Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ × 6 (8/14) ***

<<   作成日時 : 2012/08/16 04:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 直前の記事と同じく、キロクアメ × 6 になったのは、まったくの偶然・・・。

 おととい(14日)の明け方から朝にかけては、近畿地方で記録的な強雨・大雨になりました。
 13日の時点で、前線の南下に伴い、広範囲での強雨を予想していましたが、一番危ないと考えていたのは北陸。結果的に、北陸は予想より雨量がまとまらず、近畿で予想以上の雨量になったわけです。

 おととい入ったキロクアメは以下の通り。
 大阪府から2回、京都府から3回、滋賀県から1回です。

--------------------------------------------------
大阪府記録的短時間大雨情報 第1号
平成24年8月14日05時55分 大阪管区気象台発表

 5時30分大阪府で記録的短時間大雨
 高槻市付近で約110ミリ
--------------------------------------------------
京都府記録的短時間大雨情報 第1号
平成24年8月14日05時54分 京都地方気象台発表

 5時30分京都府で記録的短時間大雨
 八幡市付近で約90ミリ
--------------------------------------------------
滋賀県記録的短時間大雨情報 第1号
平成24年8月14日05時55分 彦根地方気象台発表

 5時30分滋賀県で記録的短時間大雨
 大津市南部付近で約90ミリ
--------------------------------------------------
京都府記録的短時間大雨情報 第2号
平成24年8月14日06時25分 京都地方気象台発表

 6時京都府で記録的短時間大雨
 城陽市付近で約90ミリ
--------------------------------------------------
京都府記録的短時間大雨情報 第3号
平成24年8月14日06時58分 京都地方気象台発表

 6時40分京都府で記録的短時間大雨
 精華町菱田で107ミリ
 京田辺市高船で98ミリ
 井手町梅ノ木原で97ミリ
--------------------------------------------------
大阪府記録的短時間大雨情報 第2号
平成24年8月14日07時25分 大阪管区気象台発表

 7時大阪府で記録的短時間大雨
 四條畷市付近で約100ミリ

--------------------------------------------------

14日、日付が変わってからのエコーを並べると・・・。

京都府南部〜滋賀県南部で次第に雲が組織化されていた様子が分かります。
これとは別に、北東から南西にのびる強いエコーが接近し、4時には兵庫県西部へ――。

 ●レーダーエコー図     左:8月14日0時30分〜2時   右:8月14日2時30分〜4時
画像

明け方には西から進んできたエコーが重なるような形になり、
大阪府北部〜京都府南部〜滋賀県南部でさらに雲が発達。

 ●レーダーエコー図     左:8月14日4時30分〜6時   右:8月14日6時30分〜8時
画像

 地上天気図を見ると、日本海から南下した前線は近畿北部〜中国地方でほとんど停滞。
 500hPa天気図では、本州付近を明瞭なトラフが通過。
 サブハイの目安となる5880gpmラインは南岸まで下がっていました。
 地上、上空ともに、真夏の天気図とは思えません。。

 ●地上予想天気図 8月14日6時            ●500hPa解析天気図 8月14日9時

 強雨の原因となったのは前線の南側の暖かく湿った空気で、850hPaの相当温位は345K以上。
 ただし、湿った空気が存在するだけでは強雨にはなりません。

 下は鳥取・高松・美浜のウィンドプロファイラ。
 下層の風向に着目すると、鳥取は4時頃を境に西から北西っぽく変わっています。

 ●ウィンドプロファイラ・鳥取  8月14日0時〜12時
画像

 これに対し、高松の下層風向は北西にまで変わることはありませんでした。
 かなり大ざっぱですが、前線は鳥取と高松の間にあったと推定出来ます。
 ただし、下層風向の変化がまったくなかったわけでなく、4時過ぎまでは南西だったのが、それ以降、6時頃にかけてはほぼ真西に変わっていました(6時以降は再び南西風が卓越)。

 ●ウィンドプロファイラ・高松  8月14日0時〜12時
画像

 和歌山県の美浜は6時台に風向が西に寝たものの、ほぼ一貫して南西風が卓越。
 ということは、高松と美浜の間にもシアラインがあったわけで、このシアライン付近で非常に湿った空気がぶつかっていたため、対流雲が発達しやすい状況になっていたのでしょう。

 ●ウィンドプロファイラ・美浜  8月14日0時〜12時
画像

 対流雲が発達しやすい状況の中、大阪府北部〜京都府南部で特に記録的な強雨となった理由としては、地形の影響が考えられます。
 キロクアメの対象となった高槻市・八幡市・城陽市(・大津市南部)は淀川沿いのエリアです。高槻市・枚方市・寝屋川市周辺は両側を山に挟まれているため、淀川沿いに東北東へ進む雨雲が強まる傾向があり、京都府内の八幡市・城陽市・宇治市も、地形的には似たような条件を持っています。
 また、淀川沿いより少し南でキロクアメの対象となった四条畷市、精華町・京田辺市・井手町の強雨は、生駒山地による地形上昇の影響を受けた結果と思われます。

画像

 今回の雨は、時間雨量が記録的だっただけでなく、総雨量でも記録的なものとなっています。
 京都府南部では局地的とはいえ、夜間だけで300ミリ近い雨になった地点もありました。
 これは、前線がほとんど停滞した結果、同じような場が継続し、5時から7時頃のピーク前にも、強雨があり、(ピーク時に対しての)先行雨量がそれなりにあったためです。

 当然、各方面への影響は大きく、高速道路は広範囲で通行止めになりました。
 こちらのブログには、当時のJARTICの画像が乗っています。
 このうち、もっとも被害が深刻なのが、京滋バイパス。
 以下の、中日新聞の記事に載っていた画像には驚きました。

---------------------------------------------------------------------------------
近畿中心に記録的大雨 京都で2人不明
2012年8月14日 14時03分

 日本列島は14日、西・東日本の広範囲で大気の状態が不安定となり、近畿を中心に局地的に1時間に100ミリを超す記録的な大雨が降った。大阪府で1人が死亡、京都府で2人が行方不明になり、各地で浸水や土砂崩れが相次ぎ、交通機関に乱れが出た。また奈良県東吉野村の山中で行方不明になっていた大阪市の中学生ら12人を捜索中の県警ヘリが発見。全員の無事が確認された。

 大阪府枚方市では、増水した用水路に女性が浮いているのが見つかり、死亡が確認された。市内の60代の女性とみられる。

 京都府宇治市志津川東詰では午前5時35分ごろ、住宅1棟が氾濫した川に流された。この家に住む男性と妻とみられる女性の行方が分からず、捜索を続けている。

 宇治市の災害対策本部によると、市内全域で計1000軒以上の住宅が床上・床下浸水したとみられる。山田啓二京都府知事は自衛隊に出動要請した。

 宇治市では、平等院で境内の庭園の丘が一部崩れた。国宝の鳳凰堂など建築物の被害は確認されていない。黄檗(おうばく)宗大本山・万福寺でも、国の重要文化財に指定されている天王殿が床上浸水したのが見つかった。

 大津市の京滋バイパスでは土砂崩れが発生し、瀬田東―宇治西インターチェンジ間が通行止めとなった。東海道新幹線は雨量計が規制値に達し、京都―新大阪間、静岡―浜松間の上下線で一時運転を見合わせた。

 気象庁によると、日本付近に南から暖かく湿った空気が流れ込み、広範囲で大気の状態が不安定となった。京都府精華町で1時間に107ミリ、大阪府枚方市で同91ミリ(観測史上最多)、静岡県掛川市で同86・5ミリ(8月観測史上最多)の猛烈な雨を記録。気象レーダーによる解析では滋賀、京都、大阪各府県の一部地域で、1時間に90〜110ミリの雨が降ったとみられる。

 気象庁は、九州北部、近畿地方から北陸、東海地方では15日午前6時までの24時間に100〜120ミリの非常に激しい雨の恐れがあるとして、土砂災害などへの警戒を呼び掛けた。

---------------------------------------------------------------------------------

 別の意味でもっと驚いたのが、NHKニュースで解説されていたという、記録的大雨の要因。

  上空1500メートル付近で18℃の寒気が近畿北部に南下。
  南からは暖かく湿った空気が流れ込んでいた。

 上空1500メートル付近で18℃の寒気って・・・? 晴れれば、真夏日確実の空気ですが・・・。
 不安定な状況を説明するのに上空の寒気は使われますが、ふつうは上空5000メートル。
 夏ほど背の高くない、冬の対流雲でも、せいぜい3000メートルまで。
 1500メートルの寒気って、いったい、どのような高さの雲を想定しているのでしょうか・・・?

 複数の証言あり。確かめたい・・・。



 ※ レーダーエコー図は「川の防災情報」、天気図は北海道放送のHP、
   ウィンドプロファイラは気象庁のHP、地図はGoogleマップより引用のうえ、加工しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は前線と収束の動向。で一気に噴き出した格好だったかと。
日本の天気図では今回、描画能力の能力なのか判りませんが、不意突かれる格好だったかもしれません。

850hPa18度の寒気ですか。笑っちゃいけませんが、吹きそうな表現ですね。断熱減率で荒っぽく観れば地上では33度。逆転層の有無を考えれば、28-30度付近に来る温度ですが、これが寒気となったらどうなるのでしょう。
状態曲線を観ていて思うことですが、850hPaの値をそのまま減率で地上に持ち込んだら4*度と限りなく40度台半ばの温度になってしまい、いくら何でも気温予想には使えないでしょう、実際には逆転層もありますし。
とはいえ、相当温位を含めてもこんな温度が出てくるご時世なのかもしれませんね。
navarea11
2012/08/16 09:28
850hPa18度の寒気って、吹きそうな表現ですよね。
結局、当時のニュースの状況を確認出来ず、残念・・・。
アナウンサーが分からず話すのはともかく(?!)、
気象担当の方がいるのに
このような解説になるのは不思議です。。
たかはし
2012/09/02 07:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ × 6 (8/14) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる