Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 新名神、通行止め (2011/7/18) ***

<<   作成日時 : 2013/07/18 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ちょうど2年前の大雨事例――。
 書きかけの状態で、放置したままでした。
 最終保存時刻は2011/07/19 07:39
 去年も何かしら試みたようです・・・。

 で、問題はそのタイトル。
 *** 新名神、通行止め (2011/7/19) *** としていましたが、これは明らかに誤り。
 新名神が通行止めになったのは、2011年7月18日の夜でした。
 数日後に関連記事を探した時はすでに残っていなかったので、検索結果をキャプチャーしたものがこれ。
 18日19時13分というのが、おそらく記事が配信された時刻でしょう。


 2ヵ月前はもちろん、おとといのこともよく覚えていないのに、2年前のことなんて・・・。
 何を書けばよいのか分かりませんが、当時の天気図はこちら。
 18日18時の天気図を貼っているおきながら、タイトルを19日にしていたとは・・・。


 この日は南の海上を台風を北上中。
 紀伊半島など、太平洋側には南東から湿った空気が流れ込みやすい形でした。

 何のデータを参照したか忘れましたが、1時間降水量の日最大値が残っていました。
 滋賀県では大津と信楽で時間40ミリ前後の雨を観測しています。

■1時間降水量の日最大値
 上北山(奈良)62.0ミリ(08:53)、宮川(三重)56.0ミリ(15:31)
 中村(高知)48.0ミリ(18:39)、大津(滋賀)45.0ミリ(18:31)
 船戸(高知)43.0ミリ(14:01)、室戸岬42.0ミリ(00:28)
 御浜(三重)42.0ミリ(08:03)、信楽(滋賀)39.5ミリ(18:17)
 青島(宮崎)39.0ミリ(11:33)、魚梁瀬(高知)39.0ミリ(19:51)
 紀伊長島(三重)39.0ミリ(15:19)

 以下は、新名神の強雨について残していたハインドキャストを、ちょっとだけ書き直したものです。

-------------------------------------------------------------------------------
・18日夕方は台風6号の北上に伴い、紀伊半島周辺には非常に湿った空気が流れ込んでいた。
                    (850hPaで348K前後)
・紀伊山地では南東風の地形による上昇で雨雲が発達。紀伊山地ほど標高は高くないものの、
 三重県中部の1000m前後の山でも雨雲は発達し、断続的に滋賀県や京都府に流れ込んだ。
 強雨のピークとなった18時前後は、850hPa面の収束域が三重・滋賀の県境付近に見られる。
                    (毎時大気解析より)。
・地形上昇により発達した雨雲はさらに強められる状況で、新名神・草津JCT〜信楽IC方面に
 時間30〜50ミリの激しい雨をもたらしたものと考えられる。
          (毎時大気解析で見られる850hPa面の収束域は、20時頃からは不明瞭に)
・当時の可降水量は70ミリ弱。強い雨雲が同じような位置にかかり続けた、時間雨量が50ミリに達した。
(時間雨量の最大値は近江大鳥橋の51ミリ)
・南東から暖湿気が入る場合、新名神で強雨となることがたびたびあるが、
 下層の収束の位置が推定できれば、強雨のエリアを絞れる可能性がある。
-------------------------------------------------------------------------------

 記憶を遡ると、この時は台風が近づき、暖湿流がさらに強まる19日に通行止めになるかも・・・と予想していたら、それより一日早く止まってしまった、という事例でした。
 19日に実際どのような状況だったのかは、忘れてしまいましたが・・・。

 アメダスの実況を見ると、18日は信楽・大津方面、19日は土山方面中心の強雨だったようです。
 以下は、(おそらく)2年前に設定したアメダス実況のリンクですが、張り方が謎過ぎます。。

          ・信楽・10分ごとの実況値(気象庁HP)
          ・土山・10分ごとの実況値(気象庁HP)
          ・大津・10分ごとの実況値(気象庁HP)
          ・東近江・10分ごとの実況値(気象庁HP)

          ・土山・7月19日

 デジタル台風から画像を引用した、台風6号のベストトラック。
 徳島南部に上陸した後、南東に下がってから北上に転じるというコースだったんですね。
Wikipedia

画像

 以下、「川の防災情報」のサイトから引用した、レーダーエコー図を並べておきます。

 ●レーダーエコー図      左:7月18日5時〜8時    右:7月18日9時〜12時 
画像

 ●レーダーエコー図      左:7月18日13時〜16時    右:7月18日17時〜20時
画像

 ●レーダーエコー図      左:7月18日21時〜24時    右:7月19日1時〜4時
画像

 ●レーダーエコー図      左:7月19日5時〜8時    右:7月19日9時〜12時
画像

 ●レーダーエコー図      左:7月19日13時〜16時    右:7月19日17時〜20時
画像

 ●レーダーエコー図      左:7月19日21時〜24時    右:7月20日1時〜4時
画像

 強いエコーがかかり続ける紀伊半島の南東斜面。
 画面の左端で分かりづらいですが、四国の南東斜面も同様に強いエコーがかかり続けていました。
 徳島県の魚梁瀬では、19日の日降水量が極値を更新・・・。
 二年前の記事をリンクしておきます。
            → *** 魚梁瀬、日降水量の記録を更新 (7/19) ***

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 新名神、通行止め (2011/7/18) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる