Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 謎の天気図 その74 ***

<<   作成日時 : 2013/11/07 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 きのう(6日)の朝、FSAS24(アジア地上24時間予想天気図)の再配信がありました。

 下は最初に配信された天気図。
 間違いがある、というわけではありませんが・・・。

 ●FSAS24(5日21時初期値)  4時23分頃配信 (日本気象株式会社のHPからの引用)

 再配信した天気図はこちら。
 2枚の天気図の違いは・・・?

 ●FSAS24(5日21時初期値)  4時35分頃配信 (北海道放送のHPからの引用)

 正解は・・・。

 台風30号に関するコメントの位置――。

 最初に配信された天気図はコメントが一部欠けていて、中心気圧が分かりません。

 これに対し、再配信された天気図はコメントがすべて入り、955hPaと読み取れます。

 この天気図の予想対象時刻は6日21時。
 台風の中心気圧が実際にどうだったというと、920hPa!
 予想より発達し、気圧は予想を35hPaも下回りました。
 
 台風はその後も発達し、きょう3時には905hPaに。
 そして、先ほど21時の中心気圧は895hPa!
 ついに900hPaを切りました。

 台風の中心気圧が900hPaを切ったのは、2010年13号以来のこと。
 この台風、最盛期には885hPaまで気圧が下がっていたんですね。
 ほとんど覚えていないのですが、どうしたものでしょうか。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

”諏訪豪雨 8/15”でググってこちらのブログにたどりつきました。

はずかしながら私は実務経験のない気象予報士ですが、今年の諏訪湖花火大会、見に行っていたんです。そしてあの豪雨の洗礼をもろに受けました。

仮にも気象予報士の肩書を持ちながら、あの豪雨の真っただ中に身を置いてしまった自分に
当時はただただ情けなさばかりでした。

当日の実況解説をネットで探してもなかなか見つかりません。
自分でも解析しなおそうかと思いつつもほうったらかしになっていたところへ、
こちらの記事にたどりついたわけです。

今後も勉強させていただきます。
sekky
2013/11/08 22:25
コメントありがとうございます。
また、返信が遅れ、すみません。

あの諏訪の豪雨は予測がかなり難しい事例でした。
記事の中で推定される要因を書きましたが、どこまで妥当なのか。
また、同じような状況になった時、どこまで危険を伝えられるのか。
豪雨に限らず、ほかの現象についても課題がなくなることはありません。

とりとめのない文章になることも少なくなく、
勉強の題材としてふさわしいかどうかは分かりませんが、
今後もよろしくお願いします。
たかはし
2013/11/16 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 謎の天気図 その74 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる