Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ オビヒロ (9/9) ***

<<   作成日時 : 2014/09/10 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 きのう(9日)は夜勤で18時出社。
 北海道をのぞいてほぼ平穏でしたが、その北海道が問題でした。

 上空の寒気トラフの影響で、7日頃から広範囲でにわか雨や雷雨が起こる不安定な天気。
 きのうも未明から・・・というより、おととい夜遅くから十勝の沿岸部には強いエコーがかかり続けていました。
 エコーが海上からのびていることから推測されるように、下層は南東の風が卓越。
 一方で、地上は北〜北東の風が卓越。
 この上に南東の湿った空気が乗り上げ、沿岸部で対流雲が発達していたものと思われます。
 アメダス大津では、明け方に時間40ミリ以上の激しい雨を観測。

 ●レーダーエコー図       左:9月9日1時〜4時       右:9月9日5時〜8時
画像
 
 日中になると、地上風は北東〜東北東にそろうような形に変化。
 地上風収束域の変化とも関連しているのかもしれませんが、エコーは徐々に西へ移動しました。

 ●レーダーエコー図       左:9月9日9時〜12時      右:9月9日13時〜16時
画像

 この間、キロクアメ オビヒロが入電。
 対象は、大津より西に位置する大樹町でした。

-------------------------------------------
十勝地方記録的短時間大雨情報 第1号
平成26年9月9日09時52分 帯広測候所発表

 9時30分北海道で記録的短時間大雨
 大樹町東部付近で約110ミリ

-------------------------------------------

 まさか、解析雨量とはいえ、キロクアメが出るとは思いませんでした。
 実測でも、大津は観測史上1位となる10分間降水量を記録(13ミリ)。
 時間降水量は観測史上2位の44ミリ。
 日降水量は9月として7位となる99ミリに達しました(気象庁HP)。

画像

 9月の大津(十勝)でこれだけ雨量が多くなるのは、台風絡みだろう・・・ということで、日降水量が10位以内に入った事例について、デジタル台風で調べてみました。

■第1位 (1998/9/16) 139ミリ
 1998年台風5号が関東〜東北太平洋沿岸を北上し、道東で温低化。期待通りのコースです。

画像

■第2位 (1986/9/4) 129ミリ
 1986年台風5号は、台風としては短命でしたが、熱低に変わった後、関東〜東北太平洋沿岸を北上。
 北海道の南で温低化しました。

画像

■第3位 (2007/9/7) 115ミリ
 2007年の台風9号は関東から東北を突っ切り、北海道日本海側で温低化しました。

画像

■第4位 (2005/9/7) 109.5ミリ
 2005年の台風15号は九州付近から日本海へ進み、台風のまま、北海道日本海側〜宗谷海峡を通過。

画像


■第5位 (2013/9/16) 100ミリ
 去年の台風18号は東日本を横切り、北海道の南で温低化。
画像


■第6位 (1992/9/11) 96ミリ
 1992年の17号は、関東の東〜三陸沖をほぼ真北へ進み、北海道のすぐ東を通過。
画像

 コースに違いはあるものの、大津(十勝)での9月の大雨は、台風(or台風から変わった温帯低気圧)が絡んでいると考えてよいでしょう。
 しかし、9月の第7位となったきのうの事例は、これらの事例とは明らかに違います。

 ●地上実況天気図 9月9日9時                    ●AXFE578 9月9日9時
画像

 台風はあるものの、伊豆諸島の南を通過した後、北東進中。北海道に近づくコースではありません。
 大津に強雨をもたらしたのは、南東からの暖湿気と上空の寒気トラフ。
 沿海州の寒冷渦から津軽海峡付近にのびる正渦域が関連していたのかもしれません。
 衛星画像では、この正渦域に対応するように、上中層雲域が反時計回りに北海道付近を通過するのが確認できます。

 ものはついでなので(?)、第8位以下も・・・。

■第8位 (2001/9/11) 89ミリ
 第5位を記録した、去年の台風18号のコースに類似しています。

画像

■第9位 (1985/9/7) 86ミリ
 きのうの事例をのぞくと、ここで初めて、まったく関係ないのが現われました。
 それでも、台風自体は存在しているので、図を示すことは出来ます(1985年15号)。。

画像

■第10位 (1985/9/1) 74ミリ
 1985年の台風13号は、九州付近から日本海へ抜け、北海道の南岸を進みながら温低化しました。

画像

 そんなわけで、かなり長くなりましたが――。
 この季節、寒気トラフ絡みでここまで降水量が多くなるのは、珍しいようです。

 ちなみに、十勝の雨は夜になると弱まりましたが、代わって胆振地方が・・・。

 ●レーダーエコー図       左:9月9日17時〜20時      右:9月9日21時〜24時
画像

 白老付近に強いエコーが張りつき、キロクアメ ムロランが何回も入電しました。
 昼前にはついに、ゼンコクジヨウホウ発表。
 これについては、また後ほど。。


  ※ レーダーエコー図は「川の防災情報」、天気図は北海道放送、
     大津の9月の記録は気象庁のHPから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
*** 備忘録的に・・・北海道の暖候期の顕著事例(2011-2015) ***
 三日続いた夜勤はけさで終了。  臨時報があったのは初日だけで、二日目・三日目は何事もなく・・・。  年に数日あるかどうかという、穏やかな夜勤でした。 ...続きを見る
Untidy Bookshelves
2016/06/02 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ オビヒロ (9/9) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる