Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 謎の天気図 その61 ***

<<   作成日時 : 2012/05/03 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 久しぶりに天気図の訂正再配信がありました。
 このシリーズの前回(*** 謎の天気図 その60 ***)はFXFE504のHスタンプの話で、再配信はありませんでした。訂正再配信ということになると、おそらく2月17日15時のASAS(*** 謎の天気図 その59 ***) 以来なので、2ヵ月半ぶりのことになります。
   
 再配信があったのは、けさ3時のASAS(アジア地上解析天気図)。
 下は最初に配信されたもので、この天気図自体に矛盾が含まれているわけではありません。

 ●ASAS 5月3日3時 (北海道放送のHPより) 5時28分頃配信

 再配信された天気図はこちら。2枚の天気図の違いは・・・?

 ●ASAS 5月3日3時 (気象庁のHPより) 5時36分頃配信

 注目すべきは、オホーツク海――――。

 正解は――――。

 初めに配信された天気図は、オホーツク海にFOG[W]がないのに対し、訂正再配信では追加されています。
 FOG[W]はFOG WARNING(海上濃霧警報)を表す記号で、オホーツク海のほかにも、カムチャッカの南、日本海、日本の南の海上、東シナ海、南シナ海に表示されています。

 数が多いから、見落としたのでしょうか?
 もちろんそれもあるでしょうが、なぜオホーツク海だったのか? については別の理由も考えられます。
 下は一つ前のASAS(2日21時)で、FOG[W]は3日3時と同様、6つ表示されています。

●ASAS 5月2日21時 (気象庁のHPより)
 
 ただし、6個のマークが同じ「条件」だったかというと、そうとも言い切れません。
 オホーツク海のFOG[W]は1020hPaの等圧線と重なっていて、少々分かりにくくなっています。
 3時の天気図で見落とした背景にはこれがあるのでは? というのは深読みでしょうか・・・。

 一方で、オホーツク海にはFOG[W]が出続けていたので、見落とすのだろうか? という話もあります。
 どのくらいFOG[W]が続いているか、北海道放送の天気図アーカイブでさかのぼってみると・・・。

 オホーツク海のどこかにFOG[W]が表示されているのは、4月18日9時の天気図から。

●ASAS 4月18日9時 (北海道放送のHPより)

 ASASでオホーツク海のどこにもFOG[W]がないのは、4月18日3時が最後ということになります。
 
●ASAS 4月18日3時 (北海道放送のHPより)


 ところで、同じFOG[W]でも、けさ3時のASASのカムチャッカの南や日本の南海上のマークのように周りを波線に囲まれているのと、オホーツク海・日本海・東シナ海・南シナ海のように波線で囲まれていないのがあります。
 この違いは・・・? という質問が、Yahoo!知恵袋にあったので、ちょっと驚きました。
 回答を引用すると・・・。

   範囲を指定しないと分かりにくい部分は波線で範囲を表し、
   指定せずともその範囲がわかる部分は、範囲を表示せずにその海域にFOGとつけます。
   例えば、日本海や東シナ海、黄海などは、陸地で囲まれていますので、
   その海域にFOGと表示すれば、その海域全体に出ていることが分かりますが、
   太平洋などでは、範囲を指定しないと分かりにくいので、
   範囲を指定して(波線で囲って)FOGと表示しています。
   海域の範囲が分かりやすいか分かりにくいかです。


 なるほど。確かにその通り。
 ということは、オホーツク海のFOG[W]には、基本的に波線がつかないわけですね。

 オホーツク海にFOG[W]が発表されてから半月が経過。
 太平洋高気圧の縁を回って・・・という状況はしばらく変わりません。
 本州が梅雨の間もずっと継続し、FOG[W]が取れるのは、8月とか9月になるのでしょうか・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
FOG[W]は、全般海上気象警報を眺めると、図の表記で範囲があがかれない理由がわかるかと思います。要は、名称が具体的にわかるものであれば、海域名称で。そうでない場合は、緯経度で表記する。と言うことです。このやり方は、20年以上変わっていません。
http://www.jma.go.jp/en/g3/
海域名称で表記しないで、緯経度で表記する場合は、2つほど理由があります。周辺国が定義する海域名称と、日本で定義する海域名称が合わない場合、局所的に複数の農務域がある場合です。
海域名称は、下記にあるpdfファイルに列挙されているので、そちらも参照してみてください。
http://www.wmo.int/pages/prog/www/ois/Operational_Information/VolD_en.html
navarea11
2012/05/03 22:50
navarea11さん、早速のコメントありがとうございます。
全般海上気象警報の電文で
 海域名称で記述の場合、FOG[W]のみの表示
 緯度経度で記述の場合、FOG[W]+波線表示
ということでよいでしょうか。
WMOのサイトのPDFファイルはすごい量で、驚きました。
参考にさせていただきます。
たかはし
2012/05/03 23:23
 海域名称で記述の場合、FOG[W]
 緯度経度で記述の場合、FOG[W]+波線表示
日本のASASに関しては、上記の認識で間違いありません。

他国の天気図で、暴風警報や強風警報、濃霧警報を記述してある天気図は、観た試しはありません。
navarea11
2012/05/04 00:32
海域名称・緯度経度の記述とFOG[W]表示の関連について、
確認ありがとうございました。

警報の記述、確かに他国の天気図では見たことがないような。
コンテンツをどのように組み合わせるか、
考え方の違いによるものなのでしょうか?
たかはし
2012/05/05 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 謎の天気図 その61 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる