Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 銚子でもっとも遅い降雪を記録・・・ (4/8) ***

<<   作成日時 : 2015/04/09 02:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 二日続けて、こんな時間になりました。
 二日続けて、帰ってきたのが0時過ぎになったので・・・。
 二日続けて、出社は9時頃だったのに・・・。

 きのう(8日)の出社時は千葉もみぞれでした。
 降水域はおととい(7日)の予想以上に北へ拡大し、想定通りに見逃しました・・・というのは、変ですね。。
 宇都宮でも1998/4/2以来、4月としては17年ぶりとなる積雪2cmを記録。
 銚子では8時過ぎにみぞれを観測し、1888年の統計開始以来、もっとも遅い降雪を記録。
 これまでの最遅は1925/4/6なので、90年ぶりに記録を更新したことになります。

 南海上の前線は陸地から離れていて、前線上の低気圧の発達もなく・・・。
 ただし、上空の流れは西南西で、前線北側の降水域が北に拡大しやすい形ではありました。

 ●地上実況天気図(4月7日21時)                  ●AXFE578(4月7日21時)
画像

 モデルの降水域は、初期値が新しくなるごとに北へ拡大傾向でしたが、もっとも出遅れていたのが気象庁。
 MSMは7日6時初期値から9時初期値、GSMは7日3時初期値から9時初期値大きくベース替わりしました。
 気象台発表の関東甲信地方の8日の天気は、11時発表までは曇りマークだけだったのに対し、17時発表では曇り+雨のマークに変化。
 それでも「雨か雪」としていたのは、東京地方・埼玉県秩父地方と山梨・甲府だけだったような・・・。
 気温からすると、どう考えても雨では済まないのですが・・・。

 上の地上天気図で分かるように、今回は高気圧がかなり「よい感じ」。
 日本海の高気圧からは高圧部が三陸沖へのび、 下層寒気が南下しやすい形だったのです。
 南岸低気圧は冬にも何回か通過しましたが、日本海に低気圧(または低圧部)が存在し、高気圧の北からの張り出しという点では今一つ。それがこの時期にはまるなんて・・・。

 気温は関東平野部にも雪やみぞれを降らすのに十分でしたが、問題は降水強度。
 GSMやMSMの降水域は次第に北へ拡大していたとはいえ、海外モデルほどではなく・・・。
 そんなわけで、踏み切れませんでした。。

 ただ、朝から昼の時点で、大陸で雲がまとまっているのは確認できました。
 9時の実況天気図では広い範囲で降水を観測。
 JMAのASASではなく、KMAのASFEなのは、カラーで分かりやすいから。
 で表示されているのが、降水を観測した地点です。
 上空の流れが西南西ということは、太平洋側だけでなく、日本海側にもかかりますよね。。

 ●地上実況天気図(4月7日9時)
画像

 実際、上空の流れは西南西だったわけですし・・・。
    
 ●上空の風の流れ(4月7日15時)
画像

 以上の理由により、7日夕方の時点でGSMやMSMではなく、KMAやGFSの線でいくべきでした。
 前回情報からの変化が大きすぎるので、舵のきり方は難しいですが・・・。

 それにしても、GSMはなかなか厳しいです。。
 少し前のことになりますが、下は24時間違う初期値の絵を並べたもので、ひとめトラフの位置が違います。

 ●3月30日21時初期値・FXFE504   対象時刻 左:4月1日9時 右:4月1日21時
画像

 ●3月31日21時初期値・FXFE502   対象時刻 左:4月1日9時 右:4月1日21時
画像

 当然、新しいほう(31日21時初期値)のほうが、実況に近く、そしてECMWFやGFS・KMAに近く・・・。
 要は、この時も海外モデルの後追いでした。
 1日先、2日先がこれでは・・・というのが、「なかなか厳しい」の意味なのです。。


  ※ 速報天気図・AXFE578は北海道放送、ASFEは韓国気象庁、
     上空の風の流れの画像はウィスコンシン大学、
     FXFE502・FXFE504は日本気象株式会社のHPより引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!検索していましたら、懐かしいこのブログを見つけま
したので、訪問させていただきました。

先日8日の銚子のミゾレには驚きました!雨だと思ってましたので…。
南岸低気圧の場合、都心では降水中北北西風になることが多いのですが、
8日のときは北東風が吹いていて、低気圧が接近してもなかなか北北西風
に変化しなかったのですが、なぜ北東風のまま降水したのでしょうか?
北北西風に変化すればまだ気温低下したかもしれません。湿度が90%台
でしたので、あまり大きく下がりはしなかったかもしれませんが…。
銚子で雨ではなくミゾレが降ったのは強い北東風と鹿島灘の水温も関係
していたのでしょうか?
金星
2015/04/19 09:46
金星さん、この件、コメントしていなくてすみません。
ちょうど一年ということで、ちょっとだけ振り返ってみました。

まず、風向についてですが、低気圧があまり発達せず、
陸地から離れて東進したことが大きいと思います。
等圧線が東西に走っていることから推測されるように、
東よりの風が卓越しやすい形だったので、
都心周辺は北北西まで変わり切らなかったのではないでしょうか。
銚子のみぞれは難しいですね。
気温は4℃前後、露点温度は3℃前後とそれほど低くなく、
福島県沖の海面水温は平年より低いとはいえ、10℃前後。
鹿島灘は12〜15℃あり、ふつうに考えると雨になりそうな感じ。
原因は海面水温以外に求めたほうがよいと思います。
それが何かが分からないのですが・・・。
たかはし
2016/04/08 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 銚子でもっとも遅い降雪を記録・・・ (4/8) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる