Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 梅雨前線がないのに梅雨入り・・・ ***

<<   作成日時 : 2013/05/29 23:52   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 実況天気図で最後に前線を見たのは、三日前(26日)の21時――。

画像

 南海上の停滞前線は、次の27日3時の天気図では解析されなくなり・・・。
 21時にかけて、この日(おととい)の天気図に前線が描かれることはありませんでした。


 そんな中、九州南部・九州北部・中国・四国地方で梅雨入り発表。
 ある程度、予想はしていましたが・・・。

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する九州南部・奄美地方気象情報 第2号
平成25年5月27日11時00分 鹿児島地方気象台発表

(見出し)
 九州南部は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 九州南部は、5月27日ごろに梅雨入りしたと見られます。
 九州南部では、南からの湿った気流の影響で曇りや雨の降っている所が多くなっています。
 向こう一週間は、前線や湿った気流の影響で曇りや雨となる見込みです。
  このため、九州南部は5月27日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り
  九州南部 5月31日ごろ
 昨年の梅雨入り
  九州南部 5月30日ごろ

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第1号
平成25年5月27日11時00分 福岡管区気象台発表

(見出し)
 九州北部地方(山口県を含む)は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 九州北部地方(山口県を含む)は、気圧の谷や南からの湿った気流の影響で、概ね曇りとなっています。向こう一週間も、前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多くなる見込みです。
 このため、九州北部地方(山口県を含む)は、5月27日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り
  九州北部地方 6月5日ごろ
 昨年の梅雨入り
  九州北部地方 5月30日ごろ

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する中国地方気象情報 第1号
平成25年5月27日11時00分 広島地方気象台発表

(見出し)
 中国地方は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 中国地方では、気圧の谷の影響で雲が広がっています。向こう1週間も低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多くなる見込みです。
 このため、中国地方は、5月27日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り 6月7日ごろ
 昨年の梅雨入り 6月8日ごろ

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する四国地方気象情報 第1号
平成25年5月27日11時00分 高松地方気象台発表

(見出し)
 四国地方は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 四国地方では、気圧の谷や南からの湿った空気の影響で雲が広がっています。向こう1週間は、気圧の谷や前線の影響で曇りや雨の日が多いでしょう 。
 このため、四国地方は、5月27日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り 6月5日ごろ
 昨年の梅雨入り 6月2日ごろ

---------------------------------------------------------------------------

 翌28日――ということは、きのうの話――。
 3時から21時まで、この日も天気図に前線が描かれることはありませんでした。


 そんな中、近畿・東海地方で梅雨入り発表。
 ある程度、予想はしていましたが・・・。

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する近畿地方気象情報 第1号
平成25年5月28日11時00分 大阪管区気象台発表

(見出し)
 近畿地方は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 近畿地方では、湿った気流の影響で、雨の降っているところがあります。向こう一週間も、前線や湿った気流の影響で、曇りや雨の日が多くなる見込みです。このため、近畿地方は、5月28日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り 6月7日ごろ
 昨年の梅雨入り 6月8日ごろ

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する東海地方気象情報 第1号
平成25年5月28日11時00分 名古屋地方気象台発表

(見出し)
 東海地方は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 東海地方では、南からの湿った気流の影響で雲が広がり、雨の降っている所があります。向こう一週間も、前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多くなる見込みです。
 このため、東海地方は5月28日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り 6月8日ごろ
 昨年の梅雨入り 6月8日ごろ

---------------------------------------------------------------------------

 翌29日――ということは、きょうの話――。
 3時から18時まで、この日も天気図に前線が描かれることはありませんでした。


 そんな中、関東甲信地方で梅雨入り発表。
 ある程度、予想はしていましたが・・・。

---------------------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する関東甲信地方気象情報 第1号
平成25年5月29日11時00分 気象庁発表

(見出し)
 関東甲信地方は梅雨入りしたと見られます。

(本文)
 関東甲信地方では、湿った気流の影響で曇りや雨となっています。向こう一週間も、前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多い見込みです。
 このため、関東甲信地方は5月29日ごろに梅雨入りしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨入り 6月8日ごろ
 昨年の梅雨入り 6月9日ごろ

---------------------------------------------------------------------------

 結局、天気図上に前線が描かれないまま、九州から関東甲信まで梅雨に入りました。
 天気図に前線がないので、曇りや雨の実況を説明するのも、何だか歯切れの悪いような・・・。

   九州南部 南からの湿った気流の影響で・・・
   九州北部 気圧の谷や南からの湿った気流の影響で・・・
   四国    気圧の谷や南からの湿った空気の影響で・・・
   中国    気圧の谷の影響で・・・
   近畿    湿った気流の影響で・・・
   東海    南からの湿った気流の影響で・・・
   関東甲信 湿った気流の影響で・・・


 前線のない実況天気図がしばらく続きましたが、21時の天気図では久しぶりの前線が・・・。
 でも、あすの主役はこの梅雨前線ではありません。
 主役は、沿海州からサハリン付近へ進む低気圧――からのびる寒冷前線性のシアライン。

 北日本と東日本(+西日本・・・)はシアの通過時、落雷や突風を伴った短時間強雨の所がありそうです。
 関東南部も安定度は悪く、18時初期値のMSMはけっこうな降水を予想。
 ピークはあす夜遅くからあさって未明。
 早く帰れるとよいのですが・・・。


  ※ 天気図画像は気象庁HPより引用、天気図動画はお天気ブログパーツを利用しました。


<6月5日追記>

 ゼンパンテンコウ1 キシヨウが発表されました。少雨に関する情報です。
 今後の状況にもよりますが、秋に梅雨入りの時期に関して見直しが入るかも・・・。

--------------------------------------------------------------------------------------
東・西日本の少雨に関する全般気象情報 第1号
平成25年6月5日11時20分 気象庁発表

(見出し)
 東・西日本では、5月1日頃から降水量の少ない状態が続いています。この状態は、今後1週間程度は持続する見込みです。農作物や水の管理等に十分に注意してください。

(本文)
 東・西日本では、5月1日頃から、高気圧に覆われて晴れる日が多く、降水量の少ない状態が続いています。九州南部から関東甲信地方にかけては、5月27〜29日頃に梅雨入りしましたが、少雨を解消するようなまとまった雨は降っていません。
 今後は雲が広がりやすいですが、降水量の少ない状態が1週間程度は持続する見込みです。
 農作物や水の管理等に十分に注意してください。

 降水量(5月1日から6月4日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)  平年比(%)
新潟           50.0      45
名古屋          63.5      38
東京           56.0      37
大阪           44.0      28
広島          141.5      74

--------------------------------------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年の梅雨入り発表は少し疑問がありましたね。
変なの〜って感じでした。
それにしても台風3号はどう動くんでしょう
最近陸軍から海軍になった人
2013/06/09 16:11
土日がオフだったので、あす以降の日勤に備えて予習中。
00zのGSM・ECMWF、06zのKMA・GFSをざっと見てみましたが、
GSMとKMAは九州や四国に接近・上陸、
ECMWFとGFSは紀伊半島に上陸すると見せかけて東海沖を東進・・・。
大まかに二つに分かれているので、
週間予報の降水量をどうするか、悩ましそうです。。

梅雨入り後の好天はいろいろ話題になっていますね。
台風で少し流れが変わるのでしょうか・・・。
たかはし
2013/06/09 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 梅雨前線がないのに梅雨入り・・・ *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる