Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 十勝地方の雪 (3/2夜〜3/3朝) ***

<<   作成日時 : 2012/03/06 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 2日夜から3日朝にかけて、十勝地方はほとんどの地点で積雪が10cmほど増えました。
 下は2日22時と3日9時の積雪深を並べたもので、広尾など十勝南部で10cm前後の雪が降るのは想定内。
 ただ、帯広や池田・足寄方面まで降るとは予想していませんでした。

 ●アメダス積雪深       左:3月2日22時    右:3月3日9時
画像

 地上天気図だけでは、なぜ十勝地方で雪が降るのか、分かりませんが・・・。

 ●地上天気図       左:3月2日21時    右:3月3日9時
画像

 GSMは十勝地方の降水を予想していて、予想図を見ると、ある程度、要因を推測可能です。
 海上からの湿った東風が入り、内陸で地上風の収束を予想していました。
 十勝南部では12時間8ミリの降水を予想していたので、10cm前後の降雪は十分ありえます。
 一方、帯広や池田・足寄方面の予想降水量は数ミリ程度。
 十勝地方は南と北で、降水量に差がある予想でしたが・・・。

 ●3月2日9時初期値・GSM 地上予想図   FT=24(3月3日9時)
画像

 実際は、ご覧の通り。エコーは予想以上に北へ拡大し、広範囲で積雪深が10cm前後増えました。

 ●レーダーエコー図       左:3月2日21時〜24時    右:3月3日1時〜4時
画像
 ●レーダーエコー図       左:3月3日5時〜8時    右:3月3日9時〜12時
画像

 再び、GSMの予想――。下は850hPaの相当温位図です。
 これを見ると、道東で等相当温位線が盛り上がり、9時の予想図は釧路沖で南風を予想しています。
 もっとも、これより下層、900hPaや925hPaの風向は東よりで、南成分は弱い予想。
 このため、雲の発生域は十勝南部が中心となり、南と北の降水量に差が出るはずでした。
 しかし、実際は・・・。

 ●3月2日9時初期値・GSM 850hPa予想図 左:FT12(3月2日21時) 右:FT24(3月3日9時)
画像

 帯広のウィンドプロファイラを見ると、上空1000メートル(900hPa)付近の風向は22時頃から南よりとなり、3日朝まで継続していたことが分かります。予想より降水量の多いエリアが北へ広がったのは、下層の風向がモデルの計算より南成分を持っていたことが関連しているのでしょう。

 ●ウィンドプロファイラ・帯広   3月2日18時〜3日12時
画像

 確かに500hPaは西谷・・・とはいえ、顕著な正渦域の通過はありません。
 やはり十勝地方で降雪を見逃した、2011年4月3日夜間のような形なら、予想外に降られても納得がいきます(?)が、この形では・・・。
 また同じような形に出合っても、Forecastの時点で上方修正するのは難しい感じ。
 毎時大気解析やウィンドプロファイラなどをチェックし、Nowcastで対応するしかなさそうです。

 ●AXFE578           左:3月2日21時       右:3月3日9時



  ※ アメダス積雪深は気象庁、レーダーエコー図は「川の防災情報」、地上天気図は北海道放送
    GSM予想図とAXFE578は日本気象株式会社のHPから引用のうえ、加工しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あることに気づきました。予想図で、宗谷岬にLがありますが、これをどう考えるかでしょうね。小さいとは言え、下層で低気圧が表現されたときは、ちょいとした注意は要ります。二次低気圧の場合や擾乱のたぐいを考える必要があるからで、数値計算で低気圧が表現されたときは、グリッド間隔内で十分描けると考えた方が良いからです。多分に上昇流が効いていると思いますよ。
グリッドの間隔によって等値線の描画が変化するので、そのあたりも考慮が必要かもしれません。
navarea11
2012/03/07 12:44
確かにそうですね。
FXJP854でも循環が現われていました。
北海道からは少し離れていると考えたのですが、
5220gpm付近の正渦域の接近に伴い、宗谷岬付近で低気圧が発生。
発生した低気圧が、道東太平洋側の下層の流れに
影響を与えていたのかもしれません。
たかはし
2012/03/08 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 十勝地方の雪 (3/2夜〜3/3朝) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる