Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 第11回詰将棋解答選手権 一般戦 ***

<<   作成日時 : 2014/04/12 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょうは詰将棋解答選手権の一般戦でした。

 3月末に参加したチャンピオン戦の記事では、次のように書いていましたが・・・。

  その前に、再来週末は一般戦――。
  チャンピオン戦に比べれば・・・ですが、第1Rの第1問・第2問が解けなかったのが引っかかります。
  まずは、『光速の詰将棋』を引き続き――。
  帰りの電車で10問ほど解いたので、残り40問弱。
  何とか解き終えて、一般戦を迎えたいです。


 結局、『光速の詰将棋』は1問だけ解けないのが残り、区切りをつけることができませんでした。
 それでも、行きの電車で最初の40問を解き直し、それなりの感触を得たのですが・・・。

 一般戦は15手以内の作品6題で、制限時間は60分。
 チャンピオン戦の90分×2(それぞれ6題・4題)に比べるとだいぶ短く感じます。
 もっとも、一般戦で入賞するには全題正解が前提で、あとは時間の勝負。
 私も目標は40分以内でしたが、そんなに甘くはありませんでした。

 いつもなら、最初の10分で2,3問解けるのに、今年は@しか解けず・・・。
 正確には、Aも解いたつもりでいたら、詰む筋が複数あるように見えてきて・・・。
 もちろん、そんなはずはなく、読みが思いっきりすっぽ抜けていました。
 読み直してみると、今度は詰む筋がまったく見えなくなり、仕方がないのでBへ――。
 最初は9手で詰ましていましたが、こんな手順のはずがありません。
 またもや勝手読みをしていて、読み直すとそれらしい手順は7手詰でした。
 C〜Eは一通りみたものの、筋がつかめないまま、30分が経過。
 2問しか解けていないのは、これまででもっとも遅いペースで、ちょっと焦りました。

 次の解けたのはE。かなり変化を飛ばしましたが・・・。
 あとで解説を聞くと、紛れもいろいろ面白いのがありました。
 楽しむ余裕がなかったのは、残念です。。

 Dは6九から打つのをなんとか発見。
 玉方の応手もそれっぽいのを見つけることができ、先へ進めました。
 限定合からきれいな収束で、たぶん大丈夫。
 あとで解説を聞くと、合駒制限と思っていた玉方の歩が余詰消しの意味もあったとは・・・。
 そこまで読めず、残念です。。

 残り10分の声がかかり、解けたのは4問だけ。
 Cは未だに筋が見えないので、7手詰と思われるAに絞ることにしました。
 手は限られているのですが、堂々巡りを続け、残り5分でようやく発見!
 見つけづらいとはいえ、7手詰にこんなにかかるようでは・・・。
 結局、Cが解けないまま、時間終了――。

 結果は、5問正解で、東京会場の中では6位タイでした。
 全問正解は3人だけで、例年より難しかったかもしれません。
 一般戦は6回目の参加ですが、時間を使い切ったのも初めてですし・・・。
 個人的には、全問正解が3年連続で途切れたのが残念。
 でも、30分で2問しか解けていなかったので、「自己ワーストにならなくてよかった」というしかありません。
 来年は再び全問正解できるように・・・。
 その前に、『光速の詰将棋』の第113問ですね。

 あすは太陽研の例会。
 しばらく詰将棋ばかりだったので、感覚がおかしくなっているかも・・・。
 駒を捨てすぎないように気をつけます。。

<4月14日追記>
 「詰将棋解答選手権 速報ブログ」に一般戦の問題が載りましたので、リンクを張っておきます。

          → こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 第11回詰将棋解答選手権 一般戦 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる