Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 初雪がそのまま根雪に・・・ ***

<<   作成日時 : 2012/12/19 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 ある程度、予想はしていたのですが、やはり・・・。
 下は、きのう(18日)気象庁から発表された、異常天候早期警戒情報です(気象庁のHPより引用)。

画像

 北海道から奄美まで、真っ青・・・
 沖縄をのぞき、23日以降の気温が平年より「かなり低い」予想となっています。

 そして、きょうはゼンパンテンコウ1 キシヨウが入りました。

-----------------------------------------------------------------------------
東日本と西日本の長期間の低温に関する全般気象情報 第1号
平成24年12月19日14時00分 気象庁発表

(見出し)
 東・西日本では、12月に入ってからは強い寒気に覆われることが多く、広い範囲で気温がかなり低くなっています。今後10日間程度は、気温の低い日が多く、23日頃からの数日は再び強い寒気が日本付近に南下するため
、全国的に気温がかなり低くなる見込みです。農作物の管理や健康管理等に十分注意して下さい。

(本文)
 東・西日本では11月はじめ頃から気温の低い状態が続いています。特に、12月に入ってからは日本付近を流れる偏西風が南に蛇行しているため、強い寒気に覆われることが多く、広い範囲で気温がかなり低く、12月1日から18日までの平均気温が平年に比べ2度程度低くなっています。
 今後10日間程度は、気温の低い日が多く、23日頃からの数日は再び強い寒気が日本付近に南下し、全国的に気温がかなり低くなる見込みです。
 路面凍結による交通障害、農作物の管理、健康管理等に十分注意して下さい。

 平均気温(12月1日から12月18日まで)(速報値)
           平均気温(度)  平年差(度)
東京            8.2    −1.3
新潟            4.8    −1.6
名古屋           5.8    −2.0
大阪            7.3    −2.0
広島            6.1    −2.2
福岡            8.3    −1.3

-----------------------------------------------------------------------------

 これを受けて、チホウテンコウ1の電文も各気象台から発表されました。

   長期間の低温に関する関東甲信地方気象情報 第1号
   長期間の低温に関する東海地方気象情報 第1号
   長期間の低温に関する近畿地方気象情報 第1号
   長期間の低温に関する中国地方気象情報 第1号
   長期間の低温に関する四国地方気象情報 第1号
   長期間の低温に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第1号


 発表されていない地方は、北海道・東北・北陸・九州南部・沖縄。
 ゼンパンテンコウ1 キシヨウの電文に新潟の気温が入っているのに、チホウテンコウ1 ニイガタ・「長期間の低温に関する北陸地方気象情報 第1号」が発表されなかったのはなぜ? というのは小さな疑問。。
 このほか、発表されなかったのは、チホウテンコウ1 センダイチホウテンコウ1 カゴシマチホウテンコウ1 ナハ

 チホウテンコウ1 サツポロは・・・? と思った方は鋭いです。
 札幌管区気象台からは、長期間の低温に関する北海道地方気象情報 第1号ではない、低温に関するチホウテンコウ1 サツポロが入っていました。

---------------------------------------------------------------------------------
チホウテンコウ1 サツポロ 

多雪に関する北海道地方気象情報 第1号
平成24年12月19日14時00分 札幌管区気象台発表

(見出し)
 北海道地方では、降雪量が平年より多くなっている所があります。今後、日本海側を中心に、12月29日頃まで降雪量が多い見込みです。交通障害やなだれ、農業施設への影響、除排雪などへの対応に注意して下さい。

(本文)
 北海道地方では、12月1日頃から冬型の気圧配置や低気圧の影響で、平年より降雪量の多くなっている所があります。
 今後12月29日頃まで、冬型の気圧配置の強まる日が多く、日本海側を中心に降雪量が平年より多くなる所がある見込みです。
 雪による交通障害やなだれ、農業施設への影響、除排雪などへの対応に注意して下さい。
 なお、12月18日発表の「低温に関する異常天候早期警戒情報」では、12月23日頃からの1週間の降雪量が、日本海側を中心に平年よりかなり多くなる確率が30%以上と見込んでいます。今後の気象情報に留意してください。

 降雪量(12月1日から12月18日まで)(速報値)
          降雪量(センチ)  平年比(%)
倶知安           190     135
札幌            167     257
岩見沢           125     115
留萌            115     131
稚内            104     122
網走             97     226
旭川             95      88
帯広             89     445
江差             50     152
釧路             44     244
函館             43      93
室蘭             24     133
根室             18     106
浦河             13      72

 最深積雪(12月18日)(速報値)
         最深積雪(センチ)  平年比(%)
倶知安           113     198
札幌             87     435
旭川             63     180
岩見沢            62     168
留萌             54     257
帯広             52     400
網走             50     417
稚内             49     223
釧路             31    1550
根室             13     433
函館             12     150
室蘭              9     450
江差              7     140
浦河              −       0

---------------------------------------------------------------------------------

 釧路の平年の最深積雪が2cmというのが、よく分かります。しかし、平年比1550%って・・・。
 室蘭の2cmと江差の5cm、函館の8cmまでは暗算可能です。。

 それはともかく、こうして並べると、12月に入ってからの降雪量の多さが、分かります。
 10日頃の西回りの寒気が強烈だったため、西〜東日本に目がいきがちでしたが、いつの間にか(!?)北海道もかなりの量になっていたんですね。
 北海道の雪に絡んで、Yahoo!のトップにこんなニュースが載っていました。毎日新聞からの引用です。

---------------------------------------------------------------------------------
<初雪>そのまま根雪に 札幌と旭川で 記録残る61年以降初
                   毎日新聞 12月19日(水)17時16分配信

 観測史上最も遅い11月18日の初雪を記録した札幌市と旭川市で、長期積雪(根雪)の初日が初雪と同じという珍しい記録が出た。初雪がそのまま根雪になったことを意味し、同日となったのは、記録が残る1961年以降で初。

 根雪は気象庁の定義で、積雪が30日以上続いた状態を指す。ただし、いったん積雪状態が10日以上続けば、その後に積雪ゼロになっても5日以内なら積雪状態が続いている、と見なすという。

 札幌管区気象台によると、根雪の初日(11月18日)は、札幌では98年の11月17日に次ぎ2番目に早く、平年より16日早い。旭川でも平年より15日早い。同気象台は「気温が上がった今月4日に積雪ゼロになったが、6日には積雪状態に戻った」と説明する。

 その後は多くの雪が降り、道内全域で平年を上回っている。18日午後5時現在の積雪は▽札幌市82センチ(平年比4.1倍)▽旭川市62センチ(同1.7倍)▽帯広市50センチ(同3.8倍)▽北見市60センチ(同4.3倍)▽稚内市43センチ(同1.9倍)▽釧路市26センチ(同13倍)−−など。【鈴木勝一】

---------------------------------------------------------------------------------

 手元の『NHK気象・災害ハンドブック』には、根雪の説明として、「冬期間、消えることなく引き続き地面を覆っている積雪を言う」としか書いていませんが、ここまで細かい定義があったとは・・・。
 これは知りませんでした。勉強になります。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ・・・転んでません
もふもふすぎて、埋もれますけど
ちなみに昨日(19日)、前を歩いていたおじさんが
しばしたたずんで、戻ってきました。
除雪分も含めて(?)高さ90センチくらいの雪の壁。
ポストまで幅1メートルほど。
もふもふに、足を突っ込めば、投函できそうでした
@札幌
2012/12/20 22:17
お久しぶりです
やはり、埋もれてますか・・・
もふもふ、というので雰囲気が伝わってきます。

そういえば、このくらいの雪の壁、しばらく見てないです。
予報を作っている場合じゃありません。。
連休が取れたら、ふらっと出かけてみます。
@千葉
2012/12/22 00:23
雪山は、余裕で背丈を超えてますょ。
排雪(雪捨て場まで持って行ってくれるの)は
例年なら1月スタートらしいけど、
今年はすでに排雪が始まってるそうです。
そりゃね…結構な危険箇所があちこちに

あ、忘年会開催しますよー
@札幌
2012/12/22 19:48
札幌の積雪深の記録を調べてみたら、
18日の87cmは12月としては4位になるようです。
「降雪の深さ月合計」は175cmで、今のところ12月の7位。
あと一週間あるので、200cmを超え、3位以内に入りそうな感じ。
排雪を早めても、なかなか追いつかないかもしれません。

忘年会、よいですねー
こちらは開催未定。
忘れたいことはたくさんありますが・・・
@千葉
2012/12/23 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 初雪がそのまま根雪に・・・ *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる