Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ マツヤマ + タカマツ + ギフ × 8 + ナゴヤ (9/4) ***

<<   作成日時 : 2013/09/05 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きのう更新出来ればよかったのですが、力尽きてしまったので・・・。
 おとといアップした記事の続きです。

 台風17号はきのう(4日)3時に指宿市付近に上陸。
 6時頃かと思っていましたが、予想よりだいぶ早め。
 GSMよりMSMのほうが妥当でした・・・というか、GSMがひど過ぎます。

 下は気象庁発表の3日21時時初期値の予想天気図で、FSAS24とFSAS48。
 2枚の対象時刻は24時間違うのですが、台風の位置はほとんど変わっていません。
 台風は順調に九州へ近づいていたにも関わらず、9時初期値のFSAS24・FSAS48と同じ感じでした。

●9月3日21時初期値・FSAS24(9月4日21時)   ●9月3日21時初期値・FSAS48(9月5日21時)
画像

 疑問符がつくのは予想天気図だけでなく、台風の進路予想も同様。
 どちらも疑問符がつくという意味では、統一感ありますが・・・。

 下は8時30分過ぎに発表された台風情報。

画像

 8時の実況位置は宮崎市付近で、9時の予想位置は日向市付近――。

---------------------------------------------------------
平成25年 台風第17号に関する情報 第30号 (位置)
平成25年 9月 4日08時35分 気象庁予報部発表

(見出し)
 台風第17号は、宮崎市付近を
1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んでいます。

(本文)
 台風第17号は、4日8時には
宮崎市付近の
北緯32度05分、東経131度20分にあって、
1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んでいます。
中心の気圧は998ヘクトパスカル
最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートルで
中心から半径220キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。

この台風は4日9時には、日向市付近の
北緯32度20分、東経131度30分にあって、
1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んで
いるものと推定されます。
中心の気圧は998ヘクトパスカル
最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートルで
中心から半径220キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いているものと推定されます。

今後の台風情報にご注意下さい。

---------------------------------------------------------

 ところが1時間後、台風は温帯低気圧に変わりました。
 それはよいとして、問題は実況の位置。
 「四国地方」って・・・。

---------------------------------------------------------
平成25年 台風第17号に関する情報 第31号 (位置)
平成25年 9月 4日09時35分 気象庁予報部発表

(見出し)
 台風第17号は温帯低気圧に変わりました。

(本文)
 台風第17号は4日9時に温帯低気圧に変わりました。
中心は四国地方の
北緯33度、東経133度にあって、
1時間におよそ35キロの速さで北東へ進んでいます。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル
最大風速は20メートルで
中心から半径370キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。

これをもって台風第17号に関する情報(位置)は終了します。
なお、台風から変わった低気圧の周辺では引続き強い風が吹いています。
今後は海上警報等を利用して警戒して下さい。

---------------------------------------------------------

 いったいこれまでの解析は何だったのでしょう。。
 予想天気図もどう扱ったらよいものやら、てんやわんやでした。。
 ちなみに、実況天気図は下のように推移しました。
 日本列島で4種類の前線が登場し、なにやらにぎやか。

 ●地上実況天気図 9月4日(3時〜)21時

 前線だけでなく、エコーもにぎやか。
 台風が温帯低気圧に変わったからといって、雨の降り方が変わるわけではありません。
 低気圧の東側では、非常に湿った空気が流れ込んでいたため、猛烈な雨になりました。

 この日最初のキロクアメは、キロクアメ マツヤマ――。

---------------------------------------------------------
愛媛県記録的短時間大雨情報 第1号
平成25年9月4日10時24分 松山地方気象台発表

 10時愛媛県で記録的短時間大雨
 四国中央市付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------

 続いて、キロクアメ タカマツ――。

---------------------------------------------------------
香川県記録的短時間大雨情報 第1号
平成25年9月4日13時10分 高松地方気象台発表

 12時30分香川県で記録的短時間大雨
 東かがわ市付近で約90ミリ

---------------------------------------------------------

 このレーダーエコーでは、仕方がありません。。
 (台風から変わった)低気圧の中心付近はほとんどエコーがありませんが、その東側は強烈でした。

 ●レーダーエコー図       左:9月4日6時〜9時    右:9月4日10時〜13時
画像

 とはいえ、キロクアメ マツヤマキロクアメ タカマツの発表は1回ずつ。
 ここまではふつうの(?)キロクアメでしたが・・・。

 14時過ぎから17時頃にかけて、キロクアメ ギフはなんと8回も(!)発表されました。

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第1号
平成25年9月4日14時24分 岐阜地方気象台発表

 14時岐阜県で記録的短時間大雨
 大垣市上石津付近で約110ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第2号
平成25年9月4日14時54分 岐阜地方気象台発表

 14時30分岐阜県で記録的短時間大雨
 養老町付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第3号
平成25年9月4日15時10分 岐阜地方気象台発表

 14時50分岐阜県で記録的短時間大雨
 海津市南濃町で106ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第4号
平成25年9月4日15時12分 岐阜地方気象台発表

 15時岐阜県で記録的短時間大雨
 大垣で108ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第5号
平成25年9月4日15時19分 岐阜地方気象台発表

 15時岐阜県で記録的短時間大雨
 海津市海津付近で約110ミリ
 海津市平田付近で約110ミリ
 輪之内町付近で約110ミリ
 安八町付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第6号
平成25年9月4日15時54分 岐阜地方気象台発表

 15時30分岐阜県で記録的短時間大雨
 岐阜市岐阜付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第7号
平成25年9月4日16時24分 岐阜地方気象台発表

 16時岐阜県で記録的短時間大雨
 各務原市付近で約100ミリ
 笠松町付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------
岐阜県記録的短時間大雨情報 第8号
平成25年9月4日16時54分 岐阜地方気象台発表

 16時30分岐阜県で記録的短時間大雨
 美濃市付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------

 キロクアメ ナゴヤの発表は1回だけでしたが、名古屋市の複数個所で10分20〜30ミリ、時間100ミリ超の猛烈な雨が観測され、冠水などの被害が出ました。

---------------------------------------------------------
愛知県記録的短時間大雨情報 第1号
平成25年9月4日17時19分 名古屋地方気象台発表

 17時愛知県で記録的短時間大雨
 名古屋市中区付近で約110ミリ
 名古屋市港区付近で約110ミリ
 名古屋市中区で109ミリ
 春日井市付近で約100ミリ

---------------------------------------------------------

 岐阜や愛知に猛烈な雨をもたらしたのは、四国に猛烈な雨を降らせたエコーとは違います。
 四国のエコーのさらに東側で強まったもので、昼前に紀伊半島にあったものが東へ進んだ後、鈴鹿山脈〜伊吹山地付近で動きが遅くなりました。加えて、下層の風向がやや東成分を持っていたため、地形的な上昇でも雨雲が強められ、時間100ミリ超の雨になったと考えられます。

 ●レーダーエコー図       左:9月4日13時〜16時    右:9月4日17時〜20時
画像

 もっとも、地形的な上昇だけでは、名古屋周辺まで100ミリ超となった理由は説明出来ません。

 下は東海地方を中心としたエリアの7時から19時までの風の変化。
 濃尾平野は朝から南東風が卓越し、東よりの風は滋賀方面まで吹きぬけていました。
 このため、午前中は目立った風の収束はなかったのですが、昼を過ぎると状況が変わります。
 滋賀県で風向が北西に変化し、関ヶ原を抜けてきたため、地上風の収束域が濃尾平野に移動。
 北西風・南東風ともに強かったため、収束の強い状態が続き、平野部でも雲の発達しやすい状況が維持されたのでしょう。

 ●アメダス・風   9月4日(7時〜)19時

 きのう更新された、観測史上1位の記録。
 東海地方では大垣。そのほか、愛媛・高知・宮崎県内で記録を更新した地点がありました。

画像

 最後に、全国のレーダーエコー図。
 ここで取り上げたほかにも、関東や東北などでも非常に激しい雨が降りました。
 岩手で50ミリ以上降るとは・・・。
 そして、栃木では鹿沼や矢板などでは竜巻と見られる突風による被害が発生。
 台風から離れていても・・・というか、離れているからこそ、注意が必要なわけですね。
 いろいろ勉強になりました。。

 ●レーダーエコー図       左:9月4日1時〜4時    右:9月4日5時〜8時
画像

 ●レーダーエコー図       左:9月4日9時〜12時    右:9月4日13時〜16時
画像

 ●レーダーエコー図       左:9月4日17時〜20時    右:9月4日21時〜24時
画像


  ※ 実況天気図はお天気ブログパーツを利用、
    予想天気図は日本気象株式会社、レーダーエコー図は「川の防災情報」、
    そのほかの画像は気象庁のHPより引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ マツヤマ + タカマツ + ギフ × 8 + ナゴヤ (9/4) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる