Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 謎の天気図 その77 ***

<<   作成日時 : 2014/02/21 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一週間前、navarea11さんから頂いたネタです。

 この日(2月14日)は155時対象のFBJP(国内悪天予想図)で、訂正再配信があったとのこと。
 ふだんあまり見ていない天気図で、再配信があったことはnavarea11さんからの情報で知りました。
 (訂正前・訂正後の画像は、navarea11さんからいただいたものを利用)
 
 下は最初に配信された天気図。
 これだけでは訂正すべき箇所がまるで分かりませんので、気にせず、先へお進みください。。

 ●FBJP 予報対象時刻(2月14日15時)   訂正前
画像

 再配信された天気図はこちら。
 訂正箇所は・・・左上にCOR(RMKH,I)の表示があるので、分かりやすいです。

 ●FBJP 予報対象時刻(2月14日15時)   訂正後
画像

 訂正箇所は分かりやすくても、読み方を知らないと・・・。

 COR(RMKH)の対象は、南海上に広がる青い点線・・・の台湾の北西部分。
 最初は点線を挟んで上が0℃、下が100の表示だったのに、再配信のものは上が100、下が0℃に変わりました。

 その前にこれが何を表すかと言うと・・・・・・Yahoo!知恵袋にありました。

   0℃ 50 の線 … 高度5,000フィートでの0℃の等温線
   0℃ 100 の線 … 高度10,000フィートでの0℃の等温線

   を、それぞれ表しています。着氷の可能性のあるエリアの目安です。


 着氷可能性エリアの目安を示しているのは分かったとして、なぜ訂正する必要があったのか・・・。
 すぐに理由は分かりませんでしたが、ここでの注目すべき(?)は、0℃/100の点線が台湾の東〜南を通り、北西に回りこんでいること。
 ひょっとすると、0℃は青い点線の寒気側、高度は暖気側に書くというルール(!?)があるのかもしれません。
 上が0℃、下が100というのは一見自然でも、台湾の北西海上では青い点線の上が暖気側、下が寒気側なので、「0℃は寒気側・高度は暖気側」のルールに反するため、訂正したものと考えられます。

 もう1ヵ所、COR(RMKI)の対象は、東日本太平洋側の雲域についているIcingの高度。
 マークの右の数字を比較すると、最初は230/30でしたが、再配信のものは210/30に変わりました。
 これは上限高度が23000ftからが21000ftとなったことを表しています。
 考えてみると、23000ftでは、雲の上限である21000ftを超えるわけで・・・。
 ほかの雲に関する記述を見ても、Turb・Icingの上限・下限は雲の上限・下限の範囲に収まっています。
 初めの23000ftというのは、南海上の雲域Eと混同した結果なのかもしれません。

 このシリーズの文章は基本的に定型っぽいのですが、FBJPは慣れていないので時間がかかります。
 ちなみに、FBJPをとりあげるのは*** 謎の天気図 その77 ***の時以来。
 対象の天気図は2013年1月13日9時・・・って、この日付はあの南岸低気圧の一日前。
 単なる偶然に過ぎませんが、出来すぎている感じもします。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 謎の天気図 その77 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる