Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 謎の天気図 その68 ***

<<   作成日時 : 2013/02/13 19:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 ちょうど1ヵ月前、navarea11さんから頂いたネタです。

 この日(1月13日)は9時対象のFBJP(国内悪天予想図)で、訂正再配信があったとのこと。
 ふだんあまり見ていない天気図で、再配信があったことはnavarea11さんからの情報で知りました。
 (訂正前・訂正後の画像はそれぞれ、日本気象株式会社・WNIのサイトからの引用)
 
 下は最初に配信された天気図。
 これだけでは訂正すべき箇所がまるで分かりませんので、気にせず、先へお進みください。。

 ●FBJP 予報対象時刻(1月13日9時)   訂正前
画像

 30分ほど後に再配信された天気図はこちら。
 訂正箇所は・・・左上にCOR(RMKI)の表示があるので、分かりやすいです。

 ●FBJP 予報対象時刻(1月13日9時)   訂正後
画像

 訂正箇所は分かりやすくても、読み方を知らないと・・・。

 COR(RMKI)の対象は、関東南部の山岳波。
 マークの右の数字を比較すると、最初は180/20でしたが、再配信のものは180/40に変わりました。
 これは山岳波の影響を受ける下限高度が2000ftからが4000ftとなったことを表しています。

 ちなみに、航空気象について詳細なこちらのブログの記事には、以下の記述がありました。

1・富士山3776mはおよそ12400ft、1.5倍は約18000ft。気象の専門家がデータに基づいて出しているのでしょう。なぜなら、いつも上限はFL180。

2・低層の2000ft以下は地表の摩擦の影響で山岳波の影響は小さい。これまた、いつも下限はFL20です。

上記、2点の理由から山岳波の影響が出る高度はFL180-20となります。


 ここ数日のFBJPを遡ってみたところ、関東南部に山岳波が見られる時は、確かにFL180-20。
 また、東北太平洋側は上のFBJPと同様、FL100-20。
 富士山と奥羽山脈の標高比からすると、上限はFL100なのでしょう。

 FBJPの経験値(?)が少ないので確かなことはいえませんが、あるエリアで山岳波が発生するレベルは、ほぼ一定と思われます。
 とすると、1月13日のFBJPで、関東南部の山岳波について、FL180-20からFL180-40に訂正した理由は何だったのか? その背景が気になります。

 下は同じ対象時刻(1月13日9時)の地上天気図とAXFE578(北海道放送のHPより引用のうえ、加工)。
 地上天気図と500hPa天気図は結びつきますが、FBJPの記述内容とはストレートに結びつきません。
 まだまだ修行が必要です。。

画像

 東シナ海の低気圧は、例のアレ・・・。関東で大雪になりました。

 けさの南岸低気圧は関東では大ごとになりませんでしたが、降水相の変化が目まぐるしかったです。
 それを横目で見つつ、西日本と北海道を担当していたら、見逃しが・・・。
 まだまだ修行が必要です。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
関東付近の山岳波の高度ですが、下限値はFL020、上限はFL180 と言う事はありません。実際にはFL240というのも存在するからです。下限値のFL020は、1013.25hPaを基にした場合、およそ950hPa。FL180はおよそ500hPaに入ってきます。現業の予報は概ねご指摘通りで、航空機からの報告があれば存在高度を上げる事があります。
修正があった日は、関東空域の狹域悪天予想で下限値がFL040になった事によるものです。
navarea11
2013/02/13 23:22
コメントありがとうございます。
FLが通常と違うのはどのような場の時か、
もう少し意識的にFBJPを見てみます。
たかはし
2013/02/14 19:51
ABJPとFBTTを送付いただき、ありがとうございます。
ABJPで「FL40/180 NC(変化なし)」ならば、
FBJPで「FL40/180」となるのは自然ですね。
FBTTでは、850hPa(5000ft)と925hPa(2500ft)の間に
明らかな差が見られるので、
下限を2000ftに出来ない理由がよく分かりました。

※ 一方で、初めの配信でなぜ2000ftにしたのか?
  という謎が出て来ますが・・・。
たかはし
2013/02/16 23:16
スカイツリーがあるから・・・ではなく、有視界飛行の航空機が巡航飛行する高度がそのあたりにあるから。と言うのが主だった理由です。最低飛行高度は計器飛行で1000ft(300m)、有視界飛行なら3000ft(900m)と言うのがあるからで、2000ftはクリアランスを含めて小型機を意識した理由があるかと思われます。
山岳波が出るようなとき、有視界飛行で飛行する航空機は余程の事がなければ飛ばしません。
navarea11
2013/02/17 12:47
navarea11さん、フォローありがとうございます。
「2000ftはクリアランスを含めて小型機を意識した」
ということですか。
現状、不勉強で疎いのですが、
航空気象についても本を読んでみます。
たかはし
2013/02/26 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 謎の天気図 その68 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる