Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 解消しつつある前線 ***

<<   作成日時 : 2012/11/20 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 きのう(19日)の夕方にアップした記事で、

   冬型っぽい気圧配置はあっという間に崩れましたが、日本海から低気圧が接近中。
   あすにかけて北海道の南を通過。太平洋側を中心に雪の量が増えそうです。


と書きましたが、太平洋側の降雪量は思ったほどではありませんでした。

 雪をもたらす主要因は、津軽海峡付近から北海道の南を通過した低気圧。
 きのう9時初期値のFSAS24では、えりも岬の南に予想されていました。
 低気圧の位置を説明するのに、実況天気図ではなく、なぜ予想天気図を使うかというと・・・。

 ●11月19日9時初期値・24時間後予想天気図 (対象時刻:11月20日9時)
画像

 上の画像の大きさでは分かりづらいかもしれませんが、拡大してみると見慣れないものが・・・。
 えりも岬の南の低気圧からのびる温暖前線・寒冷前線には、赤い○で示したように、通常の前線マークの間に短い線が描かれています。


 これな何を表すかというと、解消しつつある前線
 ちなみに、前線マークの間に小さな丸が打たれていると、発生しつつある前線
 どちらもかなりレアな存在です。

 実際、天気図上で前線がどのように描画されていたかというと・・・。

 きのう(19日)15時に日本海西部にあった低気圧からのびる前線は、9時の天気図から解析されました。
 この低気圧は閉塞過程に入り、21時の図では、寒冷前線の曲率がかなり大きくなっています。

 ●地上実況天気図       左:11月19日15時    右:11月19日21時
画像

 3時の天気図で青森県付近にある低気圧は、21時まで表現されていたものではなく、閉塞点に新たに発生したもので、前線はこの天気図から描かれなくなりました。FSAS24では、9時時点で解消しつつある前線だったので、天気図上は予想より早く、「解消」したことになります。
 代わって、9時の天気図では一段南の流れに対応する低気圧に前線が描かれるようになりました。

 ●地上実況天気図       左:11月20日3時    右:11月20日9時
画像

 上空の天気図と対応させて見ると、500hPa/5400gpm付近の渦に追いつかれる形で日本海にあった低気圧は閉塞し、閉塞点で新たに発生。強風軸も南下したことにより、関東の南から三陸沖へ進んだ低気圧のほうが対応がよくなったため、前線を描画する低気圧を乗り換えたのでしょう。
 とはいえ、等温線の混み具合からすると、21時と9時では大差がなく、前線を消すのは少し早かったような感じがします。個人的には、実況天気図での解消しつつある前線を見たかったのですが・・・。

 ●AXFE578       左:11月19日21時    右:11月20日9時
画像

 先に、解消しつつある前線発生しつつある前線はレアな存在と書きました。すべての地上天気図をチェックしているわけではないので、どのくらいレアなのかは定量的に言えませんが、自分が把握している限りでは、2006年以来6年ぶり・・・というのは、過去の記事を探して分かりました。

   ・解消しつつある温暖・寒冷前線
                → 2006年11月6日15時・18時の実況天気図
   ・発生しつつある寒冷前線
                → 2006年11月17日3時の実況天気図

 こちらの記事に、 当時の天気図(の部分図)を貼り付けていますので、興味のある方はどうぞ。


  ※ 地上天気図は気象庁、AXFE578は北海道放送のHPより引用のうえ、加工しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『新・天気予報の手引』 安斎政雄 持っていますよ。
天気記号や前線の記号で想い出しましたが、以前フランスの天気図記号につて言ったような記憶が。あまりにも多すぎて頭がクラクラになりそうですが、ICAOの定める天気図表記も幾分か違いがあります。それにWMOの技術規則では、天気記号も実に多様で。自動観測所用もあれば、積雪、地面状態に関わるところもあり見所満載です。
以前、ロシアや中国で、前線記号を2つ並べて書くと言うのがありましたが、理由が「停滞前線と区別する」するため。要は誤認しないようにする工夫と言うことのようです。
navarea11
2012/11/21 00:36
ロシアの天気図については、4年前の記事で触れたことがあります。
2つ並べて書くのは、誤認しないためですか・・・。
基本的な部分は各国共通でも、細かい点に色々違いがあるんですね。
奥が深いです。。
たかはし
2012/11/28 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 解消しつつある前線 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる