイトから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 謎の天気図 その111 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる