Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** FXJP854などの相当温位の算出方法変更・・・ ***

<<   作成日時 : 2013/05/23 05:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 きのう(22日)朝の気象庁短期解説資料にこんな記述があったので・・・。

画像

 変更前最後の21日21時初期値と変更後最初の22日9時初期値のFXJP854を並べてみました。

 FXJP854(5月21日21時初期値) FXJP854(5月22日9時初期値)
画像画像

 ・・・といっても、これでは何が何だか・・・。

 対象時刻をそろえて並べなおすと・・・。

 ●5月22日21時・850hPa相当温位予想図
     左:5月21日21時初期値・FT=24      右:5月22日9時初期値・FT=12

画像

 ●5月23日9時・850hPa相当温位予想図
     左:5月21日21時初期値・FT=36      右:5月22日9時初期値・FT=24

画像

 ●5月23日21時・850hPa相当温位予想図
     左:5月21日21時初期値・FT=48      右:5月22日9時初期値・FT=36

画像

 目に付く違いは沖縄本島・奄美付近の擾乱。
 ただ、これは相当温位の値が高くなったというより、発達する場に変わったというべき。
 日本付近に目を移すと、それほど変わらないような・・・。

 ・・・と思ったら、小笠原の南海上など、345K以上領域が広がるなど、低緯度はけっこう違います。
 緯度の違い、というより相当温位の値が高いほうが、変更前後で変化が大きいようです。

 いろいろ探していて、このサイトを見つけました。
 すぐに理解できませんが・・・後でゆっくり読んでみたいと思います。

 それにしても、なぜこのタイミングで計算方法が変わったのでしょうか?
 あまりにこれまでの算出結果に慣れていたので、ちょっと困ります。。
 梅雨前線や台風など、大雨時の雨量の見積もりをする時は、気をつけないといけませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相当温位の変更は、今月アナウンスがありましたが、だいぶ変わるようです。
それもありますが、GSMの予報期間が延長されますね。これをどう捉えるか?も吟味しないとならないでしょうね。
navarea11
2013/05/23 23:16
GSMもそうですが、MSMも29日00UTCから
一日8回すべて39時間に延長されました。
これまでは15時間が4回に33時間が4回。
配信回数は変わっていませんが、予報期間の長いものが
4回から8回になったので、何だか忙しなくなった感じがします。
見解を組み立てる上での素材が増えたのは、
喜ぶべきことなのですが・・・。
たかはし
2013/06/09 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** FXJP854などの相当温位の算出方法変更・・・ *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる