Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 大雪山系・旭岳で初冠雪 (9/16) ***

<<   作成日時 : 2014/09/18 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 下はおととい(16日)12時の地上天気図と9時のAXFE578。
 サハリン南部の低気圧からのびる寒冷前線性シアが、北海道を通過中でした。
 AXFE578で850hPaの等温線が北へ盛り上がっていることから分かるように、下層気温はまだ高め。
 標高2000メートル級の山でも、雪に変わるのは夜になってからだと思っていたのですが・・・。

 ●地上実況天気図 9月16日12時                 ●AXFE578 9月16日9時
画像

 14時前に、キセツ アサヒカワが入電。
 旭岳の初冠雪でした・・・。

------------------------------------------------------------
キセツ アサヒカワ 

ハツカンセツ 47407 40916 ハヤシ09 ハヤシ03」アサヒダケ=

------------------------------------------------------------

 このライブカメラの画像でもはっきり・・・。
 10時にはまったく雪がなかったのに、雲が取れた14時には雪に覆われた姿が現われました。
 (このサイト、7日間しか見られないので、この日の画像が見られるのは23日までです)

 以下は、朝日新聞の記事からの引用――。

------------------------------------------------------------------------------------
北海道・大雪山系の旭岳で初冠雪 平年より9日早く
渡辺康人 2014年9月16日21時30分

 北海道・大雪山系の旭岳(2291メートル)で16日、初冠雪が観測された。旭川地方気象台によると平年より9日、昨年より3日早い。今季の冠雪の観測は全国で初。気圧の谷の影響で、10月中旬並みの寒気が入り込んだという。旭岳で観測史上最も早かった初冠雪日は1925年の9月6日。

 同じ大雪山系の黒岳(1984メートル)の山頂付近でもこの日、初めて雪が降った。黒岳でロープウエーを運行する「りんゆう観光」によると、午後1時ごろから降り始め、夕方までに3センチほど積もった。りんゆう観光の測定によると、気温は零下1度。すでに紅葉が山頂から7合目まで進み、ナナカマドやオガラバナなどが赤や黄色に色づいている。(渡辺康人)

------------------------------------------------------------------------------------

 稚内の16日9時の指定気圧面の気温は以下の通り。

    900hPa:10.0℃(10.4)  850hPa: 5.6℃ (7.8)  800hPa: 1.8℃ (5.0)
    700hPa: -3.2℃(-0.3)  600hPa:-11.3℃(-6.9) 500hPa:-20.6℃(-15.4)

 カッコ内は平年の値で、900hPaは平年並みですが、上空へいくほど平年より低めになっています。
 10月中旬並みの寒気というのは下層ではなく、、おそらく500hPa付近の気温を指しているのでしょう。
 ちなみに、500hPaの-20.6℃は10月6日頃の気温で、次第に強い寒気が入っていたので、「10月中旬並みの寒気」という表現にしたと考えられます。
 
 モデルの予想でも500hPaの寒気が日中から強いのは、把握していました。
 それでも、下層寒気が強まるのは夕方からなので、初冠雪は17日朝以降だと考えていたのです。
 ただ、下層に比較して上空の寒気が強いということは、それだけ大気の状態が不安定なわけで・・・。
 降水の強まりによる降水相の変化を考えなければいけなかったのでしょう。
 読みが甘かったです。。

 ●9月16日9時初期値GSMの気温予測(旭川)

 下は、16日のレーダーエコー図を並べたもの。
 この日の未明には西海上に強めのエコーが現れていて、昼前に日本海側の地方〜南西部を通過。
 強い所では時間10〜20ミリ前後の雨が降りました。
 旭川でも、短時間ながらピークには時間5〜10ミリ前後の雨。
 旭岳の降水量は分かりませんが、この降水が強まったタイミングで、雪になったようです。

 ●レーダーエコー図       左:9月16日1時〜4時     右:9月16日5時〜8時
画像

 ●レーダーエコー図       左:9月16日9時〜12時     右:9月16日13時〜16時
画像

 ●レーダーエコー図       左:9月16日17時〜20時     右:9月16日21時〜24時
画像

 確かに降水が強かったとはいえ、初冠雪にしては下層気温が高いのでは・・・?
 ということで、去年の初冠雪の事例をちょっと調べてみました。

 昨年の旭岳の初冠雪は9月19日で、下の記事によると、前日夜に降水が観測されたとのこと。
 層雲峡など周辺アメダスの降水量を見たところ、実際に降ったのは18日夕方〜夜のはじめ頃。
 降水量は1〜2ミリ程度と、今回の事例よりは弱めでした。

------------------------------------------------------------------------------------
北海道の大雪山(旭岳)で初冠雪を観測
2013年9月19日 8時48分

冬の便りが届きました。今朝、旭川地方気象台から北海道の大雪山系旭岳の初冠雪を観測しました。平年より6日早く、昨年より25日も早い観測です。
「初冠雪」とは山の中腹から山頂で雪が積もり、ふもとの気象台や観測所から初めて見えたときを言います。この秋、全国の気象官署で初めての「初冠雪」の観測です。

下の写真は今朝9時の旭岳の様子です。山頂付近が白くなっていて、積雪しているのが分かります。
近くのアメダス「層雲峡」では昨日夜に降水が観測されています。

旭岳周辺では、徐々に紅葉が始まっているとのことです。
全国の紅葉はこの北海道大雪山から始まり、南へ下っていきます。

残暑が続いていましたが、いよいよ本格的な秋が北からやってきます。
                  (2013年9月19日 8時48分)

------------------------------------------------------------------------------------

 稚内の昨年9月18日21時の指定気圧面の気温は以下の通り(カッコ内は平年値)。
 今年の16日9時と比較すると、上空だけでなく、下層の気温も十分低いのが、違っている点です。

    900hPa: 7.4℃(10.1)  850hPa: 3.0℃ (7.4)  800hPa:-1.6℃ (4.7)
    700hPa: -4.8℃(-0.8)  600hPa:-11.6℃(-7.4) 500hPa:-21.4℃(-16.2)

 GSMの予測でも800hPaは0℃以下で、これなら2000メートル級の山は十分、雪になります。

 ●2013年9月18日9時初期値GSMの気温予測(旭川)


 旭岳に続き、きのう(17日)は利尻山でも初冠雪となりました。
 平年より半月、昨年に比べると1ヵ月近くも早め。
 そんなに急がなくても・・・!?

------------------------------------------------------------
キセツ ワツカナイ 

ハツカンセツ 47401 40917 ハヤシ16 ハヤシ27」リシリザン=

------------------------------------------------------------

 雪氷期のオペレーション開始まで、1ヵ月を切ってしまいました。
 その前に気になるのは、きょう3時に発生した台風16号。
 昨夜21時初期値のGSMのようになればよいのですが、その可能性は1パーセントもなさそうです。。



  ※ 天気図は北海道放送、レーダーエコー図は「川の防災情報」のサイトから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 大雪山系・旭岳で初冠雪 (9/16) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる