Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 濃霧により、高松道など広範囲で通行止め (3/17) ***

<<   作成日時 : 2015/03/18 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 きのう(17日)の午前中は、四国や瀬戸内海などで濃霧が発生。
 高松自動車道などで霧による通行止めとなりました。
 これほど大規模な通行止めは初めて見たような気がします(画像はJARTICのサイトより)。

画像

 下は読売新聞の記事からの引用――。

----------------------------------------------------------------------------------
霧に浮く明石海峡大橋…高松道など一時通行止め
                                   2015年03月17日

 17日未明から早朝にかけて、近畿、四国地方に霧が発生し、西日本の広い範囲で濃霧注意報が発令された。交通にも影響が出た。

 霧による視界不良のため、午前7時45分から高松自動車道、同8時30分からは徳島自動車道の各一部区間が、正午過ぎまで通行止めに。兵庫県の明石海峡大橋では、橋げたが霧に浮かぶ幻想的な光景が見られた。

 大阪管区気象台によると、前日までの雨で湿度が上昇。その後の放射冷却現象で、地上の湿った空気が冷やされ、霧に変わったという。

 この日は、堺市で同11時前に17・5度、京都府舞鶴市で18・6度を記録するなど、午前中に、4月上旬から下旬並みの気温を観測する暖かさとなった。

----------------------------------------------------------------------------------

 ちなみに、「徳島自動車道の一部区間」は鳴門JCT〜徳島IC間。
 先週土曜日(14日)に開通したばかりですが、開通4日目で早くも通行止めになってしまいました。

 この記事では高松自動車道の通行止めが「午前7時45分から」になっていますが、ちょっと不正確。
 確かにこの時刻に通行止めになった区間もありましたが、実際はかなり早い時間から止まっていました。
 以下は四国新聞の記事からの引用です。

----------------------------------------------------------------------------------
濃霧で県内交通機関乱れ/高松道一部通行止め
                                   2015/03/17 10:00

 16日の香川県内は、明け方まで降った雨で湿った空気に覆われ、風も弱かったことから朝から断続的に濃い霧が発生。午前中に高松空港を発着する空の便が乱れたほか、夜には高松自動車道が広い範囲で通行止めとなるなどの影響が出た。

 高松地方気象台によると、この日は14日からの雨で大気中の湿度が高く、風も弱かったところに放射冷却現象で急激に気温が下がり、霧が発生。日没後も気温が低下し、再び霧に覆われ、朝と夜にそれぞれ濃霧注意報を発令した。県内では春から初夏にかけて霧が発生しやすくなるが、これほど霧が濃くなるのは珍しいという。

 この影響で、高松空港は午前7時35分高松行きなど午前中の東京便4便が欠航。東京便2便が最大約1時間55分遅れ、計約1千人の足が乱れた。

 高松道は視界が50メートル以下になったとして、午後10時45分に高松中央−大野原インターチェンジ(IC)間が通行止めとなり、17日午前0時10分には津田東−大野原IC間まで拡大。高松−神戸間のジャンボフェリーも同0時10分高松着が遅れた。

 同気象台は17日朝も濃霧が予想されることから、注意を呼び掛けている。

----------------------------------------------------------------------------------

 ・・・ということで、通行止めが始まったのは、16日22時45分のようです。

 下は通行止めが解除される少し前、11時前の日照の様子。
 香川県で全地点日照ゼロとなっているほか、瀬戸内海に沿うように日照ゼロのエリアが広がっています。

画像

 当然、このエリアでは気温も上がらず、10℃以下。
 放射霧は日中、気温が上がると解消するのが一般的ですが、今回は霧が濃かったために気温が上がらず、露点差が小さい状態が継続して霧が取れない――ということで、かなり長引きました。

画像

 同じ時刻(17日11時)の可視画像では、瀬戸内海に白く写っているのが霧。

画像

 赤外画像ではほとんど判別出来ません。
 教科書で使えるくらいの違いです。。

画像

 濃霧の発生要因は、引用した二つの記事にあるように、雨で高くなった湿度+放射冷却による気温低下+弱い風
と言えそうですが、調べるとけっこう深そうな・・・。

  ・備讃瀬戸周辺の濃霧の発生プロセス〜 2006年3月11日の事例〜
  ・瀬戸内海の海霧ハンドブック
  ・瀬戸内海の気象と海象

 ちょっと量が多いのですが、読んでみます。。

 ●3月17日の海水温 (画像は海上保安庁のHPから引用)

画像



 ※ アメダス・衛星画像は気象庁のHPから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この時期、瀬戸内海の海面水温は意外に低いんだな。と思われるかも知れません。瀬戸内海東側で8-11度、西部でも9-10度ですから、気温や風などの条件が揃えば、濃霧になるのも決して珍しい事ではないのかも知れません。
navarea11
2015/03/22 09:32
返信遅くなり、すみません。
また、衛星画像、ありがとうございました。
ご指摘の通り、瀬戸内海の水温は意外と低いんですね。
当日の画像(もとは海上保安庁)を本文中に追加しました。
西日本は昨夜間も所々で霧が発生していますが、
幸い、17日のような規模にはならなかったようです。
霧についてはよく分からないことが多く、
あらためて勉強しないと・・・と思う今日この頃です。
たかはし
2015/03/30 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 濃霧により、高松道など広範囲で通行止め (3/17) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる