Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ ヨコハマ (9/24) ***

<<   作成日時 : 2012/09/28 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 25日の北海道のキロクアメの次は、その前日のキロクアメ ヨコハマ――。

 連休中だったとはいえ、テレビで天気予報くらいは見ます。
 北海道で大気の状態が不安定になり、23日に中標津町を対象にキロクアメが出たのは知っていました。
 でも、横須賀を対象にしたこのキロクアメ ヨコハマは、本当に意外でした。

---------------------------------------------
神奈川県記録的短時間大雨情報 第1号
平成24年9月24日23時24分 横浜地方気象台発表

 23時神奈川県で記録的短時間大雨
 横須賀市付近で約100ミリ

---------------------------------------------

 キロクアメが出る直前、24日21時の地上天気図を見ると、低気圧は東へ遠ざかり、前線は大きく南下。本州付近からかなり離れて停滞していました。関東南部で強雨が起こるとは思えません。
 ただし、500hPaは顕著な西谷で、東日本は正渦移流域。500hPaの気温は-12度前後で、上空には冷たい空気が入っていました。
 一方、西谷の場から推察されるように、下層は湿った空気が入りやすい状況。AXFE578の下段からは、前線とは別に、その北側に上昇流域が広がっているのが分かります。
 とはいえ・・・ですが・・・。

 ●地上実況天気図 9月24日21時                ●AXFE578 9月24日21時
画像

 下は全国の画角で見た、当日9時・15時のレーダーエコー図。
 天気図で描かれている前線とは明らかに別のラインが、東北〜北陸にかかっています。
 (当日は親の買い物に付き合って北上に行ったのですが、ずっと雨。これでしたか・・・)
 西谷の場なので分かりづらいですが、大まかには、ラインはゆっくり南下していました。

 ●レーダーエコー図       左:9月24日9時      右:9月24日15時
画像

 関東の画角で見ると、昼過ぎに栃木北部〜茨城北部にあったエコーがゆっくり南下する一方、18時過ぎからは都内で別のエコーが現れていたのが分かります。
 もっとも、別のエコーと言っても、北のエコーからちぎれる形で鹿島灘を南下したエコーの延長線上に発生した、という見方も出来るので、両者はまったく無関係だったわけではありません。

 ●レーダーエコー図     左:9月24日13時〜16時   右:9月24日17時〜20時
画像

 21時以降、エコーのパターンは20時までのものから、明らかに変わりました。
 それまでは茨城北部〜栃木北部、鹿島灘〜東京都と、東北東〜西南西のラインが卓越していましたが、埼玉・東京・神奈川では南北に立った形のエコーが増えてきました。
 もう一つ、変わった点は南北のエコーの力関係(・・・という表現が適当かどうかは分かりませんが・・・)で、北のエコーが弱まるとともに、神奈川〜東京のエコーが強まりました。このエコーは日界前後が最盛期で、1時以降は東へ進みながら、衰弱しましたが、形状をあまり崩さずに東へ進んだ点や北へ盛り上がった形から、ある程度組織化された対流雲だったと考えられます。

 ●レーダーエコー図     左:9月24日21時〜24時   右:9月25日1時〜4時
画像

 「ある程度」にしても、組織化された対流雲になるには、下層と上層が結びついている必要があります。
 この事例の場合、先に500hPa天気図で見たように、西谷の場で、下層には湿った空気が入りやすい形でした。また、上空には寒気が流れ込み、大気の状態は不安定・・・といっても、これだけでは、なぜ0時前後が対流雲発達のピークで、1時以降は弱まったのかを説明出来ません。
 そんなわけで、下層・・・というか、地上風の変化を追ってみると・・・。

 19時・21時ともに、関東平野は鹿島灘から入る東よりの風が卓越していました。
 ただ、同じ東よりでも、21時のほうが北成分を持っていて、かつ、やや強まっています。
 東〜北東風は関東西部山沿いまでは届かず、その先端にあたる埼玉県や東京都に地上風の収束域が現れていましたが、21時のほうが北東風が強かったぶん、収束は強まっていたと言うことが出来ます。
 地上風の収束に加え、その上のレベルでは南西から湿った空気が入っていたため、対流雲が発生しやすい状態になっていたのでしょう。

 ●アメダス・風          左:9月24日19時       右:9月24日21時
画像

 23時と1時の風向分布は、さらに北成分が強まり、「東〜北東風の先端」という意味での収束は弱まっていました。また、大島の風向変化から分かるように、「北よりの風の先端」という意味での地上風の収束域は、関東平野から南へ離れ、南西風が乗り上げる高度が上がったものと考えられます。表現を変えると、寒冷前線性のシアが南下し、下層の冷気層が厚くなったことにより、雲底が上がった、となるかもしれません。

 ●アメダス・風          左:9月24日23時       右:9月25日1時
画像

 上空は西谷の状態が続いているのに対流雲が弱まったのは、このような下層風の変化が関連したのではないかと思いますが、今となっては確かめようがありません。
 ウィンドプロファイラを保存しておけばよかったです。。

 この短時間強雨により、京急本線では脱線事故が起こりました。
 以下は、Yahoo!のトップにも載った、毎日新聞の記事です。

----------------------------------------------------------------------------------
<京急脱線>「急ブレーキ間に合わず」負傷者11人に
毎日新聞 9月25日(火)13時12分配信

 神奈川県横須賀市の京急本線で24日深夜に起きた脱線事故で、乗客5人が腰や腕の骨を折る重傷を負い、乗客5人と男性運転士(24)が軽傷を負ったことが分かった。県警は業務上過失傷害容疑で捜査を始め、25日朝から実況見分した。運輸安全委員会も鉄道事故調査官2人を現地に派遣した。京急は復旧作業を急いでいるが、現場付近での運転再開のめどは立っていない。

 県警田浦署によると、同市追浜(おっぱま)町1のトンネル(全長約150メートル)の手前約20メートルで、東側のり面から土砂が崩れ、鉄骨や倒木とともに上下線の線路を覆った。京成高砂発三浦海岸行き下り特急電車(8両編成)が乗り上げ、4両目の中ほどまでトンネルに入ったところで停車し、前3両が脱線した。

 崩れたのり面はネットが張られていたが、高さ約12メートル、幅約11メートルにわたって根こそぎ削り取られた。土砂は特急の窓部分まで積み上がっていた。

 重傷者は▽30歳男性=右腕、骨盤骨折▽36歳男性=腰椎(ようつい)、肋骨(ろっこつ)骨折▽42歳男性=腰椎骨折▽52歳男性=同▽30歳女性=同。打撲などの軽傷を負った乗客は28〜55歳の男性4人と55歳女性。乗客は約700人で負傷者のほとんどが先頭車両に乗っていた。

 気象庁などによると、横須賀市で24日午後11時からの1時間で88ミリの雨量を観測。特急は現場付近で通常の時速80キロから75キロに落とし走行していた。田浦署によると、運転士は「土砂が急に目の前に崩れ落ち急ブレーキをかけたが間に合わず突っ込んだ」と話している。

 京急本線の現場近くでは97年にも土砂崩れによる脱線事故があり、京急は点検を続けていたが、現場付近は昨年4月の調査で危険性が高いとは判断されず、大雨による運転規制区間ではなかった。

 脱線した3両目に立って乗っていた横須賀市野比、会社員、細川亨(きょう)さん(20)は突然の衝撃で、体を右斜め前に約3メートル投げ出され転倒したという。「バキ」という衝撃音の後、土と車両がこすれる音が続き、トンネル内に入ったところで止まった。車内には女性の悲鳴が響いた。「何が起こったか分からず、恐怖だった」と話し、その瞬間は「死んだら嫌だ」という思いも脳裏によぎった。

 停車後、脱線や土砂崩れなどを知らせるアナウンスが繰り返された後、京急社員や県警田浦署員が避難誘導した。乗客は車両を降り、南の京急田浦駅まで徒歩で向かった。けが人を車内で治療する姿もみられたといい、細川さんは「的確に誘導してもらった」とも語った。

 京急は始発から、京急本線の金沢八景−堀ノ内間で運転を見合わせ、午前10時24分から逸見−堀ノ内間は運転を再開。バスによる代行運転を実施した。【北川仁士、山下俊輔】

----------------------------------------------------------------------------------

 京急本線はきのう(27日)朝、55時間半ぶりに全線で運転を再開しました。
 大雨による運転規制区間であるか否かが話題になりましたが、雨の降り方が変わってきている現状、ハード的な対策を施しても、100%の安全を保障することは難しいのかもしれません。となると、以下に危険な状況を伝え、適切なアクションにつなげられるかが課題。
 予測そのものは難しくても、まだまだ出来ること・やるべきことがありそうです。


  ※ レーダーエコー図は「川の防災情報」、天気図は北海道放送、
    アメダスは気象庁のHPから引用のうえ、加工しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ ヨコハマ (9/24) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる