Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** 関東地方、12年ぶりに春一番吹かず・・・ ***

<<   作成日時 : 2012/03/20 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 きょうは春分の日。春一番の発表がありうるのはきょうまでですが・・・。
 以下は、先ほど配信された朝日新聞の記事――。

-------------------------------------------------------------------------
春一番、関東・近畿で吹かず 東海地方も     2012年3月20日19時59分

 春分の日の20日は、平年より気温が低い地域が多かった。立春から春分までの間に、気象庁が設けた条件を満たす南風が記録されなかったため、東海地方では3年連続で、関東地方では2000年以来12年ぶりに春一番は吹かずじまいとなった。

 気象庁によると、春一番は立春から春分までの期間に(1)日本海に低気圧があり(2)そこに向けて、強い南風(目安は風速8.0メートル以上)が吹き(3)前日より気温が上がるという条件を満たす必要がある。

 日本付近で偏西風が南寄りを流れている影響で、北からの寒気の影響を受けやすい状況が今後もしばらく続く見込みだという。

 近畿地方では、立春から春分までの間に気象庁が設けた条件を満たす南風が記録されず、2009年以来、3年ぶりに春一番が吹かずじまいだった。

 東海地方では3年連続で春一番は吹かずじまいとなった。

-------------------------------------------------------------------------

 関東地方で春一番が吹きそうな日は何日かありましたが、最後のチャンスは三日前の17日。
 この日は九州北部と四国地方で春一番が吹きました。
 再び、朝日新聞の記事から――。

-------------------------------------------------------------------------
九州北部・山口・四国で春一番 下関、風速15m超す   2012年3月17日22時23分

 福岡管区気象台は17日、山口県を含む九州北部地方で春一番が吹いたと、発表した。同気象台によると、16日夜遅くから17日明け方にかけて、南からの風が強まり、17日朝までに、福岡市で13.7メートル、山口県下関市で15.4メートル、長崎市で14.1メートルの最大瞬間風速を記録した。九州北部の春一番は昨年は観測されず、2年ぶり。気温も上昇し、大分市で20.5度、福岡市で17.7度、長崎市で17.6度、山口市で19.1度を記録するなど、今年一番の暖かさとなった。

 高松地方気象台は17日、四国地方で春一番が吹いたと発表した。午前中にかけて徳島県や高知県で風速10メートルを超えるやや強い南風を観測した。四国地方の春一番は一昨年の2月25日発表以来、2年ぶり。気温も上昇し、徳島市で20.6度、松山市で17.2度を記録するなど、今年一番の暖かさとなっている。

-------------------------------------------------------------------------

 下はこの日の9時の実況天気図。
 九州北部や四国では、日本海の低気圧に向かう南風が強まりました。
 南岸にのびてきた前線が気になるとはいえ、東海上の高気圧が北に偏っているわけでもなく・・・。
 確かにこれなら南よりの風が吹いてもおかしくはありません。

画像

 でも、関東地方となると、話は別。房総半島や三浦半島はよいとして、都心まで入るかどうか・・・。
 それでも、これを見れば、東京湾の真ん中ぐらいまでは入ると思ってしまいます。。
 下は17日0時初期値のMSMで、羽田(左)と木更津(右)の気温・風向・風速の予想。

画像画像

 風向が角度なのが分かりにくいですが、だいたい180度近辺・・・ということは、ほぼ真南。
 風速は1000hPaで10メートル前後。975hPaだと15メートル以上。気温は1000hPaで15度前後。
 南風が強まって、気温が上がりそうな予感。。
 下層の風を比較すると、羽田>木更津なので、東京湾の東側より、西側のほうが強まりそう。
 アクララインより、ベイブリッジ・・・などと思っていたのですが・・・。
 
 15時の風の分布(tenkijpの「お天気ブログパーツ」より)を見ると、木更津は南風ですが、羽田は北風。
 羽田どころか、横浜も北風。MSMと逆ですね。。

 南風がどこまで入ったかは、気温を見れば明らか。。
 三浦・横浜・羽田・江戸川臨海・東京・船橋・千葉・木更津・館山の気温変化を並べてみました。

画像

 日中、南風が続いて気温が上がったのは、三浦・木更津・館山の3地点のみ。
 千葉は午前中に12度まで上がりましたが、昼前には一桁に・・・。
 ほかは、日中は5度から6度で真冬の寒さ。春一番どころではありません。

 ついでに(?)、関空島も・・・。同じく、17日0時初期値のMSMで、気温・風向・風速の予想。

画像

 1000hPaの風速は14メートル、975hPaはほぼ20メートル。
 東京湾以上に南風が強まりそうでしたが、結果はご覧の通り、北風でした。。

画像

 紀伊水道から淡路島までは南風が入っていたのですが・・・。

 MSMでここまで予想されると、南風が強まるとしか言いようがありません。
 Forecastの段階では無理なのか、それとも、モデルの癖を見抜くことが出来るのか・・・。
 課題です。。


 ※ 天気図・関空島の実況は気象庁HPより引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
????????????????????????
?????????o(^?^)o ...続きを見る
???????????
2012/03/22 19:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気をつけないといけないこと。定圧面の値を眺める場合は、実高度(gpm)で検討をしようとすると、ノックアウト喰らいます。本来低気圧が1000hPaを割ったとしても便宜上、1000hPaが存在するからです。高層の実況を知っていて、現地気圧を考えればあり得ないのですが、あり得る世界があるのです。要は数値が出ていると言うことは便宜上、定圧面が存在する。ということは、一定の気圧下で与えられる高度(標準大気)を使っている可能性がある。と言うことを考えないとなりません。
1000hPaは標準大気ではおよそ60m。断面図であえて高度を入れている理由を考えれば「そういうことね」と思いますがどうでしょう。そこにヒントがあるはずです。
navarea11
2012/03/21 14:35
17日9時の館野(高度26m)の例でいうと、地上気圧は1015.6hPa、
1000hPaのジオポテンシャル高度は152gpmでした。
地上気圧によって、1000hPaの高度は数百m変わりうるわけで、
その取り扱いには注意が必要ということですね。
ご指摘ありがとうございました。
たかはし
2012/03/23 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** 関東地方、12年ぶりに春一番吹かず・・・ *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる