Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** チホウテンコウ オオサカ テイセイ (7/17) ***

<<   作成日時 : 2012/07/18 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょうは北陸で梅雨明けが発表されました。

-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する北陸地方気象情報 第2号
平成24年7月18日11時00分 新潟地方気象台発表

(見出し)
 北陸地方は梅雨明けしたと見られます。

(本文)
 北陸地方(新潟県、富山県、石川県、福井県)は、高気圧に覆われておおむね晴れています。
 向こう一週間は、湿った気流の影響で一時雨となるところがありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。
 このため、北陸地方は7月18日ごろ梅雨明けしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月24日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月9日ごろ

 梅雨期間降水量(6月9日から7月17日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
輪島          240.5  294.8
相川          327.0  225.0
新潟          196.0  235.5
金沢          286.0  322.2
伏木          250.0  306.3
富山          266.5  320.6
高田          200.5  272.5
福井          297.5  303.0
敦賀          352.5  271.3

-------------------------------------------------------------

 きのう梅雨明けが発表されたのは、四国・中国・近畿・東海・関東甲信の5エリア。
 このうち、大阪管区気象台から近畿地方の梅雨明けの情報は2回発表されました。

 最初に発表された電文は、通常と異なっています。
 どこが違っているかは、上の北陸地方の情報と比較すると明らか・・・。

-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する近畿地方気象情報 第2号
平成24年7月17日11時00分 大阪管区気象台発表

(見出し)
 近畿地方は、梅雨明けしたとみられます。

(本文)
 近畿地方は、太平洋高気圧に覆われて概ね晴れています。
 向こう一週間は、湿った気流の影響で雲の広がる日もありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。
 このため、近畿地方は、7月17日ごろに梅雨明けしたとみられます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月21日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月8日ごろ

 梅雨期間降水量 近畿地方(6月8日から7月16日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)  平年比(%)
豊岡          266.0     107
舞鶴          314.0     124
京都          507.5     160
彦根          424.5     142
姫路          543.5     231
神戸          395.0     158
大阪          477.0     182
洲本          464.5     189
和歌山         479.5     191
潮岬          530.5     117
奈良          400.0     150

-------------------------------------------------------------

 下は訂正された情報です。

-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する近畿地方気象情報 第2号
平成24年7月17日11時00分 大阪管区気象台発表

(見出し)
 近畿地方は梅雨明けしたと見られます。

(本文)
 近畿地方は、太平洋高気圧に覆われて概ね晴れています。
 向こう一週間は、湿った気流の影響で雲の広がる日もありますが、高気圧
に覆われて晴れる日が多い見込みです。
 ものため、近畿地方は、7月17日ごろに梅雨明けしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月21日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月8日ごろ

 梅雨期間降水量 近畿地方(6月8日から7月16日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
豊岡          266.0  247.8
舞鶴          314.0  252.3
京都          507.5  317.9
彦根          424.5  299.4
姫路          543.5  235.1
神戸          395.0  249.5
大阪          477.0  261.6
洲本          464.5  246.2
和歌山         479.5  251.1
潮岬          530.5  453.8
奈良          400.0  266.9

-------------------------------------------------------------

 訂正箇所は――。

    梅雨期間降水量の平年比を平年値に訂正しました。

 平年比もあれば有用な情報。
 平年値・平年比、どちらも載せてくれればよいのに・・・とも思います。
 以下は、きのう発表された、近畿地方以外の梅雨明けの情報。発表順です。

-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する四国地方気象情報 第2号
平成24年7月17日11時00分 高松地方気象台発表

(見出し)
 四国地方は梅雨明けしたと見られます。

(本文)
 四国地方は、太平洋高気圧に覆われて概ね晴れています。
 向こう1週間は、南からの湿った空気の影響で雲の広がる日はありますが、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。
 このため、四国地方は、7月17日ごろに梅雨明けしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月18日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月8日ごろ

 梅雨期間降水量(6月8日から7月16日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
高松          346.0  218.7
多度津         324.5  225.4
松山          474.0  320.7
宇和島         762.5  363.7
徳島          509.5  233.0
高知          870.5  448.3
宿毛          706.0  378.8
清水          901.5  402.1
室戸岬         624.5) 396.9
(記号の説明)
):欠測を含みます。
-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する東海地方気象情報 第2号
平成24年7月17日11時00分 名古屋地方気象台発表

(見出し)
 東海地方は梅雨明けしたとみられます。

(本文)
 東海地方は、高気圧に覆われて概ね晴れています。向こう一週間は、湿った気流や寒気の影響で一時雨や雷雨となる所がありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。
 このため、東海地方は、7月17日ごろに梅雨明けしたとみられます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月21日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月8日ごろ

 梅雨期間降水量(6月8日から7月16日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
高山          376.5  287.9
岐阜          488.5  376.4
名古屋         339.0  295.0
津           459.0  270.5
伊良湖         386.0  248.1
浜松          359.0  319.9
静岡          500.5  414.1
尾鷲          986.0  514.4
-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する中国地方気象情報 第2号
平成24年7月17日11時10分 広島地方気象台発表

(見出し)
 中国地方は梅雨明けしたと見られます。

(本文)
 中国地方は、高気圧に覆われて概ね晴れています。向こう1週間は、大気の状態が不安定となり、内陸部や山沿いを中心に一時的に雨や雷雨となる所がありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込みです。
 このため、中国地方は、7月17日ごろに梅雨明けしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月21日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月8日ごろ

 梅雨期間降水量(6月8日から7月16日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
広島          553.5  383.5
呉           463.0  347.7
福山          393.5  267.4
岡山          417.5  250.2
津山          473.0  314.6
松江          261.5  332.0
浜田          337.5  349.0
西郷          390.0  307.5
鳥取          220.5  257.9
米子          281.0  315.5
境           241.0  311.7
-------------------------------------------------------------
梅雨の時期に関する関東甲信地方気象情報 第2号
平成24年7月17日11時15分 気象庁発表

(見出し)
 関東甲信地方は梅雨明けしたと見られます。

(本文)
 関東甲信地方は、太平洋高気圧に覆われて概ね晴れています。向こう1週間は大気の状態が不安定となり、内陸部や山沿いを中心に一時雨や雷雨となるところがありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込みです。
 このため、関東甲信地方では7月17日ごろに梅雨明けしたと見られます。

(参考事項)
 平年の梅雨明け 7月21日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月9日ごろ

 梅雨期間降水量(6月9日から7月16日まで)(速報値)
           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
長野          139.0  175.9
宇都宮         236.5  259.0
前橋          240.0  228.2
熊谷          249.0  211.8
水戸          289.0  198.2
甲府          219.0  175.7
銚子          237.5  214.7
東京          297.0  230.7
横浜          336.5  253.7

-------------------------------------------------------------

 いずれも、以下の注意事項を省略しています。

(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。


 関東は数日前から真夏のような暑さが続いていましたが、きのう梅雨明けが発表されるとは・・・。
 再検討の結果、何日か遡って梅雨明けしていた、と変更される可能性が高いと思います。

 これで残るは九州(南部・北部)と東北(南部・北部)。
 台風が遠ざかるとはいえ、九州は暖湿気の影響で、あすも不安定な天気。
 梅雨明けはあさって以降にずれ込みそうです。

 九州南部が北陸よりも梅雨明けが遅れるのはかなり珍しいのでは・・・?
 と思っていたら、こんな記事を書いていました。
 二年前のことなのに、まったく記憶に残っていないとは、我ながらあきれるばかりです。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** チホウテンコウ オオサカ テイセイ (7/17) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる