Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 3時間で30hPa! ***

<<   作成日時 : 2013/09/19 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 台風18号が遠ざかってから、本州付近は高気圧圏内。
 乾燥した秋晴れが続いています。

 きょう12時の天気図を見ると、主役はどう見ても日本海の移動性高気圧。
 これだけ勢力が強いと、フィリピン東海上の台風19号も西へ行くしかありません。
 ・・・が、この記事の主役は台風19号なのです。

 ●地上実況天気図   9月19日12時
画像

 台風19号の中心気圧は955hPa。
 発達しながら西へ進むものの、最盛期の予想気圧は935hPaで、「非常に強い」という予想でした。

--------------------------------------------------------------------
KFXC81 RJTD 190300 

CREX0101 A007 D01011 D01012 D16203 D16201 D16193 D16194 D16194 D16205
D16206 D16204 D16192 D16193 D16194 D16205 D16206 D16204 D16192 D16193
D16194 D16205 D16206 D16204 D16192 D16193 D16194++
2013 09 19 03 40 1319 14133 USAGI 026 00 010101
00 19 03 TY // ST 57029 00 0000 フイリピンノヒガシ
17 05 128 20 171 1283 GOOD
W 009 005 0955
WIND 040 075 000 055 105
STRM CC 0110 0110 0060 0060
GALE CC 0440 0440 0240 0240
24 20 03 TY // ST 57029 00 0000 フイリピンノヒガシ
19 00 125 20 190 1253 130 070 070
WNW 015 008 0945
WIND 040 080 000 060 115
SWCA CC 0280 0280 0150 0150
45 21 00 TY // VS 57012 00 0000 オキナワノミナミ
20 30 122 40 205 1227 200 110 070
WNW 015 008 0935
WIND 045 090 000 065 130
SWCA CC 0390 0390 0210 0210
69 22 00 TY // VS 57113 00 0000 ミナミシナカイホクブ
21 40 119 20 217 1193 300 160 070
WNW 015 008 0940
WIND 045 085 000 060 120
SWCA CC 0480 0480 0260 0260++ 7777

--------------------------------------------------------------------

 14時30分過ぎに配信されたFSAS24上の予想中心気圧は945hPa。
 12時の実況をもとにした台風予想との整合は完璧です。

 ●9月19日9時初期値・FSAS24   対象時刻:9月20日9時
画像

 ・・・が、15時の実況は925hPa!
 12時から30hPa(!)も深まりました。
 最盛期の予想気圧は910hPaで、「猛烈な」勢力まで発達する予想に変わりました。

--------------------------------------------------------------------
KFXC91 RJTD 190600 

CREX0101 A007 D01011 D01012 D16203 D16207 D16193 D16194 D16194 D16208
D16206 D16204 D16192 D16193 D16208 D16206 D16204 D16192 D16193 D16208
D16206 D16204 D16192 D16193 D16208 D16206 D16204 D16192 D16208 D16206
D16204 D16192++
2013 09 19 07 05 1319 14133 USAGI 011 00 010101
000 19 06 TY LG VS 57029 00 0000 フイリピンノヒガシ
17 30 128 00 175 1280 GOOD
NNW 015 007 0925
WIND 050 095 000 070 135
STRM CC 0110 0110 0060 0060
GALE CC 0500 0500 0270 0270
024 20 06 TY // VS 57029 00 0000 フイリピンノヒガシ
19 25 125 10 194 1252 130 070 070
NW 015 008 0915
WIND 050 100 000 070 140
048 21 06 TY // VI 57012 00 0000 オキナワノミナミ
20 50 122 05 208 1221 200 110 070
WNW 015 008 0910
WIND 055 105 000 075 150
072 22 06 TY // VS 57113 00 0000 ミナミシナカイホクブ
21 40 118 35 217 1186 300 160 070
WNW 015 008 0925
WIND 050 095 000 070 135
096 23 06 /// // // 57113 00 0000 ミナミシナカイホクブ
22 20 115 00 223 1150 440 240 070
W 015 008 ////
120 24 06 /// // // 57049 00 0000 カナン
22 35 111 40 226 1117 560 300 070
W 015 008 ////++ 7777

--------------------------------------------------------------------

 16時に配信されたFSAS48の予想中心気圧は910hPa。
 15時の実況をもとにした台風予想との整合は完璧です。

 ●9月19日9時初期値・FSAS48   対象時刻:9月21日9時
画像

 でも、FSAS24と15時の実況との整合が・・・。
 実況で925hPaの台風が翌朝945hPaに弱まり、その24時間後に910hPaまで発達するとは、かなり不自然。

 ●地上実況天気図   9月19日15時
画像

 そんな無理が生じるのは、当然のことながら、12時から15時にかけての深まり。
 衛星画像でも眼が明瞭になるのが分かり、発達していたのは確かですが・・・。

 3時から12時まで955hPaで変わらず、その後の3時間で30hPaも深まるのは不自然な感じ。
 午後になって急発達したのは間違いないにしても、午前中にもある程度、中心気圧が深まっていたのでは・・・と思ってしまいます。

画像

 このグラフで分かるように、21時の中心気圧は915hPaで「猛烈」な勢力になりました。
 最盛期の予想気圧は910hPaのままですが、もう少し深まりそうな・・・。
 台湾やルソン島への影響が大きくなりそうです。


 ※ 天気図は気象庁、中心気圧時系列グラフはデジタル台風のサイトから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見させていただいています。
ご存じのとおり、台風の強度は衛星解析から得られたCi数が速報解析に重要で、
このCi数は6時間ごとにしか決定していないので、3時間ごとに気圧値が変わることはまずないでしょうね。タイトルとしてはインパクトがありますが、実態は朝9時の解析がCi5でなく、Ci5.5だっただけということと推察します。
FSASについては、朝9時初期値の24・48予想図ですので、朝9時の台風予報値に沿った図を出すのが真っ当と思います。ただし、15時予報値が取得できる48については最新予想値を入れてより良い図にすることも否定できないですね。そこで整合という言葉を持ち出すのは何とも言えませんが。
いずれにしても、朝9時の解析予報が1段階弱かった結果、様々なところで歪みができていることがよくわかり、面白い記事だと思います。
ado
2013/09/21 09:32
このCi数は6時間ごとにしか決定していないので、3時間ごとに気圧値が変わることはまずないでしょうね。

いまでは、3時間毎の更新が行われているようです。ドボラック法のことですが、実際の解析ツールでは毎画像で、その都度解析した累積情報が無いと、解析エラーで以後解析できなくなるように仕掛けがなされているようですから、その部分は注意が必要です。
ドボラック法では、一定基準を満たさないと、どんなに大潟で勢力が強く見えても、過小評価や過大評価される場合があります。
それと、9時の台風予想値(GSM,TYM)が本当に反映された形で出てくるのは、どんなに早くとも13時頃で、それまでは3時の計算値から外挿する方法によります。
navarea11
2013/09/26 02:10
TCNA電報をみても、3時間ごとは位置はあるけどCiが//で入っていたりしますが、部内では決定作業をしているのですかね。あまりいい感じはしませんね。
ado
2013/09/28 11:48
TCNAの電報は、2008年の台風シーズン以降、BUFRのバイナリーデータに移行し、直接読むことはできません。それでも3時間毎に行っているとする理由は強度変化の数値が含まれているからです。もう一つは、JMAのサイトにある[Annual tropical cyclone Report]に解析に関する記述が既に掲載されています。そこには、報知は00,06,12,18UTCのみとありますから、実際には解析上の値は得ていると言うことになるかと。
navarea11
2013/10/04 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 3時間で30hPa! *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる