Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ シズオカ × 2 & キロクアメ コウフ × 2 (9/30) ***

<<   作成日時 : 2012/10/01 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 (天気には直接、関係しない記事でしたが、)前の記事で触れたように、台風17号はきのう(30日)19時頃、愛知県東部に上陸しました。
 下は19時現在の風の様子。確かに、愛知県東部で渦を巻いています。

画像

 この前後のレーダーエコーは、アメダスの風の分布に比べると、渦巻きが不明瞭。
 エコー分布が非対称になってきていたので、中心の特定は難しくなっていました。
 強いエコーは中心の北側に偏って分布していて、これは地形の効果も大きかったようです。

 ●レーダーエコー図       9月30日18〜21時
画像

 今回の台風17号の進路は、去年の台風15号に似ていました(上陸は浜松市付近)。
 この時はキロクアメ コウフが6回発表されましたが、今回はキロクアメ シズオカキロクアメ コウフが2回ずつ――。
 台風前面の南よりの風が山にぶつかって、雨雲が発達した点も類似していました。

----------------------------------------------------
静岡県記録的短時間大雨情報 第1号
平成24年9月30日20時00分 静岡地方気象台発表

 19時30分静岡県で記録的短時間大雨
 浜松市北部山間部付近で約120ミリ
 富士宮市付近で約120ミリ

----------------------------------------------------
山梨県記録的短時間大雨情報 第1号
平成24年9月30日20時24分 甲府地方気象台発表

 20時山梨県で記録的短時間大雨
 富士山西部付近で約100ミリ

----------------------------------------------------
山梨県記録的短時間大雨情報 第2号
平成24年9月30日21時26分 甲府地方気象台発表

 21時山梨県で記録的短時間大雨
 富士山西部付近で120ミリ以上

----------------------------------------------------
静岡県記録的短時間大雨情報 第2号
平成24年9月30日21時34分 静岡地方気象台発表

 21時静岡県で記録的短時間大雨
 富士宮市付近で120ミリ以上

----------------------------------------------------

 下は、先ほど0時10分までの24時間降水量。
 本当は0時00分までの24時間雨量を載せるつもりでいたのですが、逃してしまいました。。
 それでも、ほぼ9月30日の日降水量を表しているということで・・・。

画像

 この図で分かるように、雨量がもっとも多いエリアは三重県周辺。
 以下の10地点で、「10月としての24時間降水量の記録」を更新しています。

画像

 三重県周辺の雨はすでにあがっていて、今後も増える可能性はほとんどありません。
 ということは、前24時間降水量の記録更新といっても、すべてが9月に降った雨ということになり、これを「10月としての記録」と扱うのは、違和感があります。月界をはさんでの統計上のマジック(!?)ですね。
 ちなみに、「9月としての24時間降水量の記録」で残るのは、10地点のうち、信楽のみ。
 記録的な大雨であることに変わりませんが、印象はかなり変わります。

画像

 下は台風が上陸する前、夕方のレーダーエコー図を並べたものです。
 この時点でも、エコー分布は非対称ですが、夜に入ってからの中心の北側に偏った分布ではなく、中心の西側に偏った分布になっています。ただ、分布は違っていても、地形の効果が大きかった点は同じ。
 三重県周辺の強雨は、台風北側の東よりの暖湿気が上昇したことによって、起こったと考えられます。
 特に、17時の図では、三重県北部の広範囲に時間100ミリ以上の強度のエコーが現われていました。
 継続時間の話もありますが、三重県は閾値が高いので、キロクアメ ツが出なかったのでしょう。

 ●レーダーエコー図       9月30日15〜18時
画像

 台風は福島県内へ進み、強雨の中心は岩手県へ。
 祭畤では0時53分までの1時間降水量が82.5ミリとなり、観測史上1位の記録を更新しました。
 内陸でここまでの強度が出るとは、少し予想外。

 記録といえば、こんなのも意外なものも・・・。
 30日の沖縄は、9月としての低温記録を更新していた地点がありました。

画像

 台風が接近する時、当然のことながら、雨・風の強さを注目しますが、勢力が強ければ、後面の寒気移流も強まる傾向があるわけで・・・。
 そういう観点で見ていないだけで、それほど意外なことではないのかもしれません。


 ※ レーダーエコー図は「川の防災情報」、そのほかの画像は気象庁のHPより引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ シズオカ × 2 & キロクアメ コウフ × 2 (9/30) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる