Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本海の気象と降雪』 二宮洸三 (成山道書店)

<<   作成日時 : 2013/10/15 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あす16日から、北海道を対象とした雪氷期のオペレーションが開始――。
 そんなわけで、この本を読んで復習しています。
 発行されたのは5年前ですが、買ったのは去年で、通して読んだのは今回が初めて。。
 メインテーマの前に、第3章までで予備知識の説明があり、この点でも復習になりました。

----------------------------------------------------------
 まえがき
第1章 地球の大気と海洋
第2章 大気の流れと擾乱
第3章 水蒸気と降水
第4章 降雪と積雪
第5章 冬の季節風と寒気吹出
第6章 日本海上の気団変質と降雪
第7章 気団変質と雪雲
第8章 豪雪と社会
第9章 豪雪の発現状況
第10章 降雪と冬季の気象予測
第11章 気候温暖化と日本海の冬の気候
              (平成20年10月28日 初版発行)

----------------------------------------------------------

 冬を前に雪の復習を出来たのはよかったのですが・・・誤植多過ぎ!
 ぱっと目についただけでも――。

 さて、私達は、地球上の接平面を地面として扱うから、地面の回転の角速度は自転角速度とは同一ではない(図2・2B)。その地点Pの経度をαとすれば、地面の角速度ωは、
   ω=Ωsinα
となる。Ωは地球自転の角速度である。(P19-20)


 αは緯度ですね。。

 41ページの図。
 観測された気温と乾燥断熱線・湿潤断熱線の減率から、安定度を説明する図ですが・・・。

画像

 一番右のCはよいとして、AとBが・・・。
 「観測された気温」のスペースがなくて、「観」と略すつもりが誤って「乾」となったのかも・・・。

 例えば2006年1月15日09時に雪尺の雪を除いて(リセットする)16日09時まで放置してから計った雪の深さを、(センチメートル単位で表示)15日09時〜16日19時の日降雪深(量)と定義する(図4・2)。(P60)

 なぜ、16日19時? 当然、正しくは16日09時です。

 68ページの地上低気圧。オホーツク海の中心気圧が・・・。
 まさか、こんなところで謎の天気図に出くわすとは思いませんでした。

画像

 オホーツク海の低気圧の中心気圧が・・・。
 これでは気圧の高いほうの記録になってしまいます。。

 6日12時には、寒冷低気圧(〜4980m)の中心は〜100度N、110度Eに位置し、トラフは〜110度Eにある。そして、その東側〜120度Eに〜1024ヘクトパスカルの低気圧が発生している。
 7日12時には、寒冷低気圧は〜55度N、120度Eに進み、トラフは朝鮮半島(〜130度E)にまで東進し、低気圧は日本海上(〜133度E)で1006ヘクトパスカルにまで発達した。(P83)


 いやいや、100度Nって・・・。
 7日12時の天気図も、低気圧の中心気圧が・・・。
 本文は1006ヘクトパスカルですが、天気図では1000ヘクトパスカルの閉じた等圧線があります。

画像


 "収束雲"は日本海沿岸に大きな降雪をもたらすこともある。これについては7・4節で議論する。(中略)
 この渦は、全低気圧の通過後に発生する寒気内小低気圧(7・5節)にともなって発現している。(P122)


 「全」ではなく、「前」なのでは? というのはともかく・・・。
 実際の7・4節は「雪雲の内部構造」。日本海収束帯は7・5節、寒気内小低気圧は7.6節でした。

 まだありますが、時間があるときに・・・。

 Amazonのレビューには

   私が気がついただけで、数式の間違い、誤字、脱字、誤植、仮名遣いのまちがいが、
   計31カ所見つかりました(例えば「合計値」が「含計値」、「Bの点」が「Bの円」)。


とあります。この2つはどちらも気づきませんでした。
 それにしても31箇所とは・・・まだまだ道半ばです。。

 それより問題なのは、台風26号。
 抜けた後の寒気はともかく、三陸沖を台風が北上するあたりから、北海道は微妙な気温になります。
 雨・風だけでなく、北海道の峠は降雪量も問題になりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『日本海の気象と降雪』 二宮洸三 (成山道書店) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる